食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

カリウム豊富なフルーツガイド(春~初夏)

フルーツには様々な効能、特に抗酸化作用・アンチエイジング効果があります。その効能の多くは、果物の風味や香りの素となっているフラボノイドポリフェノールによるもので、各フルーツ特有のものが多いですね。

また、他の食品に比べて、カリウムが多いことも特徴的です。

フルーツガイド

この表は、果物をカリウムの含有量で並べています。

カリウムは体内の水分代謝を調整してくれるミネラルです。そのため、腎臓の機能を助け、ムクミの解消高血圧の予防・改善に効果があり、結果として循環器(心臓、血管など)の健康につながります。また、糖尿病の方の多くが腎不全を起こすことを考えると、糖尿病による諸症状の改善や予防にも役立つと考えられています。

カリウムの摂取基準は、女性1日2,000mg以上、男性2,500mg以上です。上限はありません。かなりの量ですから、野菜と共にフルーツからも賢く十分に摂りたいですね。

また、ビタミンCが豊富な果物に☆マークをつけています。免疫力向上美肌効果などが期待できます。

参考:『ビタミンCの多い食品

表中のフルーツを旬を迎える季節ごとにグループ分けして、それぞれに含まれるフラボノイドやポリフェノールによる効能についても簡単に記載しました。こうしてみると、旬のフルーツには、その季節に多く現れる不調を改善してくれる効能をもっていることがわかります。

——

バナナ: (輸入のため一年中)白血球の働きを活性化。がん予防。高血圧予防。ビタミンB群も多く代謝促進。ほとんど脂質なし。

春

 

いちご: (4月-5月)抗臓器炎症効果のある抗酸化物質が豊富。動脈硬化予防。悪性腫瘍の増殖予防。

苺の意外な効能

グレープフルーツ: (4月-5月)リコピンナリンゲニンと呼ばれる抗酸化物質(フラボノイド)が豊富。がん予防。ペクチンと水溶性食物繊維がコレステロールを低下。

春-夏春夏

 

マンゴー: (3月-8月)ルテンゼアキサンチンと呼ばれる抗酸化物質が豊富。視力を守り、盲目となるリスクを軽減する。熟したものはデザートとして、未熟なものはサラダに。

世界三大美果 - マンゴー

夏みかん: (4月-6月)ビタミンCの効能を強め助けるビタミンPが多い。毛細血管強化。毛細血管が弱まって起こるシミの予防に効く。また、その漂白作用で、シミなどの色素を還元して、色白に。美白効果。

メロン: (5月-8月)メロンのオキシカイン(抗酸化物質:ポロフェノール)は、体内の活性酸素を抑える「SOD酵素」を活性化させるので、ガンの発生や進行抑制、アンチエイジングや、脳や肝機能を活性化する効果があると期待されている。乳酸を減少させる作用も確認されている。

パパイヤ: (5月-8月)パパインと呼ばれる酵素を含む。消化を助ける。免疫機能強化。抗臓器炎症予防。健康な皮膚の維持。黒い種はスパイスとして使用可。黒胡椒のような刺激。

さくらんぼ: (6月-7月)メラトニンが豊富。臓器炎症の軽減。リウマチと痛風の軽減。加熱するとビタミンCはほとんど失われる。

メラトニンが豊富な宝石フルーツ – サクランボの5つの効能

びわ: (6月)フルーツの中でも特にβカロテンが豊富。鉄分、ビタミンB群なども含む。風邪の症状緩和に。葉も花も咳止め、鼻水止め、鎮痛剤として薬用効果がある。

パイナップル: (6月-8月)ブロメラインという酵素を含む。タンパク質を分解し、消化を助ける。血栓予防。がん予防。傷の治癒

ブルーベリー: (6月-9月)老化予防に効果のあるアントシアニン(抗酸化物質)が豊富。パーキンソン病とアルツハイマー病予防に効果。

ブルーベリーは心にも良い効果

晩秋-冬-春-初夏秋冬春夏

 

キウイ: (11月-7月)骨・軟骨・歯・歯茎の成長と維持。血中中性脂肪の低下。美肌効果、風邪予防。タンパク質分解酵素であるアクチニジンを含むので、肉料理に使用したり、肉料理のつけあわせのサラダとして。

遺伝子の番人 – キウイフルーツ

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考:
カリウム豊富なフルーツガイド(夏)
カリウム豊富なフルーツガイド(秋)
カリウム豊富なフルーツガイド(冬)
体脂肪を真剣に落としたい人のための真面目なフルーツ

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.