食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

「月曜日の憂うつ」を克服するには

月曜の朝です。

体内リズムがノリません。
世界が全て敵に感じます。

♪雨の日と月曜日は、いつも私を落ち込ませる♪

頭の中をカーペンターズの『Rainy Days And Mondays(雨の日と月曜日)』がぐるぐる回っています。

こんな経験ありませんか?
(ま、カーペンターズが頭の中を流れる人は私と同年代に限定されるんでしょうけど、笑)

まさしく、「月曜日の憂うつ」ですよね。

以前勤めていた会社の上司が、こんなことを言っていました。

「月曜日と金曜日の欠席は、うつ病のサイン」

「月曜日と金曜日に体調不良で休むことが多い社員は、うつを発症している可能性が高い」とのことでした。

彼は、ご自身の経験則でそうおっしゃっていたのだと思いますが、実は、こうした「月曜日の憂うつ」は、科学的にも存在していることが報告されています。

科学論文に見つけた月曜日の憂うつ

それぞれの論文は最後の「参考文献」に掲載していますのでご参照ください。

1.心臓発作は、どの曜日よりも月曜日に一番多い

European Journal of Epidemiology(疫学のヨーロピアンジャーナル)に発表された論文です。

この研究は、オランダのロッテルダム市で1988年11月から1990年11月までの間に死亡通知書に署名した医師へのアンケート結果を基に統計分析が行われたものです。

具体的には、急性心臓発作による死亡者1,828人の週の分布と男女差、年齢差などを分析しています。その結果、急性心臓発作による死亡は、月曜日に最も多く発生しており、他の曜日の1.2倍

しかも

  • 健常者は、入院患者よりも月曜日に死亡する件数が1.25倍
  • 男性は、女性の1.25倍
  • 65歳未満の人は、65歳以上の人よりも月曜日に心臓発作で死亡する件数が1.18倍

でした。

研究者は、ヒトの生理機能による不整脈と、社会的に造られた人間行動のリズムによる影響によって月曜日にピークが来ているのではないかと述べています。

健康な65歳未満の男性の皆様、月曜日には、ご自愛ください。

2.月曜日の体重が一番重い

この研究は、25歳から62歳までの80人の成人を対象に330日(約1年間)の体重変動をモニタリングしています。

結果、体重は土曜日から増え始め、日曜日と月曜日にピークとなり、火曜日から減少し始める傾向があるとのことです。

これは、週末に食べ過ぎる傾向にあることが原因なのではないかと研究者は述べています。

また、健康的な人ほど、曜日ごとの体重変動が少なく、曜日による変動が大きい人ほど肥満傾向が強かったとのことでした。

血糖値の上下の振り幅が大きい人ほど、肥満になりやすいことは既に判っていることですよね。

だから、食事を抜いたり、空腹を我慢することが、返って肥満の種をまくことになるのですが、この研究は、一食一食の血糖値の上下幅だけでなく、週単位で見た場合の血糖値の上下幅も肥満に関係している可能性を示しているように思います。

平日は血糖値を意識して食事をしている人も、週末に「間食」や「ご褒美」を食べることの多い場合は要注意ということではないでしょうか。

また、この結果は、1.の心臓発作が月曜日に多いということとも関係していそうな気がします。

3.週末の夜更しが、月曜日の憂うつを作る

若年の成人30人の睡眠パターンを観察しています。

  • 最初の2週間は、規則正しい就寝と起床時間を守って生活してもらいます。
  • 次の2週間は、金曜日と土曜日だけ就寝時間を2時間遅らせます。

結果、最初の2週間に比べ、後の2週間では、

  • 日曜日の夜、就寝時間になっても眠気を感じることがなく、
  • 翌月曜日には認知機能が低下し、
  • 気分も落ち込んでいることが観察されました。

週末の夜更しが、日曜日の不眠月曜日の憂うつの原因ではないかと研究者は述べています。

4.週末が幸せすぎて月曜日が憂うつになる

ロチェスター大学が『Journal of Social and Clinical Psychology(社会と臨床心理学ジャーナル)』に発表した研究です。

金曜日の夕刻から日曜日の午後までの間、痛みを感じる人が少ないことが述べられています。これは職業に関係なく起こる傾向なんだそうです。

この現象を「週末効果ウィークエンド・イフェクト)」と論文は呼んでいます。

週末に、好きなように活動できる自由と、する人達といっしょに過ごすことができる癒しによって起こるのではないかと、研究者は述べています。

そして、その反動で、月曜日の憂うつが起こるのではないかとのことです。

だからと言って、週末、誰にも会わず楽しいことをしないでいるというのも、違いますよね(笑)

