食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

メロンは苦い方が良い?

メロンの旬は初夏です。

温室メロンは通年栽培されているので特に旬というものはありません。
また、輸入ものの6割以上は、メキシコ産です。

国産の露地物は4月頃から出回り始め、品種や地方にもよりますが、最も多く出回る旬は、5月から7月です。1431341366558

ところで、苦いメロン、または、メロンの苦い部分を食べたことってありますか?
私はあまり記憶にないのですが、

メロンに限らず、キュウリやスイカなどウリ科の果物ヘタに近い部分を食べた時に、苦味があることがあるのだそうです。

確かにキュウリのヘタに近い部分には苦味というよりも渋味がありますよね。だからヘタを切りおとした後、本体と切り口同士を少し擦り合わせ、白い泡のようなもの(渋味成分)を出してから使うように習いますよね。

これは、ウリ科特有の「ククルビタシン」と呼ばれる成分なのですが、普通は含有量が少ないので、それほどの苦味を感じません。でも、ウリ科の果物が若すぎたり、熟しすぎたりすると多く発生して、苦味が感じられるのだそうです。

この成分を通常でも多く含んでいるのがゴーヤです。

生産者さんによれば、「メロンが苦い」という苦情が時々あって、返品・返金に応じられているところもあるようです。

でも、実は、この「ククルビタシン」、食べた方が良い効能があることが近年発見されてきました。

ククルビタシンには、何十種類もあるのですが、
キュウリに含まれているククルビタシンCとメロンに含まれているククルビタシンEには、抗がん作用抗炎症があることが報告されています。

ククルビタシンEの効能

各研究成果については記事の最後の参考文献をご確認くださいね。

脳細胞保護・認知症・脳炎予防

  • 脳の中枢神経における自己免疫疾患の細胞において、ヘルパーT細胞マクロファージの挙動を制御し、脳炎の誘発を阻止
  • パーキンソン病特有の有毒成分から脳の神経細胞を保護し、リソソームによる貪食の劣化を抑制(リソソームの食欲を旺盛にしてくれる)

リソソームは、他の免疫細胞や肝臓や腎臓によっても無毒化しきれなかったり、排除し切れなかった有害物質を、自己の内部に取り込むことで、体内の浄化をしてくれている細胞です。まるで体内の放射性物質の最終処分場のような役割を果たしてくれている細胞ですね。だから、リソソームの食欲が旺盛になるということは、それだけ、積極的に体内を浄化してくれるということになります。でも・・・

近年、他の臓器が分解・解毒できずに、リソソームが自己の内部に取り込んでくれた有害物質の蓄積が老化(と、老化による病気)のひとつの要因となっていることが判ってきました。蓄積度合いによって老化の顕れ方に個人差が生まれるそうです。ですから、いくらリソソームが引き受けてくれるからと言って、体内で分解・解毒できないような化学物質(食品添加物など)を無頓着に体内に入れ続けていると、そのうちにリソソームにも限界がくるし、そうなれば早く老ける早く死ぬってことですね。

良いニュースとしては、近年、リソソームの中に溜まった有害物質を分解できるかもしれない微生物(バクテリア、細菌)の研究が進められているそうです。

がん予防

  • 肺がん細胞(95D)を不活性化し、増殖を抑制し、アポトーシス(細胞死)を誘発
  • 毎日40g以上のメロン、スイカまたはパパイヤを食べている女性は、そうでない女性と比較して乳がん発症リスクが38%低下
  • その他、試験管試験ですが、白血病、卵巣がん、前立腺がん、すい臓がん、肝がんなどの細胞の増殖を抑制

関節リュウマチの予防と改善

  • ヒトの骨膜細胞で、腫瘍壊死因子αによって引き起こされる炎症性サイトカインの発生を抑制(関節リュウマチ治療薬としての可能性が期待されています)

 

どうです?
苦いメロン、返品せずに、食べてみた方が良さそうじゃないですか?(笑)

苦すぎるのはNG

ただし、同じウリ科でも、ヘチマユウガオひょうたんズッキーニなどで、特に苦味の強いものを食べた時に、食中毒(おう吐や下痢等)が発生したという報告もあります。なので、

  • ヘチマひょうたんなど、そもそもあまり食用にしないウリ科のお野菜については、やっぱり食べない方が無難なように思います。
  • ユウガオカンピョウ(乾瓢)の原料ですが、やはり、先人の知恵が教えてくれるように、ユウガオはそのまま食べるのではなく、カンピョウなどに加工してから食べると安全なのでしょうね。
  • メロンキュウリズッキーニは、あまりに苦すぎるものは、食べない方がいいかもしれませんね。

