食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

【無料セミナー】次世代ストレスマネジメント – エグゼクティブ・管理職・リーダーの力を200%引き出す健康経営戦略

10月にヒューマンダイナミック社が主催する、健康経営セミナーにて、統合食養学からのアプローチで、「ストレスを仕事に活かすストレスマネジメント」についてお話をさせていただくこととなりました。

ご関心のある方は、リンクのページにて、詳細をご確認の上、お申し込みくださいね。

————————————————————————————————-

ヒューマンダイナミック ジャパンオフィス主催

【無料セミナー】
次世代ストレスマネジメント
エグゼクティブ・管理職・リーダーの力を200%引き出す
健康経営戦略

日時: 2016年10月12日(水)  13:30~16:00 (受付開始:13:20)

内 容 :

1.ビジネス・マインドフルネスの実践(体験)

最近よく耳にする「マインドフルネス」。ビジネス界・スポーツ界での導入が増えています。マインドフルネスの実践を習慣化することで、自己調整力・集中力が向上し、柔軟な発想力、安定した冷静さと客観性を醸成します。

2. ストレスを仕事に活かす 「統合食養/ホリスティックヘルス・アプローチ」

統合食養(ホリスティック栄養)学は、「健康とは、身体的、精神的、社会的に完全に健全な状態を指し、単に病気や虚弱性の欠如を意味しない。」というWHO憲章を、食事とライフスタイル改善によって、実現しようとする新しいアプローチです。体と心だけでなく、個人を取り巻く環境(キャリアや人間関係など)の全てを包括して取り組むため、ホリスティック(包括的)と呼ばれます。環境要因が大きく影響するストレスに、最も効果的なアプローチと考えられています。

会場: 青山SIビル セミナールーム

住所: 東京都渋谷区渋谷1-1-11 青山SIビル 6階 (渋谷駅徒歩約8分 表参道駅徒歩約10分)

費用: 無料

詳細とお申し込み: こちら

 

講師情報

Patrick Mitchell(パトリック ミッチェル)

Tokyo Stress Reduction 代表

Patrick Mitchell(パトリック ミッチェル)

比較教育学修士、マインドフルネス/ストレスマネジメント指導者。 2000年にハタヨガ正式指導者の資格を取得、その後マインドフルネスストレス低減法を学び始め、2008年にはアメリカにて8週間プログラムを修了した。2009年に日本でマインドフルネス瞑想法を教えはじめて以来、企業や地域向けの健康増進ワークショップを数多く提供している。 ヒューマンダイナミック提携トレーナー。

森 智世(モリ チセ)

ソフィアウッズ・インスティテュート 代表

森 智世(モリ チセ)

経営学修士(MBA)でありながら、統合食養(Integrative Nutrition、ホリスティック栄養)学で公認資格を取得。米国代替医療協会並びに国際ヘルスコーチ協会からも公認資格を取得している公認代替医療ヘルスコーチであり公認国際ヘルスコーチ(CIHC)。日本人特有の遺伝子的、栄養学的要件などについても女子栄養大学にて資格取得した食生活指導士。プライベート・ヘルスコーチングやワークショップ、セミナーなどを通じ、より良い健康と幸福なライフスタイルに向けた支援を提供している。ヒューマンダイナミック提携コーチ。

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.