食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

お料理の科学的癒し効果

お料理は、ある人にとっては、家事の一つに過ぎなかったり、社交的な催しだったり、あるいは、余暇を楽しむ趣味だったりします。一方で、お料理が心理療法(セラピー)になる人もいます。

料理

実は、私にとってもお料理は、瞑想効果を生むものなんです。それに気がついたのは、超高ストレスな仕事を辞めて、食物科学と出会い、ホリスティック栄養学(統合食養学)の勉強を始めた頃です。お料理をしている間、自然と無心になり、心が落ち着いていくのが実感できました。

でも、あんなに面倒くさいと思っていたお料理が、なぜ、瞑想効果を生むようになったのか、ずっと不思議だったんです。そうしたら、最近、米国で、うつ病の治療クッキングセラピーという手法が注目を集めているという話を聞きました。

お料理にセラピー効果や瞑想効果があることが、医学的に認められるようになったのだそうです。

このセラピーには、お料理することと、お料理に関係する行動、例えば、家庭菜園の育て方や、食事計画とお料理の準備(下ごしらえ)、修学食材ショッピング、レストランでの実習などが含まれていて、プロのシェフやセラピストの指導の下、患者は、食事と栄養素について学び、食べ物との健康的な関係を築いていきます。

でも、なにも心療内科や心理カウンセラーに頼まなくても、私のように、ご自分の家でお料理する時間を増やしたり、様々なお料理教室に出かけてみるだけでも、心の栄養になるようにおもいます。もちろん、結果、体の栄養にもなるのですから、一石二鳥ですよね。

お料理の効能

お料理は、日々の生活に必要なベーシックなスキルです。なのに、多くの人が、キッチンに入ることも、食べ物を扱うことにも慣れていないのも事実です。生きるために必要なスキルというだけでなく、お料理には、次のような効果もあると言われているんですよ。

  • ストレス解消
  • 社交性スキルの向上
  • 調整と段取りスキルの向上
  • 五感の感度の向上
  • 肉体的健康の向上
  • 計画性と整理整頓スキルの向上
  • 時間管理スキルの向上
  • 退屈からの救済
  • 記憶力、集中力の向上
  • セルフエスティーム(真の自尊心・自己愛)の向上
  • 達成感・充実感の向上

うつ病や抑うつ性神経症の方に処方される薬には、体重を増加させる成分が含まれていますから、そうした処方薬を飲んでいるうつ症状の方は、そういった意味でも尚更、健康的なお料理をすることのメリットは大きいですよね。

忙しい仕事をしている方は特に、お料理する時間、できるだけ作ってみてくださいね。

 

参考:
ソフィアウッズ・インスティテュートが勧める『シンプルクッキング』のススメ
マイケル・ポーランが語るホリスティックな食事
マイケル・ポーラン流料理の基本ルール
Culinary Therapy What Is It?
A Road to Mental Health Through the Kitchen”, JEANNE WHALEN, Dec. 8, 2014, Wall Street Journal
Baking Gives You Confidence’: Users’ Views of Engaging in the Occupation of Baking”, Lesley Haley, Elizabeth McKay, The British Journal of Occupational Therapy, Volume 67, Number 3, 1 March 2004, pp. 125-128(4)

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.