食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

お料理をしよう!シンプルクッキング – ステップ3

シンプルクッキングのステップ3のテーマは、冒険・実験です。

クッキング3

いろいろな調理法を試してみよう!

調理法にはいろいろあります。同じ食材でも調理法が違うと異なる風味や触感が現れてきます。いつもはやらない調理法を試してみてみましょう。それだけで、料理のレパートリーが広がりますよ。

いろいろなフレーバーを試してみよう!

味付けをするときに、お塩やお醤油だけでなく、様々な香辛料やハーブを使ってみましょう。ハーブや香辛料を上手に使うことで、お塩やお砂糖をそれほど入れなくても、味に深みや幅を出すこともできますし、十分、私達の味覚を満足させてくれるお料理が作れますよ。それにハーブや香辛料には、様々な効能が含まれているので、美味しく食べるだけで、免疫力を高めたり、アンチエイジングできたり、体の不調を改善することもできます。味や香りのレパートリーを増やして、自分好みのハーブや香辛料を見つけてみましょう。

いろいろな食材を試してみよう!

いろいろな食材を食べてみるのは良いことです。いつも同じ食材ばかり食べていると、どんなに健康的な食材でも、栄養に偏りが生まれてしまいますから、雑食動物である私達人間にとっては、あまり好ましいことではありません。スーパーで他の人がどんなものを買っているのか、カゴの中をこっそり覗いてみましょう。見たこともないような野菜や果物に出会ったら、お店の方に調理法を尋ねるのも良いですし、ネット調べてみるのも良いでしょう。珍しい食べ物には、珍しい栄養素が含まれているかもしれません。いろいろな食材を食べてみましょう。

好きじゃない食べものは食べなくてOK!

とはいえ、好きではないもの、気が進まないものを、無理に食べる必要はありません。常に、あなたの体と会話をして、体が欲しいと思う食べ物を食べるようにしましょう。コマーシャルや噂や流行に左右されることなく、直感的に。あなたの体が食べたいと思うものを選ぶようにしましょう。だからと言って、食べず嫌いはよくありませんね。まずは、チャレンジしてみて、あなたの体(バイオ個性)にとって、それが良いものであるか悪い物であるか、あなたの体に訊いてみましょう。

コラム『お料理をしよう!シンプルクッキング – ステップ1』へ
コラム『お料理をしよう!シンプルクッキング – ステップ2』へ

コラム『お料理をしよう!シンプルクッキング – ステップ4』へ

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.