食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

がんを予防する簡単な習慣

私が公認資格を取得したNYCの学校の講師でもあるディーパック・チョプラ医学博士が、「がん」についてブログを書かれていました。

「あなたのおじいさんの時代には、がん宣告は、
通常、死の宣告を意味していました。

今日、がんの生存確率は、3人に2人です。」

と、いう博士の言葉。

その2人の中に、私達が入るために何ができるのか。
とてもシンプルな3つのソリューションが提示されています。和訳要約してお伝えします。


がんは、その恐怖から、他に例えようのない特殊な出来事として受け止められます。がんは、誰の人生にとっても、特に年齢を重ねるほど、シリアスで重要な問題です。

でも、その恐怖を希望や楽観的な気持ちに変えることができるかもしれない発見が多くあります。

  • 食事の改善
  • ストレス解消
  • 瞑想

など、治癒を促すライフスタイルが鍵となります。

2017年の米国がん学会は、1991年から2014年までに、がんによる死亡者が25%減少したと報告しています。しかし、減少理由は、がんが完治できるようになったからではありません

がんがひとつの病気ではなく、複数の病気の集合体のように挙動することが発見されてから、がんを完治するという目標は、実は、放棄されているのです。

減少は、平均して、年約2%ずつ起こっています。

これを基準に、2017年を予測すると、170万人が新たにがんと診断され、60万人ががんで死亡することになります。単純な言葉に言い換えると、がん患者の3人に一人が、がんで死亡するということになります。

これは、希望がもてる統計だと言えるでしょう。

がんに対する態度を変える

医療の発展と同じくらい重要なことは、人々の受け止め方の変化です。

『ランセット』に掲載された2015年の記事を思い出します。それは、一世代前であれば、がん分野を困惑させたかもしれない一文で始まります。

がんコントロールの本質は、予防早期発見の重要性の高まりと、患者の生活の質への関心の高まりに押され、変わりつつあります。」

この文章からは、いくつかの重要なメッセージが見えてきます。

  • がんは、コントロールできる病気で、必ずしも極端な治療を必要としない。
  • 予防は、医者ががんに対してとるであろう将来の総合的アプローチの切っ先になるだろう。
  • 人々のがんに対する恐怖に関心が集まっている。

実際、苦痛を伴わない治療(抗がん剤以外の治療)にも、治癒の可能性があり、既に存在しています。

治療から予防へ

俯瞰的に見ると、治療から予防へ、視点が切り替わったことが、がんに対する前向きな態度の根拠となっています。

膨大な希望と資金が基礎研究と創薬に注がれていた10年前には、予測されていなかった転換です。今では、

がんの50%は、既に存在している知識を活用することで予防可能

だという見方が一般的になっています。

アスピリンの効能

例えば、既に多くの人が、アスピリンを飲むことで、心臓発作脳梗塞の再発を予防できることを知っています。

ソフィアウッズ補足:
あくまでも再発予防に効果があります。まだ発症していない心臓発作や脳梗塞などの予防にはならないだけでなく脳内出血などの危険があります。詳しくは、『血液をさらさらにしてくれる食べ物』をご覧ください。

アスピリンの効能は、それだけに留まらず、がんへの補助的な効果(万能薬ではありません)も持っています。

30年間13万人を追跡調査したデータを解析した結果、1週間に2錠以上のアスピリンを飲む習慣のある人は、消化器官系のがんにかかるリスクが20%低く、大腸がん25%低いことが示されていました。(他の研究もアスピリンが癌予防に役立つだけでなく、腫瘍の転移の可能性も低減することを示しています。)

ソフィアウッズ補足:
上に記載したように、まだ心臓発作や脳梗塞などを発症したことのない人がアスピリンを常用すると脳内出血などの危険が伴います。がん予防のためにアスピリンを常用する場合も同様です。他の副作用があることに留意してください。

アスピリンの服用については、それ以外にも注意が必要な人達がいます。詳細は、『鎮痛成分を含む食品とアスピリン・アレルギー』をご覧ください。

1. がんを予防する食事

  • 食品添加物を使わず
  • 自然食品をホールフード丸のまま)で食べ、
  • 抗炎症性(野菜中心)の食事をする

を習慣にしたとしたら、あなたは確実に癌を予防していることになります。

しかし、それだけでなく、更に気をつけなければならない要因もあります。症状が明確に表れてくるまで何年も何十年もかかるという意味で、がんは、たぶん、高血圧や心疾患と同じカテゴリーに属しています。

この徐々に上昇していくリスクには、2つの要因があります。

慢性ストレス軽度の内臓炎症です。そして、たぶん、この2つは相互に関係し合っています。

2. ストレスを軽減する

人生からストレスを減らすことで内臓炎症を軽減することが重要です。

  • 適度に運動し、肥満を避ける

3. 瞑想する

定期的な瞑想によって、ストレスの破壊的な効果に対抗できます。

長寿遺伝子テロメアを伸ばす簡単な方法

がんを管理するというマインド

がんを「普通」の病気にするために必要な条件は、がんを管理可能な病気にすることです。

あなたのおじいさんの時代には、がん宣告は、通常、死の宣告を意味していました。
今日、がんの生存確率は、3人に2人です。
発見が遅かったステージ4の患者や治療不能な肺がん患者を除くと、この数値はもっと良くなるはずです。

がんの予防と管理は、どんな抗がん剤よりも効果があるでしょう

原典: “Cancer Prevention: How Mind, Body, and Medicine Creates Optimism“, Deepak Chopra, M.D.


私のところへも、がんサバイバーの方やがん未満の方が相談にいらっしゃいます。
食事は、薬ではありませんから、「これを食べたら必ず誰でもがんにならない」とか「治る」なんてものはありません

私達はひとりひとり異なります。遺伝子が異なるというだけでなく、がんになった年齢も、がんになるまでに過ごした食事やライフスタイルも異なります。

  • 「私達は食べたものでできている」わけですから、食事やライフスタイルが異なれば、体の中のひとつひとつの細胞の質は同じにはなりません。
  • また、遺伝的な影響を考慮すれば、同じものを食べても同じ結果が起こるとも言えません。

そんな人達が全員同じ食事で同じ様に治ると考える方が無理があります。

ソフィアウッズ・インスティテュートでは、個々人のバイオ個性に合わせた食事の指導をします。
統合食養(ホリスティック栄養)学的に「適切な食事バランス」とは実際どんなものなのか。
単に頭で、理屈で理解するのでなく、実践していただきながらコーチングを提供します。

ご自分が食べていると漠然と思っているバランスと、実際に食べているバランスは、大きく異なることが多いんですよ。

皆さん、半年のプログラムの間に、何等かの改善を実感されています。

健康診断や定期検査という客観的なデータで、それが確認できた方も多いです。腫瘍マーカーが改善した方、予後の定期検診で「問題なし」判定を獲得できている方、健康診断のD判定・C判定が、Aになる方などなど

もちろん、たまたま だったのかもしれませんが。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

マインド・ボディ・メディシン講座では、

5月:『ストレスと仲良くなる方法 – ストレス耐性を高める呼吸法
8月:『がん予防になる野菜の食べ方
11月:『寿命を延ばすカロリーとの正しい付き合い方

を予定しています。いずれもまだお席ありますよ!募集中です。

参考:
長寿遺伝子テロメアを伸ばす簡単な方法
乳がんを予防する10の戦略
頭のハゲ方が、大腸がんに関係
よもぎが癌細胞を死滅
なぜ薬が効く人と効かない人がいるのか?

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.