食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

寝る前にマインドフルにリラックスする方法

忙しい毎日だからこそ、一日の終わりに、明日に向けてしっかり仕切り直しすることが大切ですよね。仕切り直しの仕方はひとそれぞれですが、今回は、ここで時々ご紹介するヘルスコーチの憧れの的、クリス・カーが、一日の終わりに体も心もリラックスさせて、良い眠りを得るために実践している方法をご紹介します。

———————————
ハーイ、こんにちは、天使たち

今日は、一日のストレスを簡単に解く方法をお話したいと思います。もしあなたが私に似ているなら、きっとできるだけ多くの予定を、既に満杯のスケジュールの中に、それでも詰め込もうとする癖があるのではないでしょうか?仕事モードを切り替えて、妻として夫の許に、母としてワンちゃん達のところへ(そして庭師として庭へ)戻るとき、更に別の巨大な「やるべきリスト」が私を待ち受けています。あまりに自分を追い込み過ぎて、枕に頭を置いた瞬間に死人のようになることもあります。そうした晩は、あまり熟睡もできません。次の日、大抵、コーヒーをがぶ飲みして、疲れをごまかすために甘い物を食べてしまっています。

でも、マインドフルにリラックスした晩は、熟睡もできて、次の日も生産的に活動できます。

http://photozou.jp/photo/show/498334/39329366

薔薇のキャンドル by Rei;     http://photozou.jp/photo/show/498334/39329366

では、さて、静かなマインドフルな晩というのは、どんな晩なんでしょうか?

私のお気に入りのリラックス法を5つお教えします。

1.早めに始める

はいはい、洗濯物がありますよね。片付けなければいけないものもあります。散らかったものが自分で棚に戻ってくれることはありません。でも、ベッドに入る前に活動的になると、ゆったりとして眠りに落ちることが難しくなります。私の場合、8時間睡眠が継続的にとれないと、全てのことが苦しむことになります。特に、健康です。

夜中に片付けたり、整理したり、溜め込んだ録画を見なければ、と考えることから、自分自身を解放してください!あなたの体や脳や美しさが、あなたに感謝するでしょう。

2.熱いシャワーかお風呂に入る

温かいお湯ほど、神経をゆるめてくれるものはありません。お湯は一日の疲れやストレスを流してくれます。お湯は、体温を1-2度上げてもくれます。人は体内温度が下がり始める時にリラックスモードに入り、眠気を感じます。

バスソルトの素晴らしいレシピがありますよ!2e1b8102b3162c8724f02ec28e4667bf_94cd4aef9d1b45e94a3f668c7d04726f

  • エプソム・ソルト 2カップ
  • リンゴ酢 1/2カップ
  • 重曹 1/4カップ
  • ラベンダー精油 2-3滴

全部を、湯船の中に入れるだけです。

今度、お風呂に浸かる時には試してみてくださいね。キャンドルに火をともして、全てを流してしまいましょう。熱いシャワーやお風呂は、コリを溶かしてくれます。

部屋を暖かくしすぎないことも大切です。涼しく保ちましょう。理想的には、19度から21度くらいです。

3. 刺激物に要注意

心拍数を高め脳内活動を活発にするニコチンと同様に、お昼を過ぎてからのコーヒーと夜のアルコールは、自然な睡眠リズムを乱します。私もたまに飲む1杯の良いワインが大好きですが、1杯以上になると、ものすごく眠くなった後、1-2時間後には、目が覚めて眠れなくなってしまいます。気分も悪いし、焦ってきます。そして一旦眼が覚めると、再び眠ることがとても困難です。

もうひとつの刺激物は、iPadのスクリーンです!私達の体はメラトニンというホルモンで眠くなります。でも、メラトニンは、灯りに晒されていると適切に分泌されないのです。あなたの健康のためには、電子機器を寝室に持ち込まないことです。

あ!もうひとつ。もし血糖値をコントロールするのが難しいために不眠症になっている場合は、寝る前に小さじ1-2杯のアーモンドバターを食べてから寝るようにしてみてくださいね。改善すると思いますよ!

