食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

手前味噌作り再開!

バイオ個性で食べるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

昨年、諸処の事情で仕込めなかったお味噌。

楽しみにしていてくれた友人達にも、実家の母にも申し訳なく。また、お味噌が出来上がる秋頃にプライベート・プログラムにご契約のクライアントさん達にも毎年お裾分けしていたのに昨年それができなかったことも心残りでした。(参考:『今年も味噌仕込み完了』)

毎年2月中旬頃、寒仕込みしていたのですが、今年は、大雪の関係で、いつも購入している「まるかわ味噌」さんからの麹の到着が大幅に遅れ、とうとう3月に入ってからの味噌仕込となってしまいました。(私の計画性の無さを反省)

今年は、黒豆玄米麹のお味噌にしてみました。以前、黒豆と麦麹でお味噌にしたことがありますが、コクがあって美味しいお味噌でしたが自己主張が強いお味噌になりました。今回は玄米にしたら、もう少し主張が穏やかになるかな?(笑)と思い、試しに仕込んでみました。秋が楽しみです。

写真の右側は、塩きりした後の玄米麹。自然栽培の玄米を使った天然の生麹です。お塩は天日干しの海塩。

毎年使うお豆は、「そら」さんから購入する、こちらも自然栽培のお豆。

圧力鍋で炊くのであっという間です。煮汁は、腎に良い薬になるので、このままいただきます。美味しいんですよ!特に、冷えやムクミのある女性におススメです。

今年は無事にお味噌仕込みが完了したことが本当に嬉しいです。

容器は野田琺瑯です。毎年、骨壺みたいだと(クスっ!)としながら、4月半ば頃になるまで気温差の少ない涼しい場所に納めます。

その後、場所を移動して、5-6月頃になったら、天地替え。

そして、秋を待ちます。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.