食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

帰省中の親族ストレスを解決する方法

家族や親族が集まる年末年始の休暇。
久しぶりに家族に会えることが楽しみな反面、できれば会いたくない家族・親族メンバーがいたりしませんか?

私にはいます。
今まで私の出した結論は、「彼女に遭遇しないようなスケジュールを組む」こと。

それでも実家は同じですから遭遇してしまうこともあり、その度に、自宅へ逃げ帰るということを繰り返してきました。実家に着いた1時間後には、いたたまれずに実家を後にしていたなんてこともありました。

私だけでなく、年末年始の休暇は、うつの患者を更にうつにし、依存症の患者の依存を更に悪化させると言います。

日照時間が短い冬は、ただでさえも憂うつな気分になりやすいですし。

楽しみ半分、親族ストレスで憂うつ半分になりがちな年末年始の休暇を、単に生き延びるだけでなく、楽しく過ごすための心の整え方について、ディーパック・チョプラ博士が書かれていましたので、和訳要約してお伝えします。

こうした家族ストレスってユニバーサルなんですね(笑)


年末年始の休暇は、1年のうちで最もわくわくする季節になるべきものです。
外の世界が眠り、内の世界が花開く理想的な季節です。

年末年始の休暇をわくわくしたものにするための秘訣は、実はとても簡単です。

自分をわくわくさせればいいんです。

家族・親族の態度を変えたいのであれば、あなた自身が変わればいいのです。

でも、どう変わったらいいのでしょうか。

1. いままで効果がなかったことはやらない

年末年始の休暇を通して、私達は、濃いーーぃ家族/親族エキスを大量摂取します。
私達は、それを家族に望みつつも、同時に、恐れてもいます。

その「恐れ」は、過去に裏切られた期待が原因です。
いつまでも変わらない、あるいは変わることを拒絶している家族/親族メンバーが原因です。

毎年、あなたはどう対処していますか?
たぶん、同じ期待を繰り返し持っているのではないですか?

例えば、いつも飲み過ぎて親族に恥かしい思いをさせる叔父様からお酒を遠ざけたら今年こそは普通にしていてくれるかもしれないとか、いつも説教じみた話ばかりする父親は、ちゃかしてはぐらかしてしまえば、もうそういう話はしなくなるかもしれないとか。

効果ないですよね?同じことを毎年繰り返すだけです。

彼等をなだめても効果はありません。優しくするのも効果ありません。辛辣な親戚に贈物をしても効果はありません。彼等に感謝の気持ちが欠如していることに腹を立てても効果はありません。

だったら止めましょう。

彼等に期待することを止めて、彼等に好きなようにやらせておくことにしたら、あなたのフラストレーションはかなり減ると思いますよ。

こうした問題に対処する最初のルールは、今まで効果のなかった方法は繰り返さないということです。

2. 家族/親族が望むものを与える

家族/親族が本当に望むものをプレゼントしましょう。
別に家族を心理分析しろと言っているのではありません。

大抵の人は、シンプルなものを欲しがっています:

  • 正当な評価
  • 感謝
  • 承認
  • 愛情、そして
  • 話しを聴いてくれる人。

あなたが意識的にこうしたものを与えてあげたら、魔法が起こるかもしれません。

3. 隠れた気持ちを爆発させない

時限爆弾が好きな人は誰もいませんよね。

にも関わらず、多くの人が、隠れた感情の時限爆弾のように休暇に入ります。
多くの人が、昨年の休暇が終わった直後からずっと膨張しつづけている感情を爆発させずにはいられないかのように休暇を迎えます。

この衝動に抵抗してください。例え、隠れた怒りや、批判復讐心がうっ積していたとしてもです。

あなたがすべきことは、こうした感情を建設的な方法で解消することであって、誰かに向けて攻撃することではありません。

どこか別の場所別の方法で解消しましょう。

あなたがこうした有害な感情で誰かを傷つける前に、安全に解消できたなら、年末年始休暇の最悪な罠に堕ちずに済むことでしょう。

4. 家族があなたを納めようとする箱から外に出る

なぜあなたは、家族があなたを箱の中に押し込めようとしていると感じるのでしょうか?
なぜ彼等は、のあなたを認めようとしないのでしょうか?

