食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

吸血鬼が永遠の命をもっていたのは嘘じゃないかも

2017年4月27日のサイエンス誌『ネイチャー』に掲載されていた記事です。

若い人間の女性の臍帯血(さいたいけつ)に含まれているタンパク質のひとつを、加齢のマウスに投与したら、学習記憶が向上したそうです。

また、加齢に伴う記憶力の改善だけでなく、「機能や代謝の低下、構造の劣化といった症状を、”若い血”の注入によって改善できることを示した最新の証拠でもある。」と書かれています。

若い女性の生き血を吸うことで、永遠の命を得ていたと言われる吸血鬼、まんざら嘘の話ではなさそうな研究報告ですよね。

吸血鬼といえば「ポーの一族」と、連想するのは、私の同世代(笑)

だからと言って、吸血行動は控えていただきたいと思いますが(笑)

最近では、妊婦さんが、出産の際に、ご自身のさい帯を保存している方が増えているそうですね。

さい帯血」は、お母さんと赤ちゃんをつないでいる、へその緒胎盤の中に含まれている血液のことです。体のさまざまな種類の細胞のもととなる幹細胞が豊富に含まれています。

幹細胞と言って思いだすのが、iPS細胞ですよね。

再生医療などに用いる際、今の処、さい帯血の幹細胞は、安全性や有効領域が既に確認されていて、製作に20-30万円くらいかかるのだそうですが、iPS細胞の場合、まだ安全性や有効領域などが研究段階で、製作に数千万円以上かかるのだそうです。

画像をクリックするとステムセル研究所のホームページにリンクします

さい帯血は、国に寄付することもできれば、民間の医療機関で保管することもできるそうです。

国に寄付した場合には、公益に供されるため、ご自身のためだけには使用されませんが、民間医療機関で保管する場合には、ご自身とご家族のために使うことができるのだそうです。

私はもう出産する予定はないのですが、もし、これから出産する予定のある方は、将来の保険としてひとつの選択肢になるのではないでしょうか。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

先行募集中 9月スタート、マインドボディメディシン・セルフドクターコース

 

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.