食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

お弁当をホリスティック栄養学的に詰めてみる

健康への近道は、自分で料理をすることです。

自分で料理をすることで、食品添加物を避けることができます。それだけでも十分に健康的です。

食材だけでなく、調味料の量も種類も、その時の体調に合わせて自分で決めることができます。

皆さんは、どんなバランスでお弁当を詰めていますか?

こんな感じでしょうか?

2段のお弁当箱なら、ひとつはご飯。もうひとつにお野菜とお肉や魚などを詰めるのが一般的なように思います。

 

 

 

一段だとこんな感じでしょうか?半分くらいにご飯で、残り半分にお野菜とお肉類でしょうか。

両方とも比率で表すと

 

 

炭水化物 : タンパク質 0.5 : 野菜&果物 : 0.5
(ご飯の量を「1」とすると、お肉類と野菜等は半分づつの量)

または

炭水化物 : タンパク質 0.75 : 野菜&果物 : 0.25 
(ご飯の量を「1」とすると、お肉が3/4で、野菜は1/4の量)

な感じですよね。

 

でも、統合食養(ホリスティック栄養)学がおススメするお弁当のバランスは、ちょっと、ちがいます。

統合食養(ホリスティック栄養)学的なバランスでお弁当を詰めた場合の例をご覧いただけます。なお、お肉やお魚ではなく、植物性のタンパク質(お豆類や豆腐など)を使った場合で量などの目安を記載しています。

「なぜこのバランスなのか」については、プライベート・ヘルスコーチング、または、マインド・ボディ・メディシン講座の中でお話しています。ちゃんと理由があるんですよ。

  • ご入力いただいたメールアドレスに、PDFダウンロード用のURLをお送りいたします。
  • PDFが表示されましたら、「保存」してください。
  • ダウンロードは無料です。


 

【ご入力いただくメールアドレスについて】
ご入力いただいたメールアドレスには、ソフィアウッズ・インスティテュートからの月刊ニュースレターが送信されます。許可なく第三者に提供されることはありません。

【著作権について】
著作権法第30条に規定する私的使用以外の目的で、これらのコンテンツの一部または全部を複製あるいは利用することはできません。ご利用をご希望の方は、こちらをご覧の上、所定の手続きをお願いいたします。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.