食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

スティーブ・ジョブスはローテクな親だった!

ニューヨークタイムズに面白い記事が掲載されていましたので、紹介します。世界中の大人や子供をネットやSNSに釘づけにしてしまうプラットフォームを創った張本人が、子育てにおいては、とてもローテクなアプローチをとっていた、しかも、ジョブスだけではなく、著名なIT企業の経営者達の多くが、ジョブス同様に、ローテクな子育てをしているという内容です。

皆さんのご家庭、あるいは、皆さん自身はどうでしょうか?

e0162117_12504580

—————————————————————————————

翻訳シリーズ No. 009

執筆: NICK BILTON、2014年9月10日
翻訳: 森 智世、2015年8月15日

スティーブ・ジョブスがアップルを経営していた時、彼は直近の記事の出来を称えるために、だが大抵は、記事へのダメだしをするために、ジャーナリストを呼びつけることで有名でした。私もそうした電話を何度か受けたものです。しかし、2010年の年末、iPadの欠点について書いた私の記事について、ジョブス氏が小言を言い終わった後に言った言葉以上に私にショックを与えたものはありませんでした。

「きっとあなたのお子さん達は、とてもiPadが好きなんでしょうね。」と私は話題を変えたくてジョブス氏に尋ねました。その時、アップル社の最初のタブレットが大ヒットしていました。「うちの子供達はまだ使ったことがないんだ。家では子供がテクノロジーに接する機会を制限しているんだ。」と彼は言いました。

私は吹き出し、唖然、茫然として沈黙した記憶があります。私は、ジョブス家はオタク天国の様だと想像していました。壁には巨大なタッチスクリーンがあり、食卓テーブルはiPadのタイルでできていて、来客にはまるでチョコレートを配るようにiPodが配られるんだと思っていました。

「まったく違うよ。」とジョブス氏は私に告げたのです。

その後、多くのテクノロジー企業の最高責任者やベンチャーキャピタリストに会いましたが、皆、同様の答えでした。彼等は、子供達がスクリーンに向かう時間を厳格に制限していたのです。しかも、多くの場合、平日の夜は全てのデバイスの使用を禁止し、週末も禁欲的な時間帯を設けていました。

私は彼等の子育てスタイルに困惑してしまいました。というのも、多くの一般の親達は、子供達がタブレットやスマホやPCの輝きに、昼も夜も浸ることを許し、逆のアプローチをとっているように見えるからです。

ハイテク企業のCEO(最高経営責任者)達は、私達が知らないことを知っているのではないだろうか。

ワイヤード(Wired)の元編集者で、ドローン・メーカー3Dロボティクス(3D Robotics)社CEOのクリス・アンダーソン(Chris Anderson) は、 自宅にある全てのデバイスに時間制限機能パレンタルコントロール(保護者が使用を制限できる機能)を設定しています。彼には、6歳から17歳まで5人の子供がいます。

「子供達は、私と妻をファシストと呼び、心配し過ぎだと責めます。友達の誰一人として同じようなルールを課されていないと言うのです。でも、私達はテクノロジーによる危険を真っ先に目にする立場にいます。私は既に自分自身にその危険を見ています。自分の子供が同じようになるのを見たくないのです。」

彼が言う危険とは、ポルノ映像を目にしてしまうことや他の子供達からのイジメ、そして最悪なのは、自分自身同様に子供がデバイス中毒になってしまうことを指しています。

テクノロジー・コミュニケーションとマーケティング企業アウトキャスト・エイジェンシー(OutCast Agency)社CEOのアレックス・コンスタンチノープル(Alex Constantinople)は、 彼女の一番下の5歳の息子が平日、デバイスに触ることを禁止しています。また彼女の10歳と13歳の子供達は、平日30分のみ使うことが許されています。

ブロガー(Blogger)、ツイッター(Twitter)、メディアム(Medium)の創設者エヴァン・ウイリアムズ(Evan Williams)と妻サラ・ウイリアムズ(Sara Williams)は、このiPad時代に、二人の息子達には、いつでも手に取って読めるようにと、百冊以上の本(そう、物理的な本)を与えています。

ハイテク企業の母親と父親は、どうやって子供達にとっての適切な境界線を引いているのでしょうか?

それは、年齢、のようです。

10歳未満の子供は、最も中毒になりやすいことから、平日はまったくデバイスに触らせず、週末には、30分から2時間程度、iPadかスマホを触ることを許可しています。10歳から14歳までの子供には、宿題に必要な場合にのみ平日PCを使うことを許可しています。

「平日には如何なるスクリーンも見てはいけないルールを子供に設けています。でも、子供が大きくなるにつれ、学校でPCが必要な場合には例外ルールをつくらなければなりません。」と、テクノロジー・メディア・リレーション企業サザランド・グループ(SutherlandGold Group)社の創設者でありCEOのレスリー・ゴールド(Lesley Gold)は言います。

何人かの親達は、ティーンエイジャーの子供にソーシャルネットワークの使用を禁止しています。ただ、送信後のメッセージを全て削除してくれるスナップチャット(Snapchat)の様なサービスは例外としている親もいます。こうしたサービスは、子供達がオンラインで言ってしまったことについて、後の人生で困らないよう守ることができるからです。

