食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

あなたが痩せないのは、その薬が原因かもしれません

バイオ個性で食べる、心と体をつなぐホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

 

ニュースレターご登録者限定の、キャンペーン情報なども配信しています
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

 

そんなにたくさん食べていないのに、なかなか痩せないという経験はありませんか?

もしかしたら、今飲んでいる医薬品が原因かもしれません。

医薬品の多くは、脂肪燃焼スイッチや甲状腺ホルモンの分泌を阻害するような力をもっています。

セロトニンの分泌や腸内細菌に影響を与える医薬品もあります。(参考:『抗生物質だけでなく数多くの医薬品が腸内細菌にダメージを与えていることを権威ある業界誌が発表。薬品の真実について』)

そうした医薬品からの影響に対しては、カロリー制限をしても無意味なんです。

適度な運動をして、健康的な食事をしているのに、体重が減らない、それどころか、体重が増加傾向にあるなら、もしかしたら、処方されているお薬を疑ってみてもよいかもしれません。

体重を増加させることが既に判明している医薬品についてお伝えします。

(裏付けとなっている研究論文は、最後に参考文献として掲載していますので、ご参照ください)

アレルギー薬

  • フェキソフェナジン (商品名アレグラ)
  • セチリジン (商品名ジルテック)
  • ロラタジン (商品名クラリチン)
  • ジフェンヒドラミン (商品名ベネドリル)
    などです。

アレルゲンに接すると、私達の体は、ヒスタミンを放出して体を守ろうとします。しかし、ヒスタミンの放出が多すぎると不快感を伴うアレルギー症状となって表れます。そのため、アレルギー薬にはヒスタミンを抑制する働きのあるものが多いです。

体内でのヒスタミンの産生を抑制するこれらの薬は、食欲を増進させます。
ヒスタミンをブロックすることで、脳内で食欲をコントロールする酵素の分泌も阻害してしまうからです。

ただ食欲の増進は、1-2週間の服用では起こりません。
3か月以上の慢性的な服用によって引き起こされることが報告されています。

2010年の研究によれば、アレグラジルテックを服用していたグループは、服用前よりも体重が55% も増加していたそうです。体重40kgの人が、62kgになってしまうということです。

アレルギー反応は、腸内環境を整え、免疫機能を高めることで、ある程度抑えることができます。私達の皮膚や粘膜に共生している細菌や腸内細菌がアレルギーと深くかかわっていることは、すでに多くの研究が示しているところです。

腸内細菌の顔ぶれや健康度は、食事で変えることができます

そして

  • 不必要に殺菌製品を使わない
  • むやみに抗生物質に頼らない
  • 食品添加物を避ける(乳化剤が腸内細菌にダメージを起こすこと、トレハロースが悪玉菌を育てることなどは既に報告されている事実です。)

こうしたことを意識するだけでも共生細菌たちと上手に共存し、免疫機能を健康に保ち、アレルギー反応を抑えることにつながります。

ソフィアウッズ・インスティテュートでは、花粉症などをもっているクライアントさん達に、臨床に裏付けされた、かつ、40年弱花粉症の薬を常用していた私自身も実践して効果を得られた特別な食品の作り方を指導しています。実践した方々は、現在までのところ皆、薬を飲まずに花粉の季節を過ごせるようになっています。

直ぐに、ポンっ!と錠剤を口に放り込むのではなく、
薬に頼らなくてもよい体を作ることを最優先にしてほしいと思います。

アレルギーの薬なんて要らない体を作ることができるんですよ。

抗うつ剤

  • フルオキセチン (商品名プロザック)
  • セルトラリン (商品名ゾロフト)
  • パロキセチン塩酸塩水和物 (商品名パキシル)
  • ベンラフェキシン (商品名イフェクサー)
  • ミルタザピン (商品名レメロン)
    などです。

これらの薬からの影響は様々です。

服用を始めて最初の1-2か月は体重が減る人もいます。しかしその効果は一時で、抗うつ剤を飲んでいる人は、体重が落ちた後、直ぐに食欲、特に炭水化物への食欲が旺盛になります。

抗うつ薬の多くは、セロトニンの分泌を促すように働きます。セロトニンは、別名幸福ホルモンと呼ばれている通り、私達の幸福感と密接なかかわりをもっているホルモンです。

通常、セロトニンの分泌は、食欲を抑えるように働きます。
にもかかわらず、1年以上抗うつ剤を服用している人達は、驚くほどの体重増加を経験します。
不思議ですよね。

2000年の『神経精神薬理学(Neuropsychopharmacology)』に掲載された論文には、腫瘍壊死因子TNFαが原因していると報告されています。TNF-αは主に免疫細胞のマクロファージにより産生され、固形がんに対して出血性の壊死を生じさせるサイトカイン(炎症性物質)です。