4. 前の晩に用意する

カバンを詰めましょう。朝、慌てずに済むように、前の晩にできることは準備しておきましょう。実は、恥ずかしい話なのですが、昨年、空港に行かなければならない時間に遅刻気味で、慌てていて、気がついたら、パンツをはかずに玄関を出てしまったことがあります。心配しないでください。下着は履いていましたから。ズボンをはき忘れていたのです。どんな感じだったか想像できますよね。髪をカールしながら、メイクして、スーツケースに洋服を投げ入れて、バン!っと蓋をしめたら、パンツをはいてなかった。

事前準備としては、もうひとつ。スムージーやジュースの材料を前の晩に用意しておくというのもありです。どんなスムージーにするか決めて、洗って、下ごしらえして、野菜保存用のジップロックバッグに入れておくのです。(デヴィ・マイヤーのグリーンバッグがお勧めです)朝、ブレンダーに入れるだけにしておきます。これだけでもかなりの時間の節約になりますよ。

5. 3つの勝利

この方法は、友達から教えてもらいました。私は夫といっしょにやったり友達といっしょにやったりします。一日を振り返って、“勝ち”を3つ見つけるんです。“勝ち”というのは、“あなたに起きた素晴らしいこと”という意味です。「原稿を書き上げた」というような大きな勝ちもありですが、「グリーンスムージーを作った」とか「お昼に自転車に乗った」とか「家族とケンカせずに、抱きしめてあげた」というのもありです。勝ちをお互いにシェアすることで、“今”を生き、地に足を着け、感謝に満ちた気持ちにさせてくれます。

ちなみに今年の私の3つの勝ちはこんな感じです。

  1. 初めてキャンプとラフティングに行きました。私史上の楽しさでした。森の中でおトイレもしました。そんなことしたことがありませんでした。キャンピングは私の中の沢山の窓を開けてくれると思っていましたが、確かに、私は成長したと思います。
  2.  バディ(私の障害犬です)は、車イスを使って動きまわることに慣れてきたようです。時間はかかりましたが、たくさんの励ましによって、まるでチャンピオンのように動き回れるようになりました。
  3. 自分の庭と恋に堕ちました。学び、成長できるクリエイティブな空間が持てることに感謝しています。

出典: ”How to wind down mindfully and relax before bed“, Kris Carr

————————————————–

スティーブ・ジョブスはローテクな親だった!』の中で、ハイテク企業の親達が子供達に課していた唯一の共通ルールは、「デバイスを絶対に寝室に持ち込ませない」ことだと紹介しましたが、クリス・カーは大人である私達も、電子機器を寝室に持ち込むべきではないと言っていますね。日中忙しく動き回っている人は特に、質の良い睡眠で脳のデトックスが必要です。電子機器だけでなく、寝室を寝るためだけの聖域にすることの効果は高いですよ。

クリス・カーは忙しい朝の時短としてスムージーを勧めていますが、私はその野菜や果物をブレンダーに入れずに噛んで食べて欲しいと思います。噛むことの重要性は多くの研究が述べているところです。例えば、免疫力アップ、消化促進、幸福ホルモンセロトニンの分泌促進等々。。

スムージーやジュースは、食事の代りではなく、あくまでも病気で胃腸が弱っている時や、サプリメント錠の代りにビタミンやミネラルを補うために活用してくださいね。

ということで、朝の時短のためには、野菜や果物は、ジップロックバッグではなく、メイソンジャーで保存してジャーサラダにしておくことをおススメします。

参考:
スムージーの黒い秘密
ジュースとスムージー:あなたに合うのはどっち?

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

参考:
脳がシャットダウンしてくれない時でも眠る、ケース別対処方法
人生をスローダウンしてバランスする8つの方法
スティーブ・ジョブスはローテクな親だった!

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.