家族に会うと、過去がよみがえります。
私達は子供時代の経験に基づいたイメージを子供や両親や友達や親戚に対して持っています。
過去に囚われるということは、誤った見方をしていることと同じです。

もし箱の中に押し込められるのが嫌なのであれば、答えはとてもシンプルです。

家族が皆それぞれに成長し、それぞれの人生を生きているように、まずあなたが家族を扱うことです。
家族皆の未来を見ましょう。

もし彼等がどこへ向かっているのか判れば、現在、彼等とどう付き合ったら良いか分かるかもしれません。

今日を、過去が終わった日ではなく、未来が始まった日と考えてみてはいかがでしょうか。

5. 簡単なことだけやる

面倒な人はいます。

それが家族なら避けることもできません。
彼等の無礼な態度にがまんするしかありません。

短気、悪い酒癖、他人の言葉をさえぎったり、他者を見下したり、自慢話ばかりしたり。

でも、あなたが幸せな気分になるために、彼等を変える必要はありません

「彼等を変える必要はない」と気がつけば、彼等の態度があなたをイラつかせることはなくなります。彼等を放っておけばいいんです。言い返さず口論をせず批判的な態度も示さず

罪人に悔い改めさせるのは、あなたの役目ではありません。

その代りに簡単なことをやりましょう。

別に、今年の年越し蕎麦の味がどうとか、年始の天気がどうとかと言った話題を放り込めと言っているのではありません。

簡単なこととは、基本に戻ると言う意味です。

  • 相手が興味をもっているような事柄について尋ねてみましょう。
  • 彼等が抱えている問題について同情を示しましょう。でも、その話題に長く留まりすぎないように気をつけながら。
  • 相手が得意だと思っていることを誉めましょう。

言い換えれば、傾聴するのです。

面倒な人の話は聴きたくもないですよね。でもそのことが、面倒な人達が面倒を起こし続けるひとつの理由なんです。

もし彼等の気持ちに傾聴したら、絆が築かれる可能性は高いです。そうしたら、あなたは彼等と何を話しても大丈夫になります。年越し蕎麦でもお天気でも。

6. 家族がどう思うおうとも、わくわくすることを何かひとつやる

今のところ、どう対処するかという点について書いてきました。でも、あなたのお休みは、「単に対処する」ことを超えていかなければ楽しくありませんよね。

今年の年末年始を単に生き延びたというだけでは、本当に「楽しんだ」とは言えません。

愛情親切心恵み配慮などを表現できるまで高みに上った時、あなたは本当に喜びを感じられるのではないでしょうか。

言い換えれば、あなた自身がわくわくする必要があります。

どうやったら、実現できるのか、座って考えてみましょう。

知り合いに、家族に優しさを表現することが恥かしくて苦手なご子息がいました。家族は皆、彼は、強い少年だと思っていて、そのように彼に接してきました。ある年のクリスマス、彼は、母親に対して感じている優しい気持ちを込めて詩を書きました。とても美しいフォントで印刷し、銀のフレームに入れました。クリスマスの朝、家族の前に立って、その詩を朗読しました。家族皆が驚きました。

その瞬間彼は天使になったのでしょうか?兄弟が皆、彼を褒めたたえたでしょうか?

いいえ。微妙な反応しか得られませんでした。
母親の涙から、兄弟からの嫉妬まで。

それでも、彼は、自分が何かわくわくすることをやったという自覚はありました。

その自覚が重要なのです。家族のリアクションは家族が勝手にすることです。

ご自分の内面を探して、「家族」があなたに期待していない、でもあなたにとって理想的な衝動を見つけてみましょう。

あなたを縛っているのは、家族ではなく、あなた自身の中の遠慮であり、恥かしさであり、臆病さではありませんか?

どうしたら家族を楽しませることができるのか考えてみましょう。
少しの事前準備があれば、家族を楽しくさせてあげることができるはずです。

そうすることで、今年の年末年始休暇を楽しむことができるかもしれませんよ。

原典: “How to avoid holiday distress with your family.” Deepak Chopra MD.


これを読んで、自分の状況に照らし、さて、私は何ができるだろうかと考えてみます。さてさて、どうしましょうかね~。

せめて皆さんの年末年始の家族ストレスが少しでも軽くなりますよう、祈っていますね。

1月『統合食養(ホリスティック栄養)学基礎 – バイオ個性に沿った心と体の栄養素』
土曜日残2席、日曜日残4席 募集中

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.