食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

普茶料理の「梵」へ行ってきました

先日、お誘いいただき、普茶料理(ふちゃりょうり)をいただきにというお店に行って参りました。

IMG_2232

私はあまりというかほとんど食レポを書かないのですが、今回は、とても良い経験をしましたので、食レポを書いてみることにしました。

皆さん、普茶料理ってご存知ですか?

精進料理の一つの流派なんです。

精進」というのは、仏道を完成する精神修養の根幹のことですが、仏教における「精進料理」には、大きく二つの流れがあります。いずれも禅宗の僧侶によって中国から伝えられたものです。

ひとつは、「永平寺流」の精進料理、そして、もうひとつが「萬福寺流」の精進料理です。

「永平寺流」の精進料理 => 「精進料理」「懐石料理」

鎌倉時代初期に、曹洞宗の開祖である道元が、中国から持ち帰ったもので、料理することも、またそれを頂戴することも、同じように修業のひとつの形であるとするお料理作法です。

この「永平寺流」の精進料理の食事礼法は、茶懐石の原型となったもので、皆さんにも馴染みのある、いわゆる、「精進料理」のことです。

「萬福寺流」の精進料理 => 「普茶料理」

江戸時代初期、京都の宇治に萬福寺を開いた明の黄檗宗の僧侶だった隠元禅師が伝えたもので、これを「普茶料理」と呼びます。「普茶」には「普く衆に茶を供する」等の意味があります。

また、「喫茶去(きっさこ)」と言う精神も普茶料理にはあるのですが、「喫茶去」は直接的には「まぁ、お茶をおあがりなさい」という意味の挨拶なんだそうです。でも、真意には、客と亭主の心が、貴賎、貧富、凡聖などに執着のない悟りの下で行われる清らかな一会を意味するのだそうです。

つまり、永平寺流の精進料理が「食、即ち修行」とみるのに対して、萬福寺流の精進料理つまり普茶料理は、「飲食平等」の趣旨を持っていて、「食そのものを楽しむ」ことを旨としています。

そのため、精進料理が銘々膳で配され、また席に上下があるのと異なり、普茶料理には銘々膳はなく、席に上下の隔てもなく、皿、鉢などにも取箸はなく、各人の箸で自由に取って食べるのです。

同じ禅宗の僧侶が中国から伝えた精進料理も、それを伝えた僧侶の解釈や人生観によって、食もかなり異なる型をなすのですね。伝えられた時代背景(鎌倉時代と江戸時代)の違いからの影響もあるのかもしれませんが。

ソフィアウッズ・インスティテュートが勧めるホリスティック栄養学でも、禅宗の念を基とするマインドフルイーティングを推奨していますが、マインドフルネス(一心に今、目の前の事とまっすぐに向き合う心の状態)についても、様々な解釈、方法があっても良いのだと感じました。

ただ、私としては「食、即ち修業」というのは、あまりにストイックなので、できれば「飲食平等」の精神で「食そのものを楽しむ」方のマインドフルイーティングに共感を覚えますが・・

大切なことは、「感謝してお料理とまっすぐに向き合い一口一口味わって食べる」という基本ですね。

とても良い体験をさせていただきました。

ちなみに私達は、ランチのお弁当をいただいたので、銘々に盛られていますが、美しいですよね。

IMG_2234

精進料理ですから、魚やお肉に見えるものもすべて植物性の素材で作られています。右上のうなぎ(実はお豆腐)は、皮も骨も再現されている徹底ぶり。左側のお吸い物も、お出汁に鰹節を使わずに作られていますが、とても信じられない美味しさでした。

IMG_2237

こちらのお椀の中の、ふかひれに見えるものも植物性のもので作られています。

 

IMG_2239

 

 

 

 

 

右の天ぷらも、ニンジンで上手にえびのように作っています。

 

 

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.