何事も過ぎたるは及ばざるがごとしですね。

ほどほどに苦いものはOK

苦味を我慢して食べるほどのことじゃないけれど、

ククルビタシンは、耐熱性なので、ちょっとくらいの苦味のメロンなら、返却してしまう前に、「ほどほどに苦いものは、食べた方が返って健康に良い」と、思って、黒砂糖といっしょにジャムにしたり、ソースにしたりすれば、美味しく食べられるように思います。

メロンには、ククルビタシン以外の他の効能もあるんですよ。

メロンの他の効能

高血圧予防・改善

メロンのカリウム含有量は、果物の中では、バナナの次に多い、堂々の2位なんですよ。

カリウムは、体内からナトリウムを排出してくれるので、塩分の摂りすぎで高血圧を起こしている人にメロンは効果があります。フルーツガイド

カリウムの多い食品

ムクミ解消

ナトリウムといっしょに細胞の浸透圧を調整し、水分代謝を高めてくれるので、ムクミの解消に効果が期待できます。

骨粗鬆症予防

カリウムは、カルシウムが体外へ流出してしまうことを抑制してくれるので、骨粗鬆症予防になると言われています。反対に、ナトリウムはカルシウムの体外排出を促すので、塩分の摂りすぎは、高血圧だけでなく、骨粗鬆症のリスクも高めてしまうんですよ。

筋肉痛の緩和

カリウムは、筋肉の収縮と弛緩が正常に働くことも助けます。
また、ビタミンAビタミンCが筋肉痛の緩和に効きます。

furano_main美肌・美髪・視力維持・免疫力向上、呼吸器の健康

他の果物に比べたら、βカロテン含有量の順位は低いのですが、それでも可食部100g中140μg含有しているので、十分、βカロテンが多い果物と呼んでよいと思います。特に、赤実のメロンにはより多くのβカロテンが含まれています。

βカロテンは、粘膜を強化保護してくれる成分なので、粘膜と関わりの深い臓器や機能の健康維持に欠かせません。

その他

メロンにはククミシンというタンパク質分解酵素が含まれているので、お肉などといっしょに食べると消化を助けてくれます。生ハムにメロンというのは、理に適ったお料理ですね。

divider

こんな話、もっと詳しく、学びたいと思いませんか?

マインド・ボディ・メディシン講座

詳細とお申し込み

divider

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

参考文献:

  1. Cucurbitacin E induces cell cycle G2/M phase arrest and apoptosis in triple negative breast cancer”, Kong Y, Chen J, Zhou Z, Xia H, Qiu MH, Chen C, PLoS One. 2014 Jul 29;9(7):e103760. doi: 10.1371/journal.pone.0103760. eCollection 2014.
  2. Cucurbitacin E Potently Modulates the Activity of Encephalitogenic Cells”, Jevtić B, Djedović N, Stanisavljević S, Despotović J, Miljković D, Timotijević G, J Agric Food Chem. 2016 Jun 22;64(24):4900-7. doi: 10.1021/acs.jafc.6b00951. Epub 2016 Jun 8.
  3. Cucurbitacin E induces caspase-dependent apoptosis and protective autophagy mediated by ROS in lung cancer cells”, Ma G, Luo W, Lu J, Ma DL, Leung CH, Wang Y, Chen X, Chem Biol Interact. 2016 Jun 25;253:1-9. doi: 10.1016/j.cbi.2016.04.028. Epub 2016 Apr 20.
  4. Cucurbitacin E inhibits TNF-α-induced inflammatory cytokine production in human synoviocyte MH7A cells via suppression of PI3K/Akt/NF-κB pathways”, Jia Q, Cheng W, Yue Y, Hu Y, Zhang J, Pan X, Xu Z, Zhang P, Int Immunopharmacol. 2015 Dec;29(2):884-90. doi: 10.1016/j.intimp.2015.08.026. Epub 2015 Oct 9.
  5. Cucurbitacin E has neuroprotective properties and autophagic modulating activities on dopaminergic neurons”, Arel-Dubeau AM, Longpré F, Bournival J, Tremblay C, Demers-Lamarche J1, Haskova P, Attard E, Germain M, Martinoli MG, Oxid Med Cell Longev. 2014;2014:425496. doi: 10.1155/2014/425496. Epub 2014 Dec 9.

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.