食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

失恋症候群にご注意を!

心臓発作のような症状で病院に運ばれた女性が、その発作は心筋梗塞によるものではなく「失恋症候群」と診断されました。

えっ!?そんな病気あるの?

驚きますが、本当にあるんだそうです。

元の英語は「Broken Heart」です。なのでここでは「失恋」としましたが、「失意」とか「失望」とか「傷心」でもいいんです。それに「傷心症候群」の方が本当は合っているようにも思います、笑)

しかしここでは敢えて「失恋」とします(笑)

失恋症候群の症状は、心臓発作のような症状です。
そのため、検査によって、どこにも心筋への血流を梗塞するものがないことが判明して初めて、心筋梗塞ではないと解るのだそうです。

別名「ストレス性心筋症」とも呼ばれます。

心への大きな衝撃が原因

ストレス性心筋症」のその名の通り、ストレスが引き金となって発症します。特に、

  • 家族や親しい人の死
  • 失業
  • 離婚
  • 癌や難病の宣告
  • 破産など、

心への大きな負のストレスが原因となって発症するので、失恋症候群と呼ばれるようです。

失恋症候群は、ストレスが発生してから、数分から数時間後に起こることが多く、40代から60歳前後の女性に多いそうです。心臓発作は男性特権かと思っていましたが(笑、失礼)、女性にはこっちが多いんですね。

身体的ストレスでも起こる

失恋症候群が、身体的ストレスの後に起こることもあります。例えば、

  • 交通事故
  • 喘息発作
  • 大手術の後

などに起こることがあるそうです。

交通事故や大きな手術は、心への負担も大きいはずなので、そういう意味では、身体的ストレスが直接の原因というよりも、それが引き金となった心への大きな衝撃と言えますよね。

特定の医薬品の服用でも起こる

次の医薬品を服用した後にも起こることがあるそうです。

  • エピネフリン(アレルギー症状や喘息発作の治療薬)
  • デュロキセチン(シンバルタ)(うつ病の治療と糖尿病に合併する末梢神経障害の治療薬)
  • ベンラファキシン(イフェクサーXR)(抗うつ薬)
  • レボチロキシン(シンスロイド, レボキシル)(甲状腺機能低下症の薬)

嬉しくても起こる

スイスで行われた最新の研究では、失恋症候群は、心を落ち込ませるような負の心的衝撃だけでなく、嬉しいことなどポジティブな心への衝撃でも起きうると報告しています。

チューリッヒ大学病院の研究者が、9か国1,750人の失恋症候群の患者を調べたところ、4%が嬉しいイベントの際に発症していたことが判りました。例えば、

  • 孫の誕生
  • 誕生日パーティ
  • サプライズパーティ
  • 結婚披露宴
  • 応援しているスポーツチームの優勝
    など

研究者は、この状態を「幸せ症候群」と呼んでいます。

主任研究者である循環器専門医のクリスチャン・テンプリン医師は、

「たぶん、人生における嬉しい出来事も悲しい出来事も、本質的には異なるように思われる両方の出来事も、それを伝達する中枢神経系の最終地点では、共通の経路を通っているのかもしれません。それが結果として、同じような症状となって現れるのかもしれません。」

と述べています。

理由は何であれ、この症候群の良いところは、

  • 回復可能であるということと、
  • 短期間に後遺症もなく治る

ということです。
また、一度、失恋症候群にかかったことがある人が、

  • 再発するケースはほとんどない

のだそうです。

ジョンズホプキンス大学の研究者が失恋症候群の患者の追跡調査を5年間行ったところ、同じような出来事に直面しても、ひとりも再発した人はいなかったそうです。

失恋も1回しておくと、予防接種のように次からは、心への衝撃が軽くなるってことでしょうか(笑)

私達の心は大きな衝撃に出会う度に、強くなっていくのですね。人体/心の仕組みって素晴らしい。

 

バレンタインの日、失恋しても、恋が成就しても、失恋症候群にご注意を!

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.