食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

幸せな人生のための方程式

幸せな人生の方程式はあるのか?

人生で遭遇する様々な問題に対して、どのように対処し、それがどのような効果を生んだのかを明らかにし、人生を成功させるための秘訣を解き明かそうとした研究があります。

1930年代後半にハーバード大学に入学した、268名の男性を、大学2年生の時から72年間追跡調査した研究の成果が発表されました。その対象者の中には、ケネディ大統領も含まれています。でも、彼の調書は残念ながら、彼が大統領になった時に、2040年まで極秘扱いとなってしまったため閲覧することはできないそうです。

発表された調書を基に、研究者のインタビュー記事がアトランティックに掲載されました。

pearl

結論: 幸せ要因

  1. 健全な適応行為
  2. 家族との温かいつながり、兄弟姉妹との良好な関係
  3. 子供時代の勤勉さ
  4. 肉体的健康と精神的健康

1. 健全な適応行為

適応行為」というのは、心理学的に、様々な困難な状況に対して一般的に取る防衛反応の一種です。無意識の思考や行為で、現実を、受け入れたり否定することで、自分にとって受け入れやすい“現実”を創ったり、捻じ曲げたりすることを意味します。

例えば、「適応行為」が病的な場合、環境や状況に対して、恐怖症幻覚、誇大妄想をもつことで対応します。こうした「病的適応行為」は、当人にとって現実を受け入れやすくしてくれるものである一方で、他者からみたら、正気を逸しているように見える対応です。

病的ではないものの、あまり社会的に好ましくない適応行為は、「未熟な適応行為」と呼ばれます。反抗的態度受動的攻撃性(表面的には相手を肯定しているような言動をしつつ、間接的には相手を否定している言動)、うつ症状主観の投影(自分の心情を相手の行為に映す等)や幻想などです。

受動的攻撃性」というのは、例えば、「何を食べたい?」と訊かれ「何でも良い」と答えていながら、「中華は?」と訊かれると「うーん、中華の気分じゃないかも」、「じゃぁ、イタリアンは?」「イタリアンも違う気がする」と、結局自分が好む提案がなされるまで、否定し続けるような言動を指します。こういう人、時々、いますよね(笑)

主観の投影」と言えば、今年あったんです。ボランティアで母校(米国)の同窓会日本支部で、新入生対応をしているのですが、新入生の留学前壮行会を行うことになった時、ある新入生が、両親ではなくボーイフレンドを同伴するとメールで伝えてきました。私は驚きはしましたが事務的に「承知しました。ご友人の参加を歓迎します。もしご両親のご都合がつくようになった場合には、18日までにご連絡くださいね。」とメールを返しました。すると、思いがけない返事が返ってきました。「同窓会は、両親を同伴しないことに怒っているんでしょ。同伴する友人は家族同然の人だから、問題ないはずだ。」等、別に説明する必要もないこと、訊いてもいないことを延々と書いて説明してきたのです。

これが主観の投影です。両親ではなくボーイフレンドを同伴することに、たぶん、彼女は、多少の罪悪感を持っていたに違いありません。そのことで、別に、責めてもいない相手(私)が、彼女を責めていると感じ、自分の正当性を説明するという必要のない行為に出たのです。

ここで面倒なのは、彼女にとって「責められた」という感覚は現実だということです。それが事実ではなくても彼女の感覚の中では、相手(私)に責められたという実感があるのです。本当は、自分自身の中にある罪悪感に責められているのにです。若者の反抗的な態度というのは、おうおうにして、主観の投影によることが多いんです。だから、何気ない親からの「今日、何してた?」という問いかけに対しても、責められたと感じ、乱暴な受け答えになってしまうわけです。

一方、「健全な適応行為」とは、他愛的行為自己犠牲的態度ユーモアの活用予測(将来的な不愉快な出来事に対して事前にその可能性を察し、心の準備をしておく)、抑制(問題に対して、衝動的に反応するのではなく、意識的に先送りし、タイミングを図って対応すること)、昇華 (スポーツや芸術表現など、他に感情のはけ口をみつけること)が含まれます。

このハーバード大学の追跡調査の対象者達は、若者の時、「健全な適応行為」よりも、「未熟な適応行為」を2倍もの頻度で表したものの、中年になると、「健全な適応行為」を表す頻度が「未熟な適応行為」の4倍になり、年齢を重ねるごとに、その頻度は高くなっていったそうです。

