ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

人生最良のチャプター(章)を計画する

“Life is like a book.
Some chapters are sad, some are happy, and some are exciting.
But if you never turn the page,
you will never know what the next chapter holds.”

「人生は一冊の本のようだ。
ある章は悲しく、ある章は幸せで、またある章はエキサイティングだ。
しかし、ページをめくらなければ、次の章に何があるのかは分からない。」

20世紀初の哲学者ルドルフ・シュタイナーは、人生は7年ごとに新しいチャプター)を迎えると考えました。

人生の各チャプター(章)には、その年齢におけるテーマ(課題)が存在し、次のチャプター(章)に進むための準備となっていると考えました。

20歳になったり、結婚をしたり、新しい仕事に就いたり、子供が大学入学のために巣立っていったり、離婚をしたり、こうした出来事は、全て、人生の新しい章の始まりを意味しています。

年齢: 0-7歳

身体と精神の発達が起こるチャプター(章)です。あなたの性格や価値観もこの時に形成されていきます。あなたはスポンジのように全てを吸収します。自分自身、他人、世の中に対する見方が作られ、物事に「良い」「悪い」というレッテルと貼りはじめます。「安全」か「危険」かのレッテルも貼っていきます。

年齢: 7-14歳

どんな風になりたいかというお手本となる人物を探し始めます。同時に、前のチャプター(章)で形づくった価値観の精査も行われ、教えられたことの意味を理解し始めます。頭で理解したことと、実際の経験とを関係づけることも行われます。

年齢: 14-21歳

自立のチャプター(章)です。同時に自分が属する社会的なネットワーク(つながり)を作りはじめます。関心のある事柄について更に探求を深めたり、異なる人格を演じてみたりする時期です。感情が優先され、むやみに劇的だったり、情熱的になりがちです。親などの保護者や権威ある存在と、あなたの自立や自主性について、力の押し合いとなりがちな年齢です。

年齢: 21-28歳

法的に成人です。大人としての判断が求められます。あなたの意識はキャリアや成功(社会の中でどのようにやっていくのか)に向けられてきます。とてもエキティングな人生のチャプター(章)となるのが普通です。あなたは自立し、多くの困難に直面していきます。「自分」を確立するのが、このチャプター(章)です。

年齢: 28-35歳

キャリアをある程度作り上げるチャプター(章)です。20代での経験から学んだあなたは、自分のことをよく分かっていると感じます。人生のパートナーを探し始めるのもこのチャプター(章)で、自分自身の家族をスタートします。「人生を謳歌している」という感覚をもつことが多いチャプター(章)です。

年齢: 35-42歳

毎日を無為に自動運転モードで過ごすという罠に陥らなければ、あなたは、いったい自分が人生で何をしたいのだろうか、現状に自分は満足しているのだろうかと疑問に感じ始めます。いったい何が障害となっているのかを見極める時であり、変化を起こす可能性のあるチャプター(章)です。

年齢: 42-49歳

大きな変化が起こるチャプター(章)です。あなたは自己の人生経験を消化し代謝し、そこから学びを吸収し、新しい考え方や在り方ややり方を取入れていきます。大きな変化の時であり、新しい方向に進む、人生の転機です。例えば、離婚や再婚、転職など。また、古い考え方や価値観を捨て、まるで新しく生まれ変わり、二度目の人生(セカンドライフ)を始めるようなチャプター(章)です。

年齢: 49-56歳

あなたの身体やエネルギー(人生に対する熱意そのものかもしれません)に変化を感じるチャプター(章)です。意識は自己の内面に向かいます。そして多くの人は、今まで重要だと思っていた事柄がそれほど重要ではなかったというような、「気づき」や「覚醒」を経験します。意味のある人間関係や会話に興味をもちます。

年齢: 56-63歳

自分が何者なのかを悟り、愛情や平和や絆や喜びの多い方法で人生を楽しみます。退職が視野に入り、残りの時間をどのように誰と過ごしたいか再評価し始めます。旅行に行きたい衝動が起こります。勤勉に働いてきた人生の後、のんびり過ごすようになるかもしれません。

年齢: 63-70歳以上

人生を目的や喜びや充実感をもって過ごすことの大切さについて理解し、そのための知恵を蓄えています。人生で与えられた贈物に対して深い感謝の念を持ち、沈黙や自然、祈りの時間や瞑想などを楽しみます。

あなたの次のチャプター(章)は?

シュタイナーの人生のチャプター(章)は、必ずしもあなたの今の状況と合致しないかもしれません。でも、これからの数年間をどのように過ごしたいかを考える良い機会となりますよね。

これからのチャプターをどんな物語にしたいですか?

