食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

かなり怖いパーソナルケア商品の成分

知らず知らずのうちに使っているパーソナルケア商品。シャンプーや石鹸、歯磨き粉、基礎化粧品や化粧品。その中身について考えたことはありますか?DF193_L

このブログを初めて書いたのが2014年8月。それから、次々と、ここに記載した成分を含む製品が、米国や欧州で販売中止になっています。

新事実が発表される度に、このブログに裏付け情報を追記していますが、そうした政府による方針が発表されるのを待つのではなく、少なくともここに記載している成分を含む商品については、既に購入しない等の対応をとることが、賢明のように思います。

アメリカのEnvironmental Working Group (EWG) が独自に調査した情報をデータベース化した無料サイトがあります。全て英語ですが、世界中の2,500ブランドの78,000種の一般的な化粧品やパーソナルケア商品に含まれる成分の安全性や危険性を評価して公表していますので、ご活用くださいね。⇒ Skin Deep

また、日本のサイト『美肌マニア』でも、日本で販売されているパーソナルケア商品の成分の検索や特定の成分を含んでいる商品の検索ができますので、ご活用くださいね。

ここでは、特に、汎用的にスキンケア・ヘアケア製品に使用されている、実は、危険な成分についてご紹介します。化粧品成分

トリクロサン

石鹸、シャンプー、歯磨き等の医薬部外品で、殺菌作用や「薬用」をうたっている物に多く使用されています。日本でも、例えば、薬用ハンドソープ「ミューズ」や花王の「薬用液体手指洗浄剤」などに配合されています。

トリクロサンは、そもそもは農薬です。ブドウ球菌などグラム陽性菌に対して静菌力が強いと考えられてきたことから、抗バクテリア剤として、液状の洗浄剤などの保存剤として使用されるようになったものです。

しかし、トリクロサンは、細菌に薬剤抵抗性を与える可能性があり、更には、体内ホルモンへの毒性が数十年前から指摘されています。2010年には、妊娠中の女性のエストロゲンの分泌異常が見られたことにより、胎児への影響についても警告が報告されています。その他、動物実験で甲状腺ホルモンの分泌低下筋肉の活動性低下を引き起こしたと報告されています。

美肌マニア:トリクロサンを配合している化粧品(70件)
Skin Deep 評価

2015年8月追記:

トリクロサンを含む市販の洗浄剤の殺菌効果について、通常の製品と比較し特に優れた抗菌効果を示さなかったとする論文が、2015年夏、オックスフォード・ジャーナルに掲載されています。

この発表を受けて、花王は「ビオレ」と「ピュオーラ」へのトリクロサンの使用を中止しています。プレスリリースはこちら

2016年9月追記:

FDA(米国食品医薬品局、日本の厚労省のようなところ)は、2016年9月2日に、トリクロサントリクロカルバンなど19種の農薬成分を含む消費者向け製品の販売中止を命令しました。

FDAは、2013年に指針を発表し、トリクロサン等19種の成分を含む消費者向け製品を販売製造し、殺菌効果を謳っているメーカーに対し、その有効性を示すデータの提出を求めるとともに、農薬であるトリクロサンに消費者が日常的に接触することの安全性についてデータを提出することを求めていて、その結果が今回の発表となったものです。

理由:

  • トリクロサンやトリクロカルバン等を含まない、通常の洗浄剤以上の殺菌効果を示すデータを3年経ってもメーカーが提出できなかった
  • トリクロサンやトリクロカルバン等の農薬への人体の暴露について、残留農薬の安全限界値をFDAは定めているが、洗浄剤に含まれている農薬に日常的に接触することで起こる、追加的暴露の安全性について、それを裏付けるデータが得られなかった。(追加的に暴露することで、安全限界値を超える可能性がある)

(農薬として食品に残留している分はOKだけど、洗浄剤として皮膚と接触するのは危険って・・・そんなもの農薬としても使用を禁止すべきじゃないの?口から入る方がよっぽど怖いじゃないのっ!と、心の叫び)