「あるヒトの人間性を、人生の一時点の行為だけをもって、判断してしまうことは、深刻な過ちである」

clockと研究者は述べています。きっと、先述の新入生もあと数年のうちに大人になるのでしょうね。

幸せの方程式において、「あなた」は、定数ではなく、時間と共に変化する変数なんですね。積分のインテグラルみたいな感じでしょうか?(笑)

研究者は

「侵入してきた不快な異物を、無意識のうちに慈悲深い行為で、二枚貝は真珠に換える。人間も不愉快な出来事に遭遇した時、無意識のうちに、でも大抵、創造的に対処しているものです。」

「しかし、“創造的”な行為とは、それが“簡単”だとか、“容易”だということを意味しているわけではありません。」

とも述べています。そして、

「例えば、喜びの源である子供の存在は、同時に、ストレスの源でもあることが多い。喜びと苦難は、美しい人生を織る」

と、述べています。

必ずしも苦労がないことや軋轢がないことが幸せな人生にとって必須ではないということです。安心できる素晴らしいお知らせです。

2. 家族との温かいつながり、兄弟姉妹との良好な関係

研究者は「人生で、唯一本当に重要なものは、他者との関係です。」と述べています。

幸せの方程式は、「あなた」だけでは完結しないんですね。そこに他者という別の変数が必要だということです。

shutterstock_142119136-e1417766138186特に、家族との温かいつながりが不可欠なんだそうです。この時の家族とは、必ずしも、母親や父親だけでなく、兄弟姉妹や叔父伯母、友達やメンターも含まれるとのことです。特に、成人してからの兄弟姉妹との良い関係は、強力な要因だと報告しています。

英国オックスフォード大学心理学部のエレイン・フォックス教授も、私達の幸福感の根底を創るものは、子供時代の安心感と愛着だといいます。それが誰であっても、肉親である必要はないそうですが、ひとり以上の大人に対して完全な安心感と愛着をもてる環境で育つことが大切なのだそうです。子供時代にそういう大人がひとりでもいることが重要で、充分なんだそうです。

そう言う視点で考えると、現代の日本の親子関係は、上下ではなく並列的になってきたと言われていることに思いが及びます。親は、もはや絶対的権威の存在ではないため、昔の子供と比べ、現代の子供の幸福感は平均的に高まっているのだそうです。しかしその一方で、子供は精神的に親に完全に甘えることができなくなっていると言います。

親は友達の様な存在ですから、自分を完全に保護し守ってくれる精神的に依存できる存在ではなくなっているのです。昔であれば、服従と引き換えに保護と依存が得られた親子関係が、服従がない一方で保護と依存もできない(少なくとも子供はそう感じる)関係になっていること、そして子供は親ではない他の誰かによって、その不安を埋めてくれることを求める傾向にあり、ネットでの「つながり」依存等がその表れだと言います。

また、昔であれば、深夜徘徊は親への反抗心の表れでしたが、今の子供は、親に完全に甘えられない、そこはかとない空虚感を誰かに埋めて欲しくて外へ出ると言うのです。

全てのケースにあてはまるとは思いませんが、無意識のうちに質を数で補おうとしている傾向はあるように思います。

企業に置き換えたら、強いリーダーの下では、反論するのが難しい一方で、この人に着いて行けば大丈夫という安心感が得られます。でも、あまりに民主的過ぎて、メンバーの意見ばかり気にしているリーダーは、普段はいいですが、有事の際には、頼りなく感じてしまいますよね。

子供の有事と言えば、イジメとか、学校の成績とか、仲良しとのケンカとか、でしょうか。

ここで、ユング心理学者のローバートAジョンソン博士の本を思い出しました。子供の健全な精神の発達のためには、ある一時点において、「親は乗り越えなければならない壁の様な存在でなくてはならい」といったことが書かれていた様に記憶しています。もはや乗り越える必要のない、仲間と同化した現代の親の存在は、子供の精神的な成長にどんな影響をもつのでしょうか。

3. 子供時代の勤勉さ

「子供時代の勤勉さ」とは、例えば、家事や家業を手伝ったり、部活に入ったり、地域のスポーツチームに入ったりといった行為のことだそうです。

その有無によって、大人になってからの精神の健康状態、例えば、家族の絆結婚生活の質を予測できるくらい、相関の高い要因なのだそうです。

幸せ方程式には、「あなた」と「他者」という変数だけでなく、子供時代のあなたの勤勉さとか、家族(他者)との良好な関係といった「質」を表す関数も含まれているようですね。

