食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

メディカル精油 – 東方の三賢人からの贈り物

1ヵ月ほど前の1月6日は、エピファニーでした。日本語では公現祭、顕現日などと呼ばれ、キリストの誕生後12日目に東方の三賢人が贈り物を携えてやってきた日のことです。

現代的には、エピファニーはクリスマスの最終日で、クリスマスの飾りつけなどを片付ける日です。

今頃、クリスマスの話ですか!?と思いました?(笑)

確かに、今頃、エピファニーの話をするのは、旬を逃したような気もしますが、三賢人がキリストに贈った贈物の乳香と没薬の効能が、この季節を過ごすための役に立つと思いましたので、取り上げることとしました。Epiphany, 700px-Stamps_of_Germany_(BRD)_1972,_MiNr_749

新約聖書(マタイ伝2:11)には、

「そしてその家にはいって、母マリアとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金乳香(にゅうこう)没薬(もつやく)を贈り物としてささげた。」

と書かれています。

乳香(にゅうこう)はフランキンセンス、没薬(もつやく)はミルラのことです。乳香(フランキンセンス)と没薬(ミルラ)は、神に捧げる香りとして神殿などで用いられ、黄金に匹敵する貴重な香りでした。

そして、黄金は『偉大な商人』の象徴、乳香は『偉大な預言者』の象徴、没薬は『偉大な医者』の象徴です。三賢人は、キリストがどれを好むかを試し、キリストは乳香-フランキンセンスを選びました。

フランキンセンス

(旧約聖書の出エジプト記30:34、レビ記2:1、2:15、雅歌3:6、新約聖書マタイ伝2:11)

乳香樹からとれる黄褐色の半透明な樹脂です。furannkin

日本語で乳香と呼ばれるのは、時間が経つと表面が白く粉が吹いたようになるからとか、水に入れると水が乳白色になるからとか、諸説あるようです。英語のフランキンセンスは、率直あるいは正直を意味するフランク(Frank)と香りを意味するインセンス(incense)を併せた言葉で、「真の香り」という意味を持っています。

心ケア

フランキンセンスとミルラは、アロマオイル用のディフューザーを使うことができます。水1リットルに対して3-5滴混ぜるだけで4-5時間もちます。

フランキンセンス精油は、瞑想に用いられることが多いのですが、脳の松果体を刺激し、心を落ち着ける作用があり、深い呼吸を可能にします。部屋中にディフューズさせたフランキンセンス精油を肺深く吸いこむことで、精神の落ち着きをもたらすだけでなく、体のストレスも解消してくれますよ。

特に、過去の出来事によって前向きな気持ちがもてない時や、仕事や試験などのプレッシャーによって体が緊張している時、不安な気持ちを解消して、心も体も平常に戻してくれますよ。

春までもう少しのこの時期、心が沈んでしまう人が多い季節です。そんな時にお勧めです。

体ケア

フランキンセンスは、精油としても購入できますが、粉末でも購入可能です。そしてサプリメントとして食べることもできるんですよ。

1.痛み止め

フランキンセンスは、医療用に用いられる時、ボスウェリア(boswellia)と呼ばれます。胃痛薬成分セレブレックスや頭痛薬成分イブプロフェンと似た作用もっているので、そうした効能を謳ったサプリメントなどに使われています。

リューマチ痛は、炎症で軟骨組織が破壊されることで起こるのですが、その炎症をフランキンセンスの成分が抑制することが判明しており、結果、リューマチ痛を緩和してくれます。乳香樹が自生している北アフリカとアラビア半島の一部地域では、古来より、民間療法として、フランキンセンスを関節痛の緩和に用いてきたそうですが、その効果が現代で証明されたわけですね。

冬は関節が痛む季節です。それに日本は2月が一番寒いと言いますので、この季節のためのような精油ですね。

2.抗がん作用

2013年にAKBA (アセチル-11-ケト-ベータ・ボスウェリア酸)を調べた研究者は、ボスウェリアが、試験管試験で卵巣癌細胞の成長を抑制したと報告しています。

その後の研究でも、フランキンセンス精油が、膀胱がんの回復に効果があったことを報告しています。この研究者は、「フランキンセンスは、膀胱がん治療に必要な治療薬となるかもしれない」と述べています。

3.感染症・虫歯予防

フランキンセンス精油は、ブドウ球菌カンジダ菌や他の感染症の原因となる菌によるバイオフィルムを除去する効能があることも様々な研究者が報告しています。

虫歯菌歯周病菌にも効きます。

4.呼吸器の健康

フランキンセンスは粘膜に対して、とても効果的に働きます。

肺を浄化して呼吸を楽にしてくれるので、炎症による喉の痛み、鼻水など、呼吸器の不調による諸症状の緩和におすすめです。風邪だけでなく、花粉症などの症状の緩和にも期待できますね。

5.ホルモンバランスの改善

子宮を強くしてくれます。子宮の収縮に関与しているので、出産後の子宮の鎮静出血の軽減マタニティーブルーにも効果があります。また、月経過多にも効きますよ。

美肌ケア

古代エジプト人は、フランキンセンスを「若返りの精油」として、美肌パックにつかっていたそうですよ。

お肌のタルミの引締めやシワの予防と改善、皮脂分泌のバランス、肌荒れ予防と改善などに効果があるので、キャリアオイル約30mlに1-2滴まぜて、洗顔後や入浴後に使います。

