食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

ビタミンB12の多い食品

B12

ビタミンB12の食物摂取基準

成人: 推奨値は、1日2.4μgです。上限値はありません。

食事一回で2μg 以上のビタミンB12 を食べると、体内への吸収が飽和してしまうため、それ以上のビタミンB12 を摂取しても生理的には吸収されなくなります。

ビタミンB12豊富な食品ビタミンB12の多い食品

画像の中で、「1個」とか「1切れ」など、吹き出しで記載されているのは、各食品が1日の推奨値を満たす量です。ビタミンB12の体内吸収率は約50%なので、この量の2倍食べておくと安心です。

ビタミンB12の欠乏症

ビタミンB12で心配しなくてはいけないのは、欠乏症です。欠乏症になると悪性貧血が起こります。ビタミンB12は「造血ビタミン」と呼ばれていて、赤血球の生成や再生に関与しています。また、ビタミンB12は肝臓に貯蔵されていますので、鉄分不足による貧血よりもビタミンB12不足で起こる貧血の方が悪性です。貧血以外にも、胃腸障害頭痛倦怠感舌の炎症が現れてきます。

また、ビタミンB12は、神経にも関与しているビタミンなので、不足すると中枢神経や末梢神経に障害が現れてきます。そのため、ビタミンB12は、「ボケ防止ビタミン」とも呼ばれています。50 歳以上になると、萎縮性胃炎などで胃酸分泌が低くなる人が多くなるため、食品中に含まれるビタミンB12 の吸収率が減少してきます。加齢によって体内ビタミンB12 の貯蔵量自体が減少することに加え、ビタミンB12 の吸収不良によって栄養状態が低下すると、神経障害(認知症など)を起こすリスクが高まると報告されています。

食品中のビタミンB12 の吸収率はおよそ50% しかありません。ビタミンB12を多く含む食品は、ほとんど動物性食品ですから、ベジタリアンやヴィーガンの方は、気をつけて、ビタミンB12を多く含む唯一の植物性食品である、海苔などを食べるようにしてほしいものです。

 疑似ビタミンB12について

ビタミンB12のサプリメントの潜在毒性

マルチサプリメントに使用されているビタミンB12には、シアノコバラミンという化学物質が使用されていることがほとんどです。このシアノコバラミンは、体内で青酸カリコバラミンに分解され、コバラミンは更にメチル化されて、初めて、私達の体が活用できる状態になります。

ここで生まれる副産物の青酸カリは、ご存知、毒物です。もちろん、致死量がサプリメントに入っているわけではありませんが、微量であっても、青酸カリを体内で発生させるようなものを、体内に入れない意識が大切です。

安全なビタミンB12のサプリメント成分

もし、悪性貧血の治療などの目的で、ビタミンB12を摂取するのであれば、

  • メチルコバラミン
  • ヒドロキシコバラミン
  • アデノシルコバラミン

と、いずれかの記載のあるものを購入するようにしてくださいね。これらは青酸カリにはなりません。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

メールマガジンにご登録で、統合食養(ホリスティック栄養)学冊子を進呈(無料)。
ご登録は、こちらから。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

参考:
 疑似ビタミンB12について
なぜ私はマルチサプリメントを飲まないのか

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.