食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

お味噌屋さん始めました(冗談)

今年も2月に寒仕込みしたお味噌ができあがりました。

たまり醤、ひしお)”もこんなに上がってきました。img_3698

今年で手前味噌作りは3年目になりますが、こんなに醤が上がってきたのは初めてです。

全て自然栽培のお豆と麹を使っています(ひよこ豆はオーガニックでした)。お塩は海塩を使っているので東洋医学の陰陽バランスもとれてます。

手前味噌なので、麹菌は生きていますから、常温保存すれば熟成が進みます。(スーパーのお味噌は、食品衛生法上、殺菌していますので、麹菌は死んでいます。なので、常温の棚に並べておいても過発酵しないのです。『生きている菌と死んだ菌』)

毎年、できたお味噌は、クライアントさんやお友達などへお裾分けしています。

が、今年は、「マインド・ボディ・メディシン」セルフドクターコースを始めたことから、その受講者の皆さんの分も含めて、こんなにたくさんになりました。(12月以降のレクチャーは、土日共に残り1-2席となっています。お早目に。)

まるで、お味噌屋さんの舞台裏のようだわ~と自分で苦笑い。img_3700今年は、醤がたくさんできたので、ちょっとずつになってしまいますが、そちらもお裾分けしようと思っています。正真正銘のグルテンフリーの醤油です。

鎌倉時代頃、まだ現代のように小麦を使って作るお醤油が発明される前までは、お味噌を作る過程で上に溜まってくるこの“たまり”がお醤油の代りでした。今でも、高級なお寿司屋さんなどに行くと、お醤油の代りに“たまり”を出してくれる処もありますよね。

室町時代頃には、煎り酒もお醤油の代りとなる調味料でした。こちらは大豆も使っていません。作り方は『煎酒 – 大豆も小麦も使わない室町時代の醤油』をご覧くださいね。サラダドレッシングとして私は使ってます。img_3703皆さんに配る分をとったら、自宅用がほんの少しになってしまいました(笑)

3年で、3種類のお味噌を作りましたが、味はそれぞれ個性が立っています。

  • 黒豆と麦麹のお味噌は、芦屋のおば様的な個性
  • ひよこ豆と米麹のお味噌は、優しい10代くらいのお嬢様的な個性
  • そして、今年の緑大豆と玄米麹のお味噌は、なんとなく、関東のまだ丸くなってない若者的な個性

の味だと思いました。伝わります?(笑)

さて、明日と明後日は「マインド・ボディ・メディシン」講座の11月のレクチャーです。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.