食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

キッチンを薬局に – 基本の15ハーブの効能と使い方(2)

「キッチンを薬局に」 – 薬効効果のある伝統的なハーブ&スパイス15種類を3回に分けて紹介していきます。今回は、2回目。ローズマリー、セージ、ディル、シアントロ、唐辛子についてまとめています。

ハーブ2

ローズマリー

ローズマリーは紫蘇科のハーブで、すっきりとした、やや刺激的な香りがローズマリーの特徴です。「若返りのハーブ」としても有名です。お肉料理魚料理の臭みを取り除くために使われることが多いハーブで、ムニエル、ソテーといった食材に火を通して作る料理と相性がよく、ロースト系のお料理との相性が最も良いハーブです。また、オリーブオイルとビネガーにローズマリーを漬けておくとコクがオイルに溶け出して、深みのあるドレッシングになります。枝ごと使ってくださいね。野菜では、じゃがいもカブカリフラワーとの相性が特に良好です。煮込み料理にも使われますが、ローズマリーだけで煮込み料理に使うことは稀で、ブーケガルニとして、他のハーブと一緒に使われることが多いです。茹でたじゃがいもに生のローズマリーをちぎったものか、乾燥したホールのローズマリーを加えて和えると、一味違うじゃがいもの付けあわせができますよ。ローズマリーには、消化器系の働きを高める作用や抗酸化作用があるので、美容健康によいハーブとしても重宝されます。また、殺菌効果血行促進、頭皮・髪の毛の改善の効果もあると言われています。

レシピ:『ビタミンCが摂れるシチュー
若返りのハーブ – ローズマリーのホリスティック効果

セージ

セージは、サルビアの仲間で、香りが強いので、臭み消し風味付けとしてお肉料理ととても相性の良いハーブです。特に、豚肉、ラム肉(羊肉)内臓系の食材の調理に適しています。生のセージの葉を刻んでも良いですし、乾燥したものを使っても構いません。セージには抗菌効果があり防腐剤としてソーセージ作りには欠かせないものとなっています。また、セージには油っぽさを和らげる効果もあるため、脂の多い料理に使うことで、爽やかな香を添え、食欲促進する効果があります。その他、炒めものや、ソテーとも相性が良く、ハンバーグ煮込み料理におすすめです。香りの強い野菜豆類との相性も良く、野菜類を使った料理を作る場合には、スープにするととても美味しいです。セージは、長生きのハーブとも呼ばれ、タンニン抗菌作用で、風邪の症状を和らげて、止血、鎮痛などの効果も期待できます。セージには抗酸化作用もあり、アンチエイジングに効果があると期待されます。ハーブティは風邪予防、疲労回復に良いと言われています。

ディル

細くてやわらかな葉を持ち独特な香りがあるディルは、魚のハーブといわれるように、魚介類の料理との相性がとても良いハーブです。乾燥すると香りが失われてしまうので、フレッシュなうちに使いたいですね。フレッシュなディルは、魚介のマリネスモークサーモンなどに使われ、魚介料理のホワイトソースにも使われます。ディルの種は乾燥した後にも強い香りと味があるためピクルスの香りづけのために使われる他、鎮静作用があるので、ハーブティにも使われます。

きゅうりとパプリカのピクルス

シアントロ/香草/コリアンダー

シアントロは、メキシコ料理スペイン料理、そしてタイ料理に多く使われているハーブです。サルサソースにパンチを与えているのがこのハーブです。特徴的なフレッシュなフレーバーが、これらの地域の郷土料理ととても相性が良いのです。シアントロはマグネシウム鉄分食物繊維が豊富で、また、サルモネラ菌にも強く、血圧を下げる働きを持っています。更に、などを食べて体内に蓄積した重金類を排出する機能も備えていますので、魚を香草焼きにするのもお勧めです。

唐辛子

唐辛子は、熱帯のチリペパーから作られる赤く辛い香辛料で、味を楽しむよりも、香りや辛味を楽しむために使われます。インドスリランカ、メキシコなど、熱帯気候の国では、発汗を促すために使われ、韓国など寒冷気候の国では、体を温めるハーブとして多く使われています。唐辛子は、野菜魚介類などほぼ全ての食材と相性が良いハーブです。唐辛子の発汗作用は、脂肪を燃やすことで起こるため、ダイエット効果があるだけでなく、成人病予防にも効果が期待でき、抗酸化作用、アンチエイジング効果、免疫力向上、脳や血行を促す効果もあると言われています。また、痛みが、脳の痛み中枢へ伝達されるのをブロックし、痛みを緩和・解消する効果があるとされるカプサイシンを含んでいるため、例えば、頭痛がしたら直ぐに、唐辛子を水といっしょに飲むと悪化を防ぐことができると言われています。また、食欲を増進し、消化を助け、ガス胃のムカつき消化不良を改善する効果があり、(タン)を抑えてもくれるので、を抑えたり、気管支炎などの改善に効果があると言われています。ただ、刺激が強いので大量に食べると胃や腸の粘膜で炎症を起こす可能性があり、手術後や心臓病のある方やお子さんも摂取を避けた方が良いでしょう。

 

ハーブの使い方-基礎
基本の15ハーブの効能と使い方(1): タイム、パセリ、バジル、オレガノ、ナツメグ
基本の15ハーブの効能と使い方(3): シナモン、クローブ、フェンネル、ターメリック、ペパーミント

 

ソフィアウッズ・インスティテュート - ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.