食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

ビオチン(ビタミンB7)と甲状腺ホルモンの不思議な関係

ビオチンは、ビタミンB群に含まれるビタミンのひとつです。

食品摂取基準

厚生労働省発表によれば、成人の平均必要量を設定するに足りる科学的根拠となるデータがないとのことですが、海外の事例などを鑑み、

成人の目安量: 50μg/日

と設定したとのことです。
限界量も、十分なデータがないために設定しないとのことですが、一日に200μgを摂取しても健康障害は起きなかったという報告があるそうです。

ビオチンの効能

ビオチンは、腸内細菌によって造られるビタミンのひとつです。細胞内のミトコンドリアに蓄積されていると考えられています。また、酵母の成長に必要な成分であることが発見されています。

炭水化物やタンパク質、脂質の代謝をサポート

炭水化物、タンパク質、脂質が、エネルギーとして使用される際、カルボキシラーゼという酵素の働きを助ける補酵素として働きます。エネルギー代謝をしているカルボキシラーゼがちゃんと働くためにビオチンが必要です。

美肌・美髪

ビオチンは、発見された当時、ビタミンHと呼ばれていました。ビオチンが、お肌の健康に重要な役割をもっているビタミンであったために、ドイツ語の「Haut(皮膚)」の頭文字をとって「H」と呼ばれたのです。

ビオチンが不足すると、皮膚炎抜け毛白髪が増えます。

アレルギー症状を緩和

アレルギー症状を緩和する抗炎症作用があります。
ビオチンは、炎症成分であるヒスタミンを体外に排出する機能をもっています。

アトピー性皮膚炎の人の血液中のビオチン濃度が、健康な人の半分以下になっているケースが報告されており、そのため、最近では、アトピー性皮膚炎の治療にビオチンが処方されることがあるようです。

神経の保護(認知症予防、神経痛予防)

ビオチンは、神経を守るサヤ、ミエリン鞘の材料となります。そのため、神経を保護する役割を持っています。

自閉症の少女にビオチンとアセタゾラミド(炭酸脱水酵素阻害薬の一種)を摂取させたところ、知能学習の向上と、の成長を促したことが、専門誌『小児神経学(Pediatric Neurology)』 (2018年2月号) に掲載されています。(参考文献参照)

ビオチン豊富な食品

ビオチンは、食品中、タンパク質中のリシンと共有結合した状態で存在しています。ビオチンとリシンの結合は、調理や加熱によって分解されることはありません。

体内の消化の過程でビオチンが遊離して腸で吸収されます。しかしその過程は食品ごとに異なり、また、いっしょに食べる食品によっても異なることが判っています。

また、卵白の成分アビジンが、ビオチンの吸収を妨げることも判っています。

ビオチン欠乏症

ビオチンが極端に欠乏すると次のような症状が現れます。

  • 乳酸アシドーシス(血中の乳酸値の上昇によって血液が極端に酸性に傾いた状態)
  • リュウマチ
  • シェーグレン症候群
  • クローン病
  • 委縮性舌炎
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 憂うつ感
  • 老化現象
  • 傷の治りが遅い
  • 不整脈
  • 慢性疲労

ビオチンの過剰摂取による副作用

可食部100g中に100μg以上のビオチンを含む食品は、内臓肉と舞茸以外には現在存在していませんので、普通に食事をすることで、ビオチンを過剰に摂取してしまう心配はありません。

もちろんサプリメントを使う場合には可能です。

今回は、そんなビオチンの過剰摂取によって起こった不思議な現象についてお伝えします。(参考文献参照)

過剰摂取と言っても、自己判断によるものではなく、治療の一環として医師の指導の下に行われた多量摂取での出来事です。(なお、開示されている論文中に使用されたビオチンの量についての記載はありませんでしたが、多量摂取させた後の被験者の血清中のビオチン量が、1リットル当たり32μgから1,160μgだったとの記載がありますから、少なくとも1,160μg以上の摂取が行われたのではないかと推察します。)

