食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

日本初ビオホテル®認定の八寿恵荘に行ってきました

台風11号が日本列島を襲う中、今年5月に日本で初めて、Bio-Hotelから認定された八寿恵荘に早速お邪魔してまいりました。台風が来ているはずなのに、東京を出発する時から、東京に帰ってくるまで、一度も雨に降られず、準備していった傘もまったく使わず、日傘やサングラスが必要なほどの太陽の光に恵まれた奇跡の旅でした。11225346_871803759560462_6625218533214656027_n

ビオホテルというのは、ヨーロッパで始まったホテル等の宿泊施設の新しい認定基準で、建材、寝具、寝具の洗剤、お部屋のお掃除器材、アメニティグッズ(シャンプー、石鹸、など)、タオルなど、食事として提供される食材や飲み物だけでなく、全てにおいて、オーガニックあるいは自然栽培(無化学肥料・無農薬)のものが使用されているホテルにのみ、許可されるものです。認定基準はこちら

日本初ですが、実は、アジアでも初めてなのだそうです。

建材は、床、廊下、階段、全てヒノキです。新しい木の香りが心地よいです。靴を脱いで上がりますがスリッパはありません。足で無垢の木の感触が味わえるようにとのご配慮で、滞在中、本当に、館内を歩き回ると足が気持ちよかったです。

私達が泊まったお部屋は、こんな感じです。真新しい畳の香りも気持ちが良かったです。

お部屋写真を撮らなかったのですが、お布団もオーガニックコットンのシーツ、マクラカバー、掛布団で、お肌にとっても気持ちよく眠れました。

八寿恵荘の周囲は、カミツレ(カモミール)畑になっています。その畑の先にはお散歩コースとして整えられた山があり、朝夕のお散歩に最適です。散策コースには、地元の赤松を製材した後に出る、木材チップが10cmもの厚さで敷き詰められているので、フカフカの歩き心地で、膝に問題のある方もきっと楽に歩けるのではないかと思います。

この廃材チップは、歩きやすくするためだけでなく、10cmの厚さで敷き詰めることで、雑草を生えにくくし、除草剤をまかなくても良いための工夫でもありました。同じ山でカミツレの栽培をしていますから、畑に除草剤をまかなくても、山にまいてしまえば、雨水を通して、畑の土が吸ってしまいますから、山全体を無農薬、無除草剤で維持するための工夫でもありました。素晴らしいですよね。このお話は、カミツレエキスを抽出する工場の工場長さんから、工場見学の際に教えていただきました。

お散歩お散歩途中に、よつ葉のクローバーが、ふと、目に入ってきました。探していたわけではなかったのですが、あまりの幸運に気持ちもアゲアゲ。なんと、私だけでなく、同行の友人も見つけて、二人でさっそく押し花にしました。実は、八寿恵荘に来るまでの車中、おサルの親子にも遭遇しました。近くの畑でお食事をした後らしく、地元の人達にとっては、観光資源であるとともに、畑を荒らす害獣でもあるようで、存在が微妙らしいのですが、能天気な宿泊客の私達には、とっても可愛らしいお出迎えをしていただいたような気がしました。

ダイニングルームはこんな感じ。山の上にある旅館なので、素晴らしい景色が満喫できるようになっています。

11760263_872786976128807_3971753662534733337_n

11141283_871803792893792_4647148449471969351_n

お夕飯は、二人では食べ切れないほどの量を出してくださいました。この写真にはないのですが、この後も、お料理を出してくださり、あまりの美味しさに、友人は十穀米のご飯を御代りするという暴挙(笑)に。お味噌汁も具だくさん、特にキノコたっぷりで、もちろん、信州味噌でした。実家の母がよく信州味噌を使っていたので、私には懐かしい味です。お夕飯お野菜は全て、ナチュラルハーモニーさんの自然栽培野菜、有機認定の契約農家さんのお野菜、そして、八寿恵荘の敷地内の畑で採れた自家栽培のお野菜達です。

お風呂には、二つの湯船ミストサウナのブースがありました。写真左の湯船は、カミツレエキスがたっぷり入っています。右の湯船はジェット水流が楽しめます。ここで提供されているシャンプー、コンディショナー、お化粧おとし、石鹸は、全てオーガニック認定されたものばかりで、敷地内にあるカミツレ工場で生産した、カミツレ・エキスがたっぷり入っているものです。

お風呂次の日の朝食はこんな感じでした。

朝食

昨晩、山盛りのご飯を2膳も食べた友人は、さすがに朝ご飯が苦しそうで、この時のご飯は半分ほど残していました(笑)。

実は前の晩、地元の小学校を卒業された方々の同窓会一同様とご一緒でした。先生の88歳のお誕生日をお祝いされ、生徒だった皆様も70代とのことで、10名ほどのご一行だったのですが、皆さん、とっても楽しそうで、かなりお酒もすすんでいるようでした。

宿泊客が、彼等と私達だけだったこともあり、私達にまで、同窓生のおひとりが飲み物を注ぎにきてくださったり、時々、冗談を話しかけてくださったりと、とても楽しい時間を過ごしました。

また、八寿恵荘に辿り着くまでに、長野市で善光寺に立ち寄ったのですが、善光寺と駅の間を歩いていると、高齢の方に、道を尋ねられました。しかも2回も(別々の人です)。しかも友人ではなく、私に。

私はもともと静岡県の富士宮市という富士山の麓出身で、長く米国コロラド州というロッキー山脈のふもとに住んでいたので、きっと、山間の長野県の地元と似たようなもの(匂い?雰囲気?)を発しているからじゃないかと、友人。ここ20年間の東京生活でも、私は都会臭を獲得できていないのだろうか?(笑)別に構わないですけど。

さて、この日は、敷地内のカミツレ工場を見学させていただきました。私達二人だけの特別見学で、とても詳しく、丁寧にご説明していただきました。

カミツレ工場お宿はヒノキでしたが、工場はクヌギの木で作られていて、入ると、クヌギ特有の香りが立ちこめていました。カブトムシがいる木ですよね。子供時代を思い出してしまいました。

カミツレは既に収穫が6月に終了していましたので、乾燥したものを拝見することができましたが、ここでは、カミツレの花だけでなく、茎も葉もエキス抽出のために使用されているとのことでした。ホールフードの精神ですね。乾燥カミツレを入れている袋に顔を入れると、とっても良い香りに包まれ、何回も顔を入れて深呼吸してしまいました。

どの乾燥カミツレがどこの農家さんが生産したものなのか等、個人が判るくらいまでトレーサビリティ衛生管理も徹底されていらっしゃいました。

もし、皆さんが、完全オーガニックで、森林浴満喫のリラックスした旅を求めていらっしゃるのでしたら、八寿恵荘は、超おススメです。スタッフ全員が、とっても親切で気さくで、お話好きで、楽しい時間を過ごせること間違いなしです!

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.