参考文献:
Antibacterial Soap? You Can Skip It — Use Plain Soap and Water』,9/2/2016, FDA
Plan for the triclosan risk assessment can be found in docket EPA-HQ-OPP-2012-0811』, 2013, FDA

トリクロサンとトリクロカルバン以外で、今回、販売禁止となった残り17の成分は

  1. Cloflucarban(クロフルカルバン)
  2. Fluorosalan(フルオロサラン)
  3. Hexachlorophene(ヘキサクロロフェン)
  4. Hexylresorcinol(ヘキシルレソルシノール)
  5. Iodophors, which are iodine-containing ingredients(ヨード含有原料としてのヨードフォール)
  6. Iodine complex, which is ammonium ether sulfate and polyoxyethylene sorbitan monolaurate(エーテル硫酸アンモニウム塩やソルビタンモノラウレート・ポリオキシエチレンであるヨウ素複合体)
  7. Iodine complex of phosphate ester of alkylaryloxy polyethylene glycol(ポリエチレングリコール・アルキルアリロキシのリン酸エステルであるヨウ素複合体)
  8. Nonylphenoxypoly, or ethyleneoxy, ethanoliodine(ノニルフェノキシポリ、エチレノキシ、またはエタノリオダイン)
  9. Poloxamer, an iodine complex of Povidone-iodine 5 percent to 10 percent(ポビドンヨード5%~10%のヨウ素複合体であるポロクサマー)
  10. Undecoylium chloride iodine complex(塩化ウンデコイリウム・ヨウ素複合体)
  11. Methylbenzethonium chloride(塩化メチルベンゼトニウム)
  12. Phenol greater than 1.5 percent(1.5%超のフェノール)
  13. Phenol less than 1.5 percent(1.5%未満のフェノール)
  14. Secondary amyltricresols(第二アミルトリクレゾール)
  15. Sodium oxychlorosene(オキシクロロセン・ナトリウム)
  16. Tribromsalan(トリブロムサラン)
  17. Triple dye(トリプルダイ、三色色素)

この他、殺菌効果や薬用効果を謳った商品に含まれている、塩化ベンザルコニウム塩化ベンゼトニウムクロロキシレノールといった農薬についても、現在、調査中とのことで、まだ、販売中止命令は出ていませんが、避ける方が賢明でしょう。

2016年10月追記:

厚生労働省は、FDAの発表を受け、9月30日の報道発表にて「製造販売業者に対して、流通する製品の把握と、製品を1年以内に代替製品に切替えるための承認申請を求めるとともに、その際の承認審査を迅速に行うことを通知しました。」

お役所にしては、案外、素早い対応でしたね。(トランス脂肪酸については放置なのにね、笑)

この報道によれば、日本には、この19成分を含む製品が、約800品目ほどあるそうですよ。

参考文献:
トリクロサン等を含む薬用石けんの切替えを促します』, 9/30/2016, 厚生労働省, 報道発表

レチニールパルミテート/パルミチン酸レチニル

ビタミンA配合と書かれたアンチエイジング化粧品や基礎化粧品、日焼け止めに入っています。

肝臓がビタミンA(レチノール)を貯蔵する際、レチニールパルミテート(レチノールとパルミチン酸のエステル)の形に転換して貯蔵します。その後、必要に応じて、肝臓で再びレチノール(ビタミンA)に戻して、必要としている臓器に運びます。

紫外線を浴びると、レチノールは分解され、DNAの損傷や変異(例、がん)を起こす毒素を発生させます。米国食品医薬品局(FDA)の最近の研究によれば、紫外線の下で、レチニールパルミテートを肌に塗布すると、皮膚の腫瘍や損傷の発症を促進させることが指摘されています。また、日常的にレチノール(ビタミンA)が配合された製品を肌に塗布し続けることで、体内のビタミンA許容量を超え、副作用を起こしたり、胎児の成長にとって毒性をもつことへの懸念を示しています。