米国カリフォルニア州サンディエゴで開催された医療学会で報告された事例ですが、多発性硬化症MS)の治療のために多量のビオチンを処方されていた女性の甲状腺ホルモン値が急上昇(甲状腺中毒症)したことが、報告されました。しかし、不思議なことに彼女に、橋本病グレイブ病などの甲状腺の病気の症状は現れませんでした。

多発性硬化症は、有髄神経の髄鞘(ミエリン鞘)が自己免疫によって障害される(脱髄)疾患です。多発性硬化症の患者を対象とした複数の臨床研究で、ビオチンの多量摂取によるミエリン鞘の形成促進とエネルギー代謝の改善が報告されているため、多発性硬化症の患者にビオチンを処方する方法は、特に米国の医療現場で用いられることが多くなっています。

彼女にも、ミエリン鞘の形成のために、ビオチンが処方されていました。

その後の彼女の血液検査の結果は

  • TSH値: 0.032 uIU/ml
  • 遊離T4値: 7.8 ng/dl

でした。(TSH、遊離T4の説明については、『甲状腺機能低下症の予防と改善(1) – こんな症状ありませんか?』をご参照ください。)

血中の甲状腺ホルモンの量が甲状腺機能亢進症と同じくらいに急増しているのが分かります。

甲状腺ホルモン値が高くなると、体内の全てが早送りになるような感じでスピードアップした症状が現れます。

  • 不安症
  • 情緒不安
  • イライラ
  • 不眠
  • 動悸(頻脈症)
  • 下痢
  • 発汗
  • 体重減少
    などです。

しかし、今回のケースでは、彼女には、そうした甲状腺機能亢進の症状は現れていません。そのため彼女は偽性甲状腺機能亢進症と診断されました。

主治医の判断で、ビオチンの摂取を3日間中断したところ、甲状腺ホルモン値は正常の範囲に戻りました。その後、ビオチンの摂取を再開すると再びTSHと遊離T4の値が急上昇し、止めると再び正常に戻りました。

ビオチンが甲状腺ホルモンの増加に関与していることが判ります。が、なぜこのような現象が起こるのかは分かっていません。

甲状腺ホルモン過剰なのに甲状腺機能亢進症の症状がない理由:

甲状腺ホルモンの約20-25%は、腸内で造られます。そのため、腸内環境が悪化していたり、腸に問題がある場合には、甲状腺ホルモン値は当然低くなります。

ビオチンを多量摂取したことで、腸内環境がよくなり、甲状腺ホルモンの産生が促され、遊離T4が急増したものと考えられています。

しかし遊離T4は、いくら増加しても、T3に変換されなければ、細胞が活用することはできません。残念なこと?に、ビオチンは、そのどちらにも関与していません。

そのため、ビオチンが、遊離T4値を急増させることはできたとしても、

  • T3は増えませんし
  • それを細胞内に取り込み実際に活用させることもできないので、

甲状腺機能亢進症の症状が現れなかったのだと考えられます。

多発性硬化症の治療のためにビオチンが処方されたら

この事例から、ビオチンが甲状腺ホルモンの血中濃度を上げることがわかります。そして、ビオチンと甲状腺ホルモンの関係を示唆する報告は、このケースだけでなく過去にも複数なされています。

多発性硬化症の治療のために多量のビオチンを処方されている方は、にこうした副作用があることを事前に知っておくと、慌てずに対応できるように思います。

現在のところ、多発性硬化症に効果があり、かつ、甲状腺ホルモン値を上昇させない、安全なビオチン量については不明です。

 

なお、市販されているビタミンB群のサプリメントに含まれているビオチンの量では、こうした作用は起きませんのでご心配なく。治療目的で多量摂取した際に起こる事例です。

美肌と美髪の素となるビオチンですから、気にせず、ビオチン豊富な食品を食べてくださいね。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.