食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

改めて“食べる”ということを考えてみる(翻訳シリーズ)

food

先日、マイケル・ポーラン氏によって推薦されていたケイト・マーフィー氏の記事が、非常に面白かったので、和訳してみました。

私もポーラン氏同様に、ホリスティックに食事をとらえることを主としていますので、食事の基本は、ホールフード(丸のままの食品)を食べ、加工食品をできるだけ避け、自分で調理することです。

ホームページで皆さんに無料配布している『ホリスティック栄養学冊子』の中にも記載しましたが、

全体は、部分の総和よりも価値がある」「一物全体」とは、ホリスティック栄養学(統合食養学)の重要な概念のひとつです。

科学は、食品に含まれる多くのミクロ栄養素を発見してきました。でも、全てを解き明かしたわけではありません。日進月歩で、新しい栄養素が日々発見されています。ということは、まだ発見されていない栄養素もたくさんあるということですよね。いくら今、判っているだけのビタミンやミネラルや酵素のサプリメントを積み上げたところで、自然食品を丸丸食べること以上の価値はないということです。

それに、私達は、自分自身が肉体以上の存在であることも知っています。心?魂?エネルギー?精神?が肉体の中に存在している実感がありますよね。

それは、自然食品についても同じです。例え、将来の科学が全ての栄養素を解明したとしても、それはあくまでも物体としての自然食品について解明したにすぎません。自然食品のもつエネルギーについて解明したわけではありません。食品を食べる時、私達は、その食品のもつ物質的な栄養素だけでなく目に見えないエネルギーも戴いています。

ですから、いくら植物性の食材を使っているからと言って、ある成分のみを分離抽出した後、必要な成分のみを人工的にあるいは、この記事で紹介されているように数学解析的に合成したとしても、そうして造られた「食べ物もどき」に、物体としての栄養以上のエネルギーがあるとは、思われないのです。

以上が私の感想です。

皆さんは、記事を読んでどのように感じるでしょうか?読んでみてくださいね。

  • A4版のページで翻訳後も4ページになりましたので、ブログではなくPDFにしてダウンロードできるようにしました。
  • ボタンを押すとPDFが表示されますので、PDFをご自身のPCに保存されたい方は、「保存」してくださいね。
  • ダウンロードは無料ですからお気軽に、是非、読んでみてくださいね。

 

【ご入力いただくメールアドレスについて】
ご入力いただいたメールアドレスには、ソフィアウッズ・インスティテュートからの月刊ニュースレターが送信されます。許可なく第三者に提供されることはありません。またニュースレターの受信をご希望されない方は、最初のニュースレターを受領された時点で解約のお手続ができます。

【著作権について】
著作権法第30条に規定する私的使用以外の目的で、これらのコンテンツの一部または全部を複製あるいは利用することはできません。ご利用をご希望の方は、こちらをご覧の上、所定の手続きをお願いいたします。

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.