スーパーフルーツ・ブルーベリーは心にも良い効果

高血圧薬/降圧剤

降圧剤のうち、体重増加を招くのは、ベータβブロッカーです。例えば、

  • メトプロロール
  • プロプラノロール
    などです。

これらの薬は、血管を拡張して、血圧を下げ、心不全不整脈冠動脈疾患の治療に有効です。
しかし、そのことが体重増加を引き起こすのです。

ベータブロッカーの中には、

  • カルベジロール (商品名アテノート)
  • ネビボロール(商品名バイストリック)
    など、

厳密に選択的に作用するものがあり、これらの薬は、他のベータブロッカーほどの体重増加は起こしません。でも起こさないわけではありません。

メトプロロールカルベジロールを比較した研究があります。

メトプロロールを服用していたグループの約45%が、服用前の体重の7%以上の増加を経験しましたが、
カルベジロールを服用していたグループでは、約1%のみが7%以上の体重増加を経験したとのことです。

もし体重増加が心配でしたら、薬の選択について医師と相談してみてくださいね。

なお、

  • ACE阻害剤
  • ARB(アンジオテンシン受容体拮抗薬)

も体重増加を起こすことが時々あるそうです。

心臓病や糖尿病の対策にいい食べ物と、薬の代りになる食事とは。

降圧剤の中には、体重減少を起こすものもあります。

利尿剤などです。
この種の薬は、体液(血液)を減少させるように作用するため、体重が減少したように感じるのです。

ヘルスコーチとしては、どの降圧剤が良いかということ以前に、
そもそも降圧剤に頼らなくても済むような食生活とライフスタイルをお勧めしたいですけどね。

体脂肪を真剣に落としたい人のための真面目なフルーツ

インシュリン

インシュリンを摂取している場合、著しい体重増加が起こります。

インシュリンの総摂取量と体重増加には、正の相関があることが判明しています。
インシュリンを摂取すればするほど、体重は増加し、肥満症を招くのです。

肥満症を招く糖尿病治療のために処方されるインシュリンが、結果として体重増加を起こし、肥満症の可能性を高めるというのは、皮肉です。

ちなみに、インシュリンの分泌を促すグリブリドによっても体重増加は起きます。

インシュリンを摂取している人の中には、体重減少を経験する人もいます。
でもそれは、平行して行われる食事制限運動の取入れによって起こったものです。

インシュリンを摂取している人の約95%は、体重増加を経験します。そしてその増加速度はかなり急激です。体重増加は、インシュリン摂取を始めてから、3-4か月の間に起こります。

インシュリンは、血管(血液)内の糖(血糖)を細胞内に取り込む作用があります。そのため、血糖値は下がりますが、細胞内に取り込まれた糖は、エネルギーとして代謝されなければ、脂肪として蓄えられるので、体重が増加するのです。

もし糖尿病予備軍と診断されたら、できる限りの努力をして、インシュリンを摂取しなければならなくならないようがんばりましょう。

体脂肪を真剣に落としたい人のための真面目なフルーツ
体重をコントロールするフラボノイド
スーパーフルーツ・ブルーベリーは心にも良い効果
心臓病や糖尿病の対策にいい食べ物と、薬の代りになる食事とは。

解決策

医食同源キッチンを薬局にすることです。
多少の不調は、食事休息睡眠によって治すということをライフスタイルにすることです。

TVで流れてくるコーマーシャルは、魅力的です。
ポンっ!と口に放り込めば解決するかのように、とても簡単に思えます。

医薬品は、ある症状にだけに着目して、その一点を改善するように作られています。
でも私達の体はホリスティックです。すべてがつながって存在しています。

体内の一部を無理に変えようとすれば、他の部分も影響を受けます。
薬を服用しなくてもよいような食事やライフスタイルを築くことが一番大切です。

マインド・ボディ・メディシン講座では、サプリメントに頼らなくても、食事でできる簡単な栄養補給方法やレシピ、ダイエットしない方法での痩せ方もお伝えしています。プライベート・ヘルスコーチング・プログラムの中では、おひとりおひとりのバイオ個性に沿った食事とライフスタイルを提案しています。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.