美肌マニア:パルミチン酸レチノール配合の顔用日焼け止め一覧
美肌マニア:パルミチン酸レチノールを配合している化粧品 (741件)
Skin Deep 評価

オキシベンゾン

オキシベンゾンは、サンスクリーンの主成分で、日光アレルギーを起こすアレルゲンと考えられている物質です。日焼け止めだけでなく、製品の紫外線による劣化を防ぐための保存剤として、配合されていることもありますから、特にシャンプーなどもご注意くださいね。この化学物質は、皮膚から体内に吸収されてしまうことが判っています。循環器系(心臓、血管)の衰弱、麻痺、けいれん、ひきつけなどを起こす原因物質としてや環境ホルモンの疑いが持たれている成分です。

オキシベンゾンは吸収する紫外線の種類によってオキシベンゾン1やオキシベンゾン2などいうように分類されているため、別名が多いので、成分表を見る際は注意してくださいね。

  • ジビドロキシベンゾフェノン
  • テトラヒドロキシベンゾフェノン
  • ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸
  • ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウム
  • ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノン
  • ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノンジスルホン酸ナトリウム

これらは全てオキシベンゾンです。

美肌マニア:オキシベンゾン
Skin Deep 評価

フタル酸、フタル酸塩、フタル酸エステル

肝臓心臓腎臓ホルモン内分泌系への影響が懸念されている物質で、2015/14年にも多くの研究論文が影響(男性不妊など)について発表されており、カリフォルニア州は、生殖機能成長機能に毒性をもつ物質として規制しています。また、EUは、この物質を化粧品やパーソナルケア商品に使用することを禁止しています。

フタル酸類が精巣形成不全の様な障害を起こすことが確認されています。また、男の乳児が汚染されると、生殖器に変異が現れること、成人男性では、精子のホルモンレベル、精子量や運動量を減少させ男性不妊の原因となることが報告されています。皮膚や粘膜から体内に吸収されることが報告されています。

しかし、日本では10年以上前の調査に基づき影響はないとして安全性が宣言されている物質です。

日本では、日本国内だけでも年間25.2万トン(2014年)生産されていて、化粧品類や様々なパーソナルケア製品に使われているだけでなく、塗装剤や潤滑剤や柔軟剤やプラスチック製品に使用されています。

美肌マニアには掲載がありませんでしたが、商品全てが網羅されている分けではありませんので、成分表を確認することをお勧めします。

  • フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(別称:フタル酸ジオクチル)、DEHP(DOP)
  • フタル酸ジブチル、 DBP
  • フタル酸ブチルベンジル、BBP
  • フタル酸ジイソノニル、DINP
  • フタル酸ジイソデシル、DIDP
  • フタル酸ジノルマルオクチル、DNOP

Skin Deep 評価

参考文献:
可塑剤の種類と使われ方」塩ビ工業・環境協会、
EU Commission adopts RoHS ban on phthalates“, 5 June 2015

二酸化チタン/酸化チタン

ringo

2016年10月撮影。(クリックすると拡大します)

鉱物を加工して作られた、食品や製品を白くみせるために着色する添加物です。酸化チタンとも呼ばれます。化粧品やスキンケア、歯磨き粉の他、ホワイトチーズホワイトチョコレート、クレヨンにも使用されています。日焼け止めにも多く使用されています。化粧品と同じものを食品にも使っているということが怖いですよね。

動物実験ですが、肺がんの発生率が高まったとする報告がなされています。

右の写真は、酸化チタンが食品として使用されている例。キティちゃんは、発がん物質を子供に食べさせても平気だということでしょうか。。。。酸化チタンは、国が認める食品添加物ですから、「必ず皮をむいてから食べるように」と書くこともできないのかしら?(笑)

 