  • どんな人になりたいか
  • 何をしていたいか
  • どんな生活をおくりたいか
  • 何を獲得したいのか

あるいは、もっと自由に使える時間をもって

  • 珍しい場所に旅行に行く
  • 趣味を極める
  • 大切な関係に投資する
  • 健康を充実させる
  • 新しい事業を始める

等をしたいということかもしれません。

あなたの次のチャプター(章)をイメージする

次の人生のチャプター(章)をイメージする方法をご紹介します。

1. 目を閉じましょう。深呼吸を2-3回して、ゆったりと座りましょう。
2. この1年、どんな人生にしたいか理想的なイメージを思い浮かべましょう。

  • あなたのキャリアはどのようになっているでしょうか?
  • 健康面ではどうでしょうか?
  • 親しい関係の人や友人達との関係はどうなっているでしょうか?
  • 家庭での人生(家族との関係)はどうでしょうか?
  • 何を楽しみにしている(興味をもっている)でしょうか?

3. 各人生のチャプター(章)におけるあなたの理想像を文字にして書いてみましょう。

4. その理想に近づくために、日々、どんなことができるか小さなステップを書き込んでいきましょう。

  • 3ヵ月ごと、6ヵ月ごと、1年ごとなどに区切って考えると考えやすいと思います。

5. 進捗を記録しましょう。そして、必要な方向転換をしましょう。

  • 次のチャプター(章)に向けて、あなたのビジョン(どんな物語にしたいのか)を常に念頭にいれて過ごしてください。
  • 何かのサイン兆候シンクロニシティ(共時性、同時発生的なこと)に注意を向けるようにしましょう。

人生のチャプター(章)を過ごす上で最も大切なこと

  • オープン(広い心でいること)
  • フレキシブル(柔軟でいること)
  • 好奇心
  • 適応力
  • 無心の自発性(「~すべき」で動くのではなく、心のむくまま自然に動くこと)

です。

自分自身のコンフォートゾーン(心地よく感じる世界)の外に出てみたら、かつて空想でしかないと思っていた物事を実現できる可能性があなたにもあることに気がつけるかもしれませんよ。

私の人生は、今の処、とても面白い展開をしていると思います。振り返ってみると、子供の頃、例えば中学生や高校生の頃に「行きたいと思っていた場所」や「やりたいと思っていたこと」を、不思議と達成してきたことに気がつきます。

コロラドに住んだことも、ドイツに住んだことも、自分でその場所を選択したわけではなく、進学相談をした人に勧められたり、会社の転勤だったりした結果なのですが、でも中学生の時、ジョン・デンバーが大好きでコロラドの赤い大地で暮らすことをいつも夢見ていましたし、高校生の時、『エロイカより愛をこめて』という漫画が大好きで、中でもドイツ人の「少佐」が大好きで、ドイツへの憧れを強くもっていて、いつかドイツで暮らしたいと思っていました。そして、その漫画のお話のように、世界が動くその中で、世界の動きを感じられる場所にいたいと、かなり強く思っていました。

「え?そんなこと!?」と、思いました?(笑)

そうなんです。そんなことなのです。高校生にありがちな浮世離れした妄想のような思いです。だからすっかり大人になった私はその頃の自分の思いや憧れを忘れていました。

でも、きっと、その時の強い気持ちが、大人の私の中にも宿っていて、知らぬ間にそれを満たす流れが生じるような選択をしていたのだと思います。

その結果、コロラドにも住み、ドイツにも住み、気がついたら子供の時に強く行きたかった国に、旅行ではなく、ちゃんと住んで暮らすことができているのです。フランスでもなくイギリスでもなくです(こちらは旅行や出張で行きましたけどね、笑)

そして、ベルリンの壁が落ちた時そして東西ドイツが統合した時フランクフルト(ドイツ)にいました。ソビエトの共産主義が崩壊した時モスクワ(旧ソ、現ロシア)にいました。旧ソの共和国が独立して資本主義を歩きはじめた時エストニアにいました。全て偶然の出来事です。だって、一小市民の私がベルリンの壁が壊れることや旧ソがいつ崩壊するかなんて予測することはできませんから。そのタイミングで、その当日に、その国にいられたことは奇跡ですよね。でも「世界が動く時、そこに居たい」という高校生の時の私の妄想が現実になった瞬間です。(なぜそこに居ることになったのか等、この辺の経緯は、また、機会があったらお話しますね。全部、仕事絡みなので「居た」だけじゃないんですけどね、笑)

だから、きっと、今私が、今後どうなっていたいのかを強く思えば、例えそのことを顕在意識が忘れてしまったとしても、私の無意識/潜在意識が、導いてくれるのだと信じられます。例え、それが妄想のように現実離れしたことであっても(笑)

さて、あなたは、今、どのチャプター(章)で、どんな風に過ごしていますか?
これからどんな風に過ごしたいですか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.