食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

エネルギー吸血鬼に遭ったことはありますか?退治方法教えます。

10月31日はハロウィンでしたので、万聖節(All Saints Day)の今日、私達のエネルギーを吸い取る吸血鬼について書いてみようと思います。吸血鬼

今までの人生を省みると、私は人との出会いに恵まれてきた方だと思います。10代20代を過ごしたアメリカとドイツでは、私と共に喜び泣いてくれる一生の友人ができました。一人で旅した旧共産主義の国々でも、なぜか怖い思いや危ない思いをしたことは一度もありません。そこに温かい出会いがあり、皆、とても親切にしてくださいました。また、日本でも私の新しい試みに賛同し、協力してくれる人達に恵まれています。

もちろん、そうでない人達もいます。

見下した態度で、嫌味を言ったり、表面的には耳障りの良いことを言いながら間接的に口撃したり、勝手な思い込みだけで価値観の押し付けをしたり。彼等との会話が恐ろしく思えたことや、気分が悪くなったこともあります。

そういう人をエネルギー吸血鬼と呼びます。あなたからエネルギーを盗るだけの人です。

エネルギー吸血鬼は、あなたの家族の中にいるかもしれません、友達、同僚、ご近所、交際相手、見ず知らずの人であることもあります。どんな関係の中にも、彼等が存在している可能性はあります。また、様々なタイプがいます。

エネルギー吸血鬼のタイプ

  1. 他人のせいにするタイプ: 自分を省みることなく、全てを他人のせいにして、責めるタイプの人です。
  2.  罪の意識を植えつけるタイプ: 自分の思う通りにするために、「望むようにしてあげないと申し訳ない」という気持ちに周りをさせるタイプの人です。
  3.  嫉妬深いタイプ: 自分以外の人に起きる良い出来事について、まったく心から喜べないタイプの人です。何かしら他人の言動に欠点をみつけて、自分の方が優秀であることを間接的にも直接的にも誇示しようとするタイプです。
  4.  不安タイプ: 自己肯定感が低い人で、他人の気持ちをも同様に引き下げようとする人です。
  5.  楽しみを憎むタイプ: 喜びを感じることがなく、自尊心を満たすために自分よりも弱い人をいじめることで、ストレスや不満を解消しようとするタイプです。

その他にも、デヴィ・ダウナー(皆が楽しんでいる時にわざと悲しい話をして皆の気持ちを沈めるタイプ)、不平不満ばかり言っている人短気な人ドラマ・クイーン(まるで自分がドラマの主役のように大袈裟にふるまうタイプ)、などなど、列挙したら限りがありません。

どんなタイプであろうと、エネルギー吸血鬼には共通点があります。

彼らは、自分の人生を前向きな方向に向けたり、前向きに維持することができないというところです。だから、彼らは、他人に喰らいつき、他人の生命エネルギーを吸い盗ろうとするのです。

誰しも、一人は、こういった人を知っているものです。

もしかしたら、あなたは、彼等を大切な友人だと思っているかもしれません。また、彼等も、あなたの友人を名乗っているかもしれません。そうした場合は、吸血鬼との関係を切ることはとても難しいと思います。

そもそも彼等は、周囲の人に悪口を言ったり、不平を言ったりすることに何の抵抗もない人達ですし、周りから同情をひいて彼等の思うように動かすのも上手ですから、彼等の機嫌をそこねたら、陰でどんなことを言われるかわかりません。彼等との関係だけでなく、あなたが関係を維持したいと思っている人達からも、誤解を生んでしまうかもしれません。

こうした経験が私にはあります。「そうではない」と誤解を解こうと思ったりもしましたが、返って「弁解」に聞こえてしまうのではないかとか考えてしまって、結局、状況に任せ、何もできなかったことがあります。

そんな時、「真実は必ず表面化する。その真実に気づいてくれる人達だけが残ればそれでいい。」と自分に言い聞かせて来ました。

でも、私達は、自分自身のエネルギー空間の保護者です。

健康に、幸せに、そして前向きに生きていくためには、周りを、私達の生き方を理解し賛同してくれる人達で埋めることが、絶対的に不可欠です。

では、自分に訊いてみましょう。

あなたの人生のエネルギーを奪い去るのは誰ですか?

考えるヒント:

  • 最近、ある人との関係が良い方向に変化しましたか?悪い方向へ変化しましたか?
  • あなたの夢や恐怖、秘密や本心について、その人を心の底から信頼して話すことができますか?
  • その人といる時、その人の優しさや、支えや、気遣いを感じることができますか?
  • その人といっしょにいる時、エネルギーの交流は平等ですか?お互いにエネルギーを与えあっていますか?それともエネルギーをすり減らしていますか?
  • その人から、からかわれたり、いじめられたり、批判されたりすることを心配することなく、自分らしくいられますか?