4. 肉体的健康と精神的健康

学生時代の定期的な運動は、年をとってからの肉体的な健康よりも、認知機能と高い相関があり、また、若い時のうつ状態は、年をとってからの肉体的な健康の主要な障害となっていたそうです。

  • 若い時の肉体の健康は、年をとってからの精神の健康に、
  • 若い時の精神の健康は、年をとってからの肉体の健康に影響する。

面白いですね。さて、

幸せと無関係だった要因は

  • 50歳以上になった時のコレステロールの値 (安心した人います?笑)
  • 社交の場で自然な振る舞いができること
  • 子供時代の社交性
  • 両親の社会的地位や経済的な裕福さ
  • 知能指数

だそうです。

「生命維持にとって必要なものごとが満たされれば、お金は私達を幸福にする要因ではありません。」

ここでも、10年以上前に発表されたイースターブルックの進行逆説が正しいことが示されていますね。

イースターブルックの進行逆説』というのは、

「経済的安定は、ある一定水準までは、高まれば高まるほど幸福感を大きくするものの、ある一定水準を超えると、反比例するように作用する(お金が多いほど幸福感が薄れる)」

という現象を指します。

過ぎたるは及ばざるがごとし・・・ですね。

また、社交の場で自然な振る舞いができることは、学生時代や社会人初期の頃には、心理学的適応能力と高い相関を示すものの、年をとるにつれて、その重要性はなくなっていくとのことです。そして、子供時代の性格も年齢を経るごとに重要性が失われていくそうです。

「内気で、心配性な子供だった人は、若者時代には苦労しますが、70代になる頃までには、陽気で社交的だった子供と同じくらい、幸せで健康です。」

内気で人見知りでお友達が少ないことを気にしているあなた、大丈夫、幸せな人生には何の問題もないそうですよ!

実は、私も「人見知りで友達が少ない」ひとりです。「内気」かどうかは、大人になった今はTPOに依ってペルソナを被れますからなんとも言えませんが、子供の時はかなり内気な子でした。例えば、プライベートなFBのページの「友達」登録数は、面識のある人に限定していることもあり(人見知りですから、笑)、100名くらいです。しかもその中で困った時に相談できるような”友達”と言える人達は10名もいません。ほとんど”知り合い”です。それでも、十分、私、幸せで健康ですよ。

質を数で補わなければならないような空虚感もありません。

結局、幸せは、

  • 人生の“一時点”の行為だけで結論をだしてはいけない
  • 喜びと苦難が、美しい人生を織る(苦労の欠如は幸せの条件ではない)
  • 安心感が得られる他者との関係が必要(ひとりでは完結しない)
  • 社交性は、幸せな人生と無関係

ということでしょうか。

おまけとして、先述したオックスフォード大学のエレイン・フォックス博士が報告している、「人生を謳歌している人」の特徴は次の通りです。

  1. 回復力/反発力 - 悲しい出来事から立ち直る力
  2. 現実的な楽観主義 - 現実を直視した上で、楽観的である
  3. 感情の管理 - 感情表現のTPOをわきまえている

そして、「楽観的とはどういうことか」について、次の様に述べています。

“楽観的であることは、単にポジティブ思考ということではありません。
思考だけでなく、行動もポジティブであり、根気があり(直ぐに諦めない)、そして、自分の人生を自分がコントロールしているという実感をもっていることです。”

絶対に解けないように作られているパズルを、そのことを告げずに、解かせると、楽観的な人は、悲観的な人よりも、約2倍の時間、何とかして解けるのではないかと、がんばるのだそうです。

「成功の秘訣は、成功するまで諦めないこと」と言う人がいますよね。きっと、その人は、とても楽観的な人なのでしょうね。

そして、「人生を謳歌」するためには、もう一歩、その楽観が現実的である必要がある様です。勇退という言葉もありますしね。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考:
幸せな人生に必要な調味料
幸せになるための5つのスキル
幸せになるために、言ってはいけない言葉
自分を優先させると家族が幸せになる
“本物”の人の20の習慣
人生をスローダウンしてバランスする8つの方法

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.