食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

潜在意識に働きかけて新年の抱負を決めてみましょう

毎年、新年の抱負を決めるけど、三日坊主で終わってしまうことってないですか?なぜ、心新たに決めた目標を私達は直ぐに忘れてしまうのでしょうか。

目標

それは、多く人が自分自身の潜在意識に

私は本当に、その選択によって、新しい人生を創りたいと思っているのだろうか。

と訊ねることなく、新年の抱負や将来の目標を決めているからではないかと思います。

例えば、社会的な一般常識や通念から、または、周りの期待から、これをやった方がいいんじゃないか、これを止めた方がいいんじゃないかと、頭で「~すべき」「~すべきでない」という“べき論”で新年の抱負を決めていませんか?

食事にしても、人間関係にしても、癖にしても、私達は、変えたい、止めたい、終わりにしたい物事から縁を切るために、新年の抱負を決めがちです。

でも、縁を切りたい物事を中心に目標を決めると、私達の無意識は、その物事に固定されてしまうんです。食べてはダメだと思うとその食べ物のことばかりが脳裏に浮かぶのと同じです。その習慣を止めなければと思えば思うほど、その習慣に意識が向いてしまい簡単には止めることが難しくなるんです。

どんな食事をする人になりたいか、どんな人間関係を築きたいか、どんな習慣をもった人になりたいか。カギは、「どうなりたくないか」というイメージではなく、「どうなりたいか」という理想像です。

潜在意識に働きかける3つのステップ

私達の潜在意識は、本当のことを知っています。理性的で常識的で優等生な顕在意識がコントロールする前の、私達の本心をよくわかっています。

本当に意味のある、3日坊主で終わらない新年の抱負、これからのあなたの人生における達成したい目標を決めるには、あなたの潜在意識に訊ねてみるのが一番です。

1.心を落ち着かせる(グラウンディング)

静かな場所にゆったりと座り、目を閉じます。深呼吸をして、自分の呼吸だけに意識を集中させます。

2.目標を達成した状態を想像する

心が落ち着いてきたら、達成したい目標の候補を一つずつ、頭に思い浮かべます。その目標が達成された後の自分の気持ちや様子を想像してください。目標がまるでもう達成されたかのように想像し自分の姿をイメージしてください。

3.湧き上がる感情に注意を向ける

イメージした自分自身の姿や周囲の反応について、どのような感情が湧きあがってくるか注意を向けてください。その感情は、心地よいものですか?居心地の悪く感じましたか?幸せな気分を高めますか?なにか恐怖や不安な気持ちが生じましたか?

こうした感情は、理由もなく沸き起こるものではありません。あなたの潜在意識からのメッセージです。

あなたが最も心地よく、あなたの幸せな気分を高めてくれる目標を選ぶようにしましょう。

参考: 『瞑想とチャクラ – あなたが知るべきチャクラ』の第一チャクラを読んでみてくださいね。

さて、目標が決まったら、後は実行するのみです。そして、その実行を三日坊主にしないために、次の方法を試してみてくださいね。

新年の抱負、将来の目標を達成する4つのステップ

STEP 1: メンタル・リハーサル

あなたの潜在意識が求めるものを、あなたの顕在意識に認めさせ、受け入れさせるためには、潜在意識と顕在意識との日々のコミュニケーションが大切です。

一日一回、心を落ち着かせた状態で、目標を達成したあなた自身の姿を具体的にイメージするようにしましょう。

筋トレも意識して行うことで、筋肉を効果的につけていくことができるように、潜在意識と顕在意識のコミュニケーションもそれを意識して、習慣化してしまうことが効果的です。

顕在意識に、あなたが真に求める人生は、潜在意識の中にあること、それは現実であることを、認めさせるのです。

STEP 2: 心と体を整える

心と体はつながっています。

体の調子は心に現れますし、心の調子も体に現れます。心の調子と体の調子をつないでくれるのが食です。私達の細胞1つに至るまで、私達が口にしたものだけから、できています。幸せホルモンのセロトニンも、食べたものから体内で造られ分泌されます。どんなに楽しいことをしても、材料が足りなければ十分には分泌されません。もちろん、材料がたくさんあっても、楽しいことをしなければ分泌しません。食と体と心はつながっているのです。

これが、ホリスティック栄養学が目指す、Mind Body Connection(マインド・ボディ・コネクション)、心と体のつながりです。

ですから、適切な食事を日々心がけ、目標達成にむけてガンバルあなたの心と体を支える基礎を築くことがとても重要です。

STEP 3: 自分自身の変化を受け入れ、全力でサポートする

時に、自分自身の変化に、周囲よりも本人がとまどってしまうことがあります。今まであんなに執着していたことにまったく興味がなくなったり、逆に、今まで意識もしていなかったことに、ものすごく興味をもったり。

そんな時、「私って変になったんじゃないのかしら」なんて思わないでくださいね。流れのままに変化を受け入れ、今まで知らなかった新しいあなたを楽しんでください。そして、その変化を前向きな気持ちで支えてあげてください。

STEP 4: 感謝の気持ちを持ち続ける

何かと縁を切るのでも、避けるのでもなく、ただ、新しい前向きな目標に向かって進んでいくあなたの道程を、よりスムーズにする方法は、日々、感謝の気持ちを持ち続けて過ごすことです。

ありがとう日記(Gratitude Journal グラティテュード・ジャーナル)」をつけてみましょう。

毎晩寝る前にその日にあったことで「ありがとう!」と思う事柄を3つ書き出してみましょう。大袈裟な「ありがとう」である必要はありません。ほんのささいなことで構いません。紙とペンで3つ書いてください。

たったこれだけのことですが、私達の幸福感を増幅してくれる、ポジティブ心理学に裏打ちされた確かな方法なんですよ。

幸せな人は、神経伝達物質のドーパミンの分泌量が多く、学習能力に関係している脳内のシナップス(神経伝達の連携点)をオンにできるので、結果、成功する確率が高いということが、ハーバード大学による実証研究で判っている事実なんですよ。

参考: 『幸せはスキル!幸せだから成功できる

さて、もしこの方法を実践されるのであれば、
今年あなたは、決めた目標に向かって、歩みを確実に進めることができること、そして、来年の今日にはそれを実感しているだろうあなたを、私は信じています

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.