食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

「フルーツは空腹時に食べた方が良い」は本当か?アンドリューワイル医学博士が答えます

統合医療の大家アンドリュー・ワイル医学博士が、「フルーツは空腹時に食べた方が良いのか?」という質問に答えています。

私もクライアントさんの何人かから「朝はフルーツだけを一番最初に食べた方がいいんですよね?」という質問をされたことがあります。

その時にちゃんと説明しましたが、私の言葉をアンドリュー・ワイル医学博士が裏付けてくれていますので、あらためてご紹介します。

——- ☆☆☆ ——-

2017年5月17日

「フルーツは胃が空っぽの時にしか食べてはいけない」という主張は、もう何年もしつこくネットで出回っているデマです。

フルーツを他の食品と食べると?

フルーツを他の食品といっしょに食べると、ちゃんと消化されないとか、そのまま胃の中で腐敗するとか。まったくのナンセンスです。胃の中に何も入っていなければ、当然、フルーツは早く消化されるでしょう。だからと言って、他の食品といっしょに食べたら消化されなかったり、腐敗するようなことはありません。胃には十分な余裕があります。

また、腐敗は微生物による分解の過程でおきますが、胃液の強酸に耐えられる菌はほとんどいません。

これに似たデマでは、フルーツと他の食品を一緒に食べると、ゲップおならが出るとか、太るとか、白髪になるとか、目の下にクマができるとか、認知症になるとか。

胃が空の時にフルーツを食べると?

胃が空っぽの時にフルーツを食べると、癌を予防したり、癌を治したりするというデマや、体内をデトックス浄化)して、エネルギーが湧いてくるというデマも目にしたことがあります。

これらの主張には、何の科学的根拠もありません

フルーツと血糖値

どんなフルーツを食べるべきか、いつどのようにフルーツを食べるべきかを気にしなければならないのは、糖尿病を発症している人だけです。

どのフルーツがどれだけ素早く血糖値を上げるかは、フルーツの種類によって大きな差があります。大まかな分類では、寒冷な気候で育つベリー類やリンゴなどのフルーツは、熱帯(トロピカル)で育つパインアップルやマンゴー等に比べて、血糖値を上げにくい傾向があります。

また、血糖値上昇のスピードは、一緒に食べる食事の内容によって左右されますし、胃が空っぽの時にフルーツをジュースにして飲めば血糖値は素早く上がります。

同じフルーツでも、どれだけの量を一度に食べるのかによっても血糖値は変わります。大きなリンゴ1個食べるのと、その半分くらいの大きさのリンゴを食べるのとでは、まったく違います。

フルーツは、いつ食べても良い

母なる自然は、フルーツの種をばらまくために、私達動物がフルーツを食べることを意図しています。フルーツは、素早いエネルギー源となるだけでなく、ビタミンやミネラルや食物繊維、抗酸化物質など、私達を病気から守ってくれる成分を与えてくれます。

私が勧める内臓炎症(様々な生活習慣病や慢性疾患の前兆)を起こさないための食事は、

  • 1日に3-4皿分の季節のフルーツ

を食べることです。食事といっしょに、あるいは、食間に食べて欲しいと思います。

Andrew Weil, M.D.

原典:『Eat Fruits on an Empty Stomach?』, Andrew Weil

——- ☆☆☆ ——-

これに私が付け加えることがあるとしたら、フルーツはできるだけホールフードで皮ごと食べて欲しいということでしょうか。食物繊維だけでなく、多くの抗がん成分(トリテルペノイドなど)は、皮にあるんですよ(皮や食物繊維を摂り除いてしまうジュースの問題のひとつですね)。

白澤抗加齢医学研究所の所長の白澤卓二医学博士(元順天堂医大の医師)によれば、「リンゴとブドウは残留農薬の害を考慮したとしても皮ごと食べる方が良い果物」だそうですよ。

フルーツがお高い日本では、毎日3-4皿分のフルーツを食べるのはなかなか難しいですよね。

私がヘルスコーチングをしてきた経験からすると、量の多少に関わらず、フルーツを毎日食べる習慣のある人が日本人には少ないという印象をもっています。

  • 「フルーツがこんなに美味しいとは思わなかった」
  • 「以前はフルーツを食べなくても何とも思わなかったけれど、今は、フルーツが無いと何か足りない様な気持ちになる」
  • 「フルーツを食べたいという強い気持ちをもったことがなかったけれど、今は、少し忘れると、自然と、フルーツが食べたいっ!という気持ちが湧いてくるようになった」

等のコメントをいただくことが多いです。体に良いものは、自然と体が欲っするようになるのです。

まずは、何かひとつで良いので、必ず、毎日、何かフルーツを食べるという習慣をつけることから始めてくださいね。もちろん、朝一である必要はありません(笑)

なお、ジュースにして摂ることの問題は、『ジュースとスムージー:あなたに合うのはどっち?』をご覧ください。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.