食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

クライアントさんの肝臓がディープデトックスされました!

AF057_L肝臓(と腎臓)が体内の有害物質を体外へ排出してくれる臓器だってことは、皆さん、ご存知ですよね。

でも、肝臓のデトックスのプロセスには、2段階あるってご存知でしたか?

そして、有害物質が病気を誘発してしまうほど、肝臓に蓄積してしまっている方の場合、有害物質のデトックスの過程で、3種類の不快な症状が表れてくることをご存知でしたか?

有害物質とは

  • 食品添加物残留農薬などの化学物質
  • 水銀やアルミニウムなど毒性のある重金
  • 天然に存在する毒素

などです。

デトックスの第一段階: 

こうした有害物質が腸から吸収されて体中にめぐらない様に、肝臓は有害物質を分解してくれます。これが第一段階のデトックスです。分解できなかった有害物質は、肝臓に蓄積されるか、そのまま体中に運ばれていきます。

デトックスの第二段階:

肝臓が引き受けてくれた有害物質やその残骸を、肝臓から出し、更に、体の外へ排出するのが、第二段階のデトックスです。

肝臓が弱ると

  1. 肝臓が弱ると、有害物質をちゃんと分解(第一段階のデトックスが)できなくなります。
  2. 有害物質は、そのまま肝臓に蓄積されたり、血液に載って体中に運ばれていきます。
  3. 様々な、体の不調となって現れてきます。

主な不調は

  • 副腎や卵巣などで生成されたホルモンは、肝臓で活性化されて初めて機能します。なので、肝臓が弱ると、せっかくホルモンが分泌されても、活性化された状態に肝臓が変換できなくなるので、ホルモンバランスが乱れた時のような症状が現れます。例えば、生理不順やPMS、更年期症状、甲状腺機能低下症、副腎疲労などです。
  • 肝臓は、体内のコレステロールの量を調整してくれています。コレステロールは、飽和脂肪酸から肝臓が造ってくれるのですが、多くなりすぎると造らなくなり、足りなくなると生成するようになります。肝臓が弱ると、この調節機能が働かなくなるので、高脂血症になったり、LDL(悪玉)コレステロールが上昇したりして、心疾患のリスクが高まります。また、善玉コレステロールは、ホルモンの材料になったり、脳神経細胞を守ったりする重要な働きがありますから、不足すると、ホルモンバランスが乱れたり、認知症の心配もでてきます。

クライアントさんのケース

私のところにいらした時の不調はこんな感じでした。

  • 不整脈があり、処方薬を服用している
  • 胆泥があり、LDLコレステロールが標準値よりも高い
  • γGTP値が4年前から標準値よりも高め
  • 白血球数減少、骨量減少傾向
  • 乳良性腫瘍(過去の手術跡で乳腺症あり)
  • 慢性コリ、手足ムクミ、疲労感、耳鳴り
  • 閉経している

単なる体調不良や不調を超えて、病気の段階に入ってしまっています。

肝機能が弱っていることは確かですが、喫緊に改善したい症状もいくつかあるので、様々な方面から食事に取り組んでいただきました。

クライアントさんのプログラム以前の食生活

  • 自分ではほとんど料理をせず、お弁当屋さんやコンビニのお弁当や菓子パン、お菓子類、スーパーのお惣菜が主体でした。
  • 炭水化物の比重がかなり高く、また、加工食品の飲食が多いことも特徴です。
  • ご両親との同居ですが、ご両親共にスーパーのお惣菜&お菓子依存度が高く、幼少の頃から食品添加物の多い食事であったことが容易に推察されます。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラム

彼女のバイオ個性主訴に沿って、食養提案をしました。主な内容は

  • ホリスティックなバランスで食べる
  • バイオ個性にあった食材を多く取入れる
  • 主訴の症状改善に効果のある食材を多く取入れる
  • ストレスにならない程度に、できるだけ、自分で調理する
  • 加工食品を購入する際には、選び方の基準に沿って購入する
  • 週に1日、お弁当を自分で用意する (今では週3日、お弁当を用意できるようになりました。)
  • 土日を有効に使って、作り置きお惣菜などをストックする

すると、3ヵ月が過ぎる頃から、肝臓のディープデトックスの兆しである、ひとつめの不快な症状が出始めました。でも他の理由でも起こる症状なので、最初は肝臓のデトックスが始まったサインなのかどうか半信半疑でした。

それが治まると、ふたつめの不快な症状が出始め、全身に及び、とうとう本日、4ヵ月目の終わり5ヵ月目に入った時、最後の3つめの症状がで始めていることを本人の自覚と共に確認しました。

きっちり3つの症状が揃いましたので、もうこれは、間違いなく肝臓のディープデトックスによるものだと確信しました。

今までのクライアントさんの中でも、断トツに食品添加物の多い食事傾向(子供の頃から)の方でしたので、肝臓にかなりの有害物質が蓄積されていたのだと思います。そのため、ここまで、きっちり不快な症状が出たのだと思います。

でも、これで、

肝臓がディープ・デトックスされましたから、もうしばらくしたら、肝機能が復活してくれるはずです。

  • そうすれば、γGTPの問題とコレステロールの問題が改善を始めるはずです。肝臓がホルモンをちゃんと活性化できるようになれば、骨量減少や乳腺腫瘍の問題も解決へ向かうことと思います。
  • 体から余分な悪玉コレステロールが消え、血管が綺麗になってくれば、心臓の問題も血行不良から起きているコリやムクミも改善を始めることでしょう。

全てはつながっているんですよね。

彼女の主訴が、そして、その原因となっている肝臓の状態が、通常よりも深刻であったことから、デトックスに4ヵ月もかかってしまいましたが、無理矢理に急激なデトックスをさせないのもホリスティックなアプローチを執っているからです。今の生活に負担をかけることなく、あくまでも、体の自己浄化力と体のタイミングに委ねます。

 

とても嬉しかったのと同時に、プログラム期間中に病気改善の確かな一歩が確認できて、本当に安心しました。ほぼ人生の全てを食品添加物と過ごしてきた食事ですから、また、プログラム開始後も生活への負担やストレスを考慮すると、完全に添加物皆無(自己調理100%)にしていたわけではありませんので、デトックスにもっと時間がかかっても不思議はないのです。マイナスからの歩みが、やっとで0地点に立てた感じです。本当に安心しました。

後、残り2ヵ月、歩みを進めて行きたいと思います。

今日は、お天気も良く、気持も良く、素晴らしい結果に、とっても気をよくして、ご報告させていただきました!

 

追伸:
この6ヵ月間のプライベート・ヘルスコーチング・プログラムの後、もう6ヵ月間プログラムの延長をご依頼いただきました。そのプログラムが終了した時には、肝機能はA判定、コレステロール値もA判定になっていました。

追伸:
更にその半年後については、『クライアントさんの不整脈が消えました!』をご覧ください。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.