月曜日の憂うつを克服する方法

カレン・カーペンターは、「雨の日と月曜日の憂うつ」から逃れるためには、

♪変だけど、これしかやることがないように感じる
私を愛してくれる人を走って見つけること♪

と、歌ってます。

確かに、月曜日の朝、愛している人が隣にいて、ハグしてくれたら、起きて会社に行く元気が湧いてくるように思います。

でも、いっしょに暮しているのではない限り、毎週月曜日に、会社ではなく、彼氏・彼女のところへ走って逢いに行っては、たぶん、会社はクビになりますよね(笑)。

また、こんなものもみつけました。(フェイスブックでもシェアしました。)

これは、このブログでもしばしばご紹介している私が大好きなお祈りの言葉のパロディです。もとのお祈りの言葉は

Grant us the serenity to accept the things we cannot change, courage to change the things we can and the wisdom to know the difference.

「変えられない物事を受け入れる心の静けさ、
変えられる物事を変える勇気、
そして、その違いを知る知恵を与えてください。」

ヨガやコーヒーも良いですが、

上でご紹介した「月曜日の憂うつ」の原因は、私達がコントロールしようと思えばコントロールできることばかりですよね。

食事パターンも就寝時間も気持ちの持ち方も信条も、自分で決められます。

だから、会社をクビにならずに、月曜日の憂うつを克服するためには、

ちゃんと寝る

日曜日の朝、いつも通り起きるようにしてみましょう。その分、夜、いつも通りの時間に眠れると思います。日曜日の夜にちゃんと眠れたら、月曜日の朝が少し辛くなくなります。

(とは言っても、土曜日の夜に夜更しした後で、日曜日の朝、早起きするのはちょっと無理?笑)

朝食を食べる

タンパク質とお野菜豊富な朝食を用意しましょう。炭水化物だけ(トーストだけ、オムスビだけ、菓子パンだけ)の朝食は避けましょう。

通勤時間を有効に

ニュースを読みながらの時間ではなく、目を瞑って音楽を聴いたり、瞑想する時間に使ってはどうでしょうか。

視覚に入ってくる刺激(情報)を遮断するだけでも、私達の脳は安らぎます。ほんの1-2分でも心を落ち着かせる時間を作ることで、返って、体を平日モードに切り替えることが容易になると思いますよ。

この時、今日を「どんな日にしたいか」を考えてみるのも良いと思います。

心穏やかな日、生産的な日、楽しい日、積極的な日、寛容な日などなど、その日のテーマとなるような、あなたの気分を表わす言葉を決めるのです。

そして、月曜日がそのテーマに沿った日になるように行動してみようと思うだけで、ちょっと一日が楽しみになりませんか?

ランチを計画する

友人や同僚との楽しいランチを計画しておきましょう。仲間との時間は気分を高めるのに有効です。

机の上を整理する

「机の上の状態は、頭の中の状態と同じ」だと、よく言われますよね。月曜日をすっきりスタートさせるために、まずは机の上の整理から始めてみるのも悪くありません。仕事モードに突然入るよりも、よいウォーミングアップになりますよね。

微笑む

憂うつな気分でいると、無意識のうちに表情が無表情になったり不機嫌そうになったりします。敢えて微笑みの表情を意識的に作ってみてください。そうすることで、不思議と気分が戻ってきますよ。これは、スマイルセラピーが実際に勧めている方法です。

体を動かす

通勤の時、敢えて一駅歩いてみるとか、エスカレーターではなく階段を使ってみるとか、体を動かすことで、気分が改善することは多くの研究が発表しているところです。または昼休みにちょっと遠くのお店まで歩いて行ってみるとか。

「恵み」を数える

あなたが如何に恵まれているかについて、数えてください。電車に乗っている時にやってみてもいいですよね。子供だましのようですが、善いことを敢えて数えてみると、本当に気分が改善されてくるんですよ。

 

人生の7分の1は、月曜日です。

辛くない月曜日が一日でも増えて、皆さんの人生の多くの時間が楽しくなりますように!

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

参考文献:

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.