テクノロジーに明るくない親達が、スマホを8歳にも満たないような子供達に与えている一方で、テクノロジー企業を経営する親達は、子供が14歳になるまで(ティーンエイジャーになるまで)与えません。ティーンエイジャーになると電話をかけたり、メールを送ったりすることを許しますが、データプランは16歳になるまで与えません。

そして、私が統計をとったテクノロジー企業の親達の間で、全員に共通のルールがひとつありました。

「ルールNo.1は、寝室に持ち込ませないこと。」

絶対に。

時間によって、ネット使用を制限する親もいれば、コンテンツごとに子供が行って良い内容を制限する親もいます。

iLikeの創設者で、フェイスブックやドロップボックス(Dropbox)、ザッポス(Zappos)のアドバイザーであるアリ・パルトヴィ(Ali Partovi)は、YouTubeを観たり、ビデオゲームをしたりする「消費時間」と、スクリーン上での「創造時間」を区別する必要があると言います。「子供が絵を描いたり、ピアノを弾いたり、作文している時間を制限しようなどとユメユメ考えもしないのと同じで、コンピュータで何かを創り出している時間、グラフィックアートを創っていたり、ビデオを編集したり、プログラミングしているような時間を制限するのは可笑しなことです。」

またむやみに禁止することは、子供の反抗心を煽るだけで、デジタルモンスターを生み出してしますかもしれないと言う親もいます。

ツィッターのCEOディック・コストロ(Dick Costolo)には、ティーンエイジャーの子供が2人いますが、居間でデバイスを使用する限り、制限を設けていないと言います。時間制限をあまり厳しくすると、返って、子供に悪影響があるのではないかと考えているからです。「ミシガン大学の学生だった時、寮で隣の部屋にいた奴は、コカコーラや他の炭酸飲料をケースで購入し部屋に積み上げていたんだ。後で知ったんだが、彼が子供だった時、親が一度も炭酸飲料を飲ませてくれなかったそうなんだ。もし子供に経験をさせなかったら、後にどんな問題に発展してしまうのか。」

ジョブス氏に、自分が創ったデバイスを子供達に触らせない代りに何を与えているのか聞き忘れてしまったので、ジョブス家で長い時間を過ごしたことのある『スティーブ・ジョブス』の著者ウォルター・アイザックソン(Walter Isaacson)に連絡をとってみました。

「スティーブは、毎晩、本や歴史や様々なことについて話合いながら、夕食を皆で、キッチンの大きなテーブルでとることにしていた。誰もiPadやPCを取り出したりしなかったし、子供達もまったくデバイス中毒になっているようではなかったよ。」

出典: “Steve Jobs Was a Low-Tech Parent“, 9/11/2014, New York Times

——————————————–

スティーブ・ジョブスだけでなく、こうしたハイテク企業のセレブ経営者達がとっているローテク子育てが、科学的にも正しいことを多くの研究者が報告しています。

今年(2015年)10月に精神神経内分泌学ジャーナル(Psychoneuroendocrinology Journal)に発表された論文は、フェイスブックで300人以上の“友達”を登録しているティーンエイジャー(13歳~19歳)のストレスホルモン(コルチゾール)の値は、300人未満のティーンエイジャーと比べて有意に高いことを報告しています。

これは、あくまでも未成年者を対象とした調査結果ですが、大人についても、程度の差はあれ同様のことが言えるかもしれませんね。

また、ティンエイジャーの時に高いストレスに晒された経験のある人は、約11年後うつ病を発症するリスクが高いことが、別の研究者によって報告されています。高校生の時のストレスが、30代になって鬱となって表れるわけですね・・。

更に、フェイスブックを頻繁に使うティーンエイジャーは、ナルシスト傾向(自己愛が強く他者の気持ちへの配慮がない)があり、特にその傾向が強すぎる場合には、攻撃性や反社会的行動など、他の精神疾患のサインが見られることが多い一方で、他者の気持ちに対して、バーチャルな共感を示すことも上手だとのことです。表面的にあたりさわりのないことを、心になくても言える人間になるということでしょうか・・。

また、毎回15分以内にSNSをチェックしないと落ち着かないティーンは、成績が低迷するケースが大学生になっても見られるとのことです。まぁ、もし大人がこれをやったとしたら、その人の仕事の効率性や生産性はかなり低いことが簡単に想像できますよね。

また、ティーンエイジの女子に限定すると、SNSで悩みを打ち明ける頻度が高ければ高いほど、うつ病を発症するリスクが高いそうです。10代の女の子は悩みを解決したくて、SNSに書き込むのでしょうが、皮肉にも、その行為が更なる心の落ち込みを加速させるというのです。その原因として、研究者は、同年代同士だけの会話において共感を得ることはできても、問題の適切な解決につながる建設的な知恵を得ることは難しいからであろうと述べています。

 

こうした影響は、デジタル・デトックスという言葉が生まれるくらいですから、大人においても、様々な影響を感じている人が多くなったということですよね。ましてや発達途上の子供達への影響たるや、想像に難くありません。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.