ミルラ

(旧約聖書創世記37:25、出エジプト記30:23、エステル記2:12、詩編45:8、新約聖書マタイ伝2:11)

ミルラは、ソマリア原産のミルラの木から採れる樹脂です。ミルラという名前は、ヘブライ語で「苦い」という意味があります。キリストへの贈り物として贈られたことで、キリストのその後の人生が「苦い」ものになることを暗喩していたのではないかとも言われています。ミルラ

古代エジプトでは、太陽神の神殿の太陽崇拝の儀式として、1日に3度、香が焚かれ、ミルラは正午に焚かれる香りでした。今でもカトリック教会では礼拝の際にミルラが焚かれます。

旧約聖書(詩編45:8)には

「あなたの着物はみな、没薬、アロエ、肉桂(カッシア)の香りを放ち、象牙の館から聞こえる緒琴はあなたを喜ばせた」

と書かれています。ちなみに「あなた」というのは「神」のことです。

また、古代エジプトでミイラを作る際には、内臓を取り出した後に、ミルラの殺菌作用を利用し、ミルラやシダーウッドを詰め、腐りにくくしていました。「ミイラ」はミルラが転じた言葉だと言われています。古代ギリシャでも、兵士たちは戦場にミルラを持って行き、傷の止血化膿止めに使用していたそうですよ。

キリストが、十字架はりつけのためにゴルゴダの丘に連れていかれた際にも、ミルラを混ぜたワインがキリストに渡されています。(が、キリストは飲まなかった)(新約聖書マルコ伝15:23)

こうしたことからも、当時から感染症予防のためにミルラが使われていたことが推察されます。

a7c01e33507cf2c321da7e947b96bd44またギリシャ神話では、ミルラの樹脂は、王女ミュラの涙とされています。

ミュラは絶世の美女でした。ミュラの母親は「私の娘は、アフロディテ(ヴィーナス)よりも美しい」と自慢し、そのことがアフロディテの怒りにふれ、アフロディテは、ミュラに呪をかけてしまいます。呪いをかけられたミュラは、実父を愛してしまい、実父を欺き関係をもちます。そのことに気付いた父親はミュラを殺そうとしますが、周囲がミュラを逃亡させます。砂漠を彷徨って、正気に戻ったミュラは、神々に許しを請い、神々はミュラをミルラの木に変えました。ミルラの木になった後もミュラは涙を流し続け、その涙がミルラの樹脂だと言われているのです。

ちなみに、その時、ミュラは既に身ごもっており、ミルラの木が割け生まれたのが、美少年アドニスです。アドニスは、その後、アフロディテに愛されることになります。恐るべしアフロディテ。全てを奪います。『母親はアフロディテ、娘はプシュケ

実は、現代のミルラのほとんどは、樹皮にわざと傷をつけて商業的に樹脂を採取したものばかりですが、乾燥によって樹皮が自然に裂けて滲み出したものが最高級とされスタクテスと呼ばれます。

注意: ミルラには子宮を刺激する作用があるので、妊婦さんは早産や流産のリスクとなりますので、使用しないでくださいね。

心ケア

やる気がでないとか、クヨクヨしてしまうとか、うつの様な症状の改善に効きます。心を軽くしてくれますよ。

なお、ミルラをディフューザーで使用する際、フランキンセンスと違い、ミルラを直接加熱してはいけません。ものすごく嫌な臭いとなってしまいます。

体ケア

1.感染症予防

ミルラ精油を傷口に直接塗りこみます。または、ミルラの粉末を水で練ってペイスト状にして傷口に塗っても効果があります。傷の大きさにもよりますが、ちょこっと指を切ったくらいであれば、2日もすれば治ってしまいますよ。

この殺菌作用によって、足や脇の臭いの消臭作用もあります。

2.悪玉コレステロールの減少

悪玉コレステロールを低減させることが判明しているググルステロン(甲状腺作用をもつ植物ステロイド)がミルラに含まれています。そのため、ミルラを飲用することで、中性脂肪やLDLコレステロールを減少させる効果が期待できます。

ただし、ググルステロンには、血を薄くする作用があるので、アスピリンやワーファリンなど、血液をサラサラにする効果のある医薬品やNSAIDs(非ステロイド性解熱鎮痛剤)との併用は避けてくださいね。

血液をさらさらにしてくれる食べ物

3.呼吸器系粘液の減少

痰や鼻水など、呼吸器系の粘液過多による不調を改善します。なので、喉が乾燥して起きる咳には逆効果です。

4.口腔内と歯茎の健康

口内炎歯肉炎歯周病口臭予防と改善に効果があります。

5.抗がん作用

昨年(2015年)発表された研究では、発がん予防成分であるシクロアルタン型トリテルペノイドがミルラに含まれていることを発見し、試験管試験では、前立腺がん細胞を死滅させたと報告しています。

美肌ケア

古代エジプト人はフランキンセンス同様に、ミルラでも美肌パックを作っていたそうです。特に、お肌の老化防止アンチエイジングに効くと言われています。

また、肌荒れ吹き出物湿疹ただれひび割れなどの改善に効果があります。

 

キリストが誕生してから2016年経ちましたが、誕生の日に贈られた精油は、現代になって、やっとで科学的にその効能が証明されてメディカル精油として認知されてきました。聖書に出てくるくらい太古の昔、2000年以上前の古代の人々が、こうした効能を既に知っていたという事実に驚くばかりです。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.