もし誰かが、あなたのエネルギーをすり減らしているとしたら、なぜ、それでもその人といっしょに居たいと思うのか、自分の心の奥に問いかけてみてください: この関係性を大きく改善することは可能だろうかと。

そして、決めなければなりません。その関係を維持するのか、解消するのか。

もちろん、解消できない関係もあります。例えば、会社の上司や姻族や子供絡みの親グループとか。自分自身の家族は、その気になれば関係を断つこともできますが、誰かを通して、何かをとおして、つながっている場合には、自分の意志だけではどうにもならないことってありますよね。

絶縁できないエネルギー吸血鬼がいる場合

そういう場合、エネルギー・バリアーを作るようにしましょう。

エネルギー・バリアーを作ることで、吸血鬼にエネルギーを吸い取られることなく、彼らと交流していくことが可能になります。

エネルギー・バリアーの作り方

  1. 深呼吸して、やり過ごす: あなたの頭や心に彼等の言葉や行動を長くとどめておく必要はありません。
  2.  受け入れ難い言葉や行動を察知する: 彼等にあなたのエネルギーを吸い取る隙を与えてはいけません。
  3.  軽く受け流して、話題を変える: 彼等の言葉や行動に反応しないくせをつける。軽く流して、安全な場所へ状況を戻すようにする。
  4. そもそも彼等と自分の関係性を思い出す: なぜ彼等があなたの人生に存在しているのか。いったいどういう関係の知り合いなのか。そして、あなたは、いつでも、立ち去る権利をもっていることを忘れずに。
  5.  一歩下がって冷静に状況を眺めてみる: 彼等の言動は、あなたに向けたものではなく、彼等の現状(不幸、不満)を投影しているだけです。
  6. あなたを守るエネルギー・バリアーを視覚的に感じる: 見えないバリアーに守られていることを頭のなかでビジュアル化することで、状況を客観的にとらえることができるようになり、相手の言動に影響されることなく、中立な言動、平常心を保ちやすくなります。
  7. 自分の価値を認識する: あなたは、前向きで心からあなたを気にかけ、あなたにインスピレーションをくれる人達に囲まれる価値がある人です。

どうでしょうか。なんとか心を守れそうですか?

—— —– —–

私の妹は、私の顔を見るたびに、私を傷つけるようなことを言わずにはいられない人です。その鋭い刃物に心を切り裂かれないように、彼女と実家で鉢合わせないようにしています。それでも間が悪く、遭遇してしまった時には、できるだけ近寄らず、挨拶の他は自分から話しかけず、存在を消しているようにしているのですが、彼女がそれを見逃すことはありません。

どんな話を食卓で、居間で、両親としていようとも、必ず、私への攻撃を忘れることはありません。

弟は、私に対する彼女の劣等感が原因ではないかと言います。歳の近い姉妹に生まれた運命で、確かに、妹は常に私をライバル視してきました。私は自分の好きな事に勝手にその時々で夢中になるのですが、妹は必ず私が夢中になっている事に興味をもち、私よりも上手にやったり、優秀な成績をとろうと全てが競争になります。

私を倒すことばかりに熱中し、彼女自身の本当にやりたいことや夢や興味について、彼女自身ちゃんと向き合っていないのではないかと、少々心配になり、10年以上も前のことですが、ホストマザーに相談したこともあります。

私が仕事でドイツに転勤になった時も、両親に「お姉ちゃんばかりズルい。私もドイツに行きたいから行かせて」と駄々をこね、両親を困らせもしました。彼女に「私は会社で転勤になったのだから、あなたもドイツに来たければ、ドイツに行かせてくれる会社を探して就職するといいんじゃない?」と言ったら治まりました。

こういう出来事は、日常茶飯事で起こります。

「お姉ちゃんばかりズルい」 – 何度聞いたことでしょうか。私が自分の努力で獲得してきた事柄について、彼女は、自分自身の努力では獲得できないと悟った時、それでも、それと同じものかそれ以上のものを欲しがって口にする、妹の口癖です。

彼女は、彼女自身の興味ではなく、私がもっているものを欲しがります。そこには、根本的なエネルギーの違いがあるように思うのです。

真に興味に向かっているエネルギーはポジティブです。でも、真の興味ではなく姉を負かしたいというエネルギーはネガティブです。そうした負のエネルギーが原動力となっている行動、そこに彼女の不幸があるように思うのです。

もし、彼女が、今の生活、結婚、仕事、人間関係などに真に満足し幸福を感じているのであれば、もう何十年も、遭ったとしても1年に数時間しか遭わない、日常生活の中に存在していない姉の存在なんて、ちっぽけなものになっていてもよさそうなものです。

でも彼女は未だに何か理由をみつけては時々酷いメールを送りつけてきます。

私がそれに返信することはありません。

自分の優位性を認めさせたいという、その承認欲求は、彼女自身が、自分の生活や結婚、仕事の中で、ポジティブなエネルギーに後押しされた行動によって満たさなければならないものだと思います。私を倒すためではなく、彼女自身の心を真に満たすための選択をしなければなりません。人生の選択を私の行動に依存している限り、例え、彼女の希望通りに私を倒したとしても、彼女は幸福にはなれないように思うのです。

 

私の身近にいる吸血鬼のお話でした。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考:
マウンティングする女としない女
「ナルシスト」と「自分が好き」の違い
脳科学者が教える幸せを呼ぶ4つのルーティン(儀式)
幸福で健康になれる性格要素って?
幸せな人生のための方程式
幸せな人生に必要な調味料
幸せになるための5つのスキル
幸せになるために、言ってはいけない言葉
自分を優先させると家族が幸せになる
“本物”の人の20の習慣

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.