美肌マニア:二酸化チタンを配合している化粧品 (2件)
美肌マニア:酸化チタンを配合している化粧品 (11335件)
Skin Deep 評価

タルク

タルクは、滑石という鉱石を微粉砕した無機粉末で、水和珪酸マグネシウムのことです。珪酸アルミニウムを含んでいることもあります。一般には石筆や玩具につかわれたりする他、錠剤の増量剤などやファンデーション、ボディーパウダー、アイシャドウ、口紅にも配合されています。

昔、ベビーパウダーに使用されていたタルクに不純物(アスベスト)が含まれていたことがあり、1987年11月6日に当時の厚生省が、薬審2第1589薬務局審査第二課長通知によって、ベビーパウダーに使用されるタルクの検査を義務つけましたので、日本製のベビーパウダーやそれ以外の化粧品グレードの製品には、精製度の高いタルクが使用されているので、アスベストが含まれていることは考えにくいのですが、輸入品で低品質のものには、アスベストを含有することがあるので、不用意に吸いこまないよう注意が必要です。

ただ、近年タルクが問題視されているのは、アスベストによる汚染ではなく、卵巣がんの発症リスクが高まるという報告がなされたことです。これは、2011年に開催されたAmerican Association for Cancer Researchの年次総会で米国ボストンにあるBrigham and Women’s Hospitalのダニエル・クラマー医学博士のグループによって発表された調査報告で、タルクを含むベビーパウダーを使用している2,000人の女性とそうでない女性を比較した調査による分析結果です。また、タルクを含む生理用品を使用している女性は、他の女性と比較し卵巣がんリスクが2倍以上とする報告もあります。

2016年2月26日追記:

赤ちゃんとお母さんに優しいイメージで商品を販売してきたジョンソン&ジョンソンに対して、タルクを含むJ&J社製品(ベビーパウダー等)が卵巣がんの原因となったことを米国司法が認め、約86.5億円(USD 72 million)の支払い命令が出されています。
Johnson & Johnson to Pay $72 Million in Lawsuit Linking Talcum Powder to Ovarian Cancer

美肌マニア:タルクを配合している化粧品 (6126件)
Skin Deep 評価

 

ホリスティック・スキンケアについては、マインド・ボディ・メディシン講座の中で学べますよ!

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

参考:
手作りスキンケア/化粧品
手作り洗剤
健康なお肌を保つ10の方法
経皮毒の部位別浸透度
一般的な防腐剤が乳がん誘因成分に

外部リンク: 7 Makeup Brands That Are Cruelty-Free + Vegan

参考文献:

  1.  “19 toxins to avoid in common beauty products.” Mind Body Green
  2. Bactericidal effects of triclosan in soap both in vitro and in vivo”, S. A. Kim, H. Moon, K. Lee and M. S. Rhee, Department of Food Bioscience and Technology, College of Life Sciences and Biotechnology, Korea University, Seoul, 136-713, Republic of Korea, August 10, 2015, Oxford University Press on behalf of the British Society for Antimicrobial Chemotherapy
  3. Consumer Antibacterial Soaps: Effective or Just Risky?”, Allison E. Aiello, Elaine L. Larson, and Stuart B. Levy, September 1 2007, Oxford Journals, Medicine & Health Clinical Infectious Diseases Volume 45, Issue Supplement 2Pp. S137-S147
  4. ビタミンA」、SRL医療従事者向け情報
  5.  「使ってはいけないシャンプー成分と影響
  6. 可塑剤の種類と使われ方」塩ビ工業・環境協会
  7. EU Commission adopts RoHS ban on phthalates“, 5 June 2015
  8. 二酸化チタン」、食品添加物
  9. 日本タルク株式会社
  10. AACR: Talc Use Linked to Ovarian Cancer Risk”, Apr 7, 2011,
  11. 日本医薬品添加剤協会
  12. Johnson & Johnson to Pay $72 Million in Lawsuit Linking Talcum Powder to Ovarian Cancer“, Sydney Robinson, The Ring of Fire | February 25, 2016

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.