食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

残留農薬が検出された国産の農産物 一覧

農林水産省が発表しているデータをもとに、残留農薬が検出された国産の農作物を調べたところ、厚生労働省が定める残留農薬基準値を超えて農薬が検出された農作物も農薬もありませんでした。ただ、定量限界値として定められている残留農薬基準値の10分の1を超えて農薬が検出された農作物は19種ありました。順位は、検出された農薬の種類数と各検出値を総合し、最も多く検出されたものを1位として順に並べています。

その中でも、17位から19位については、16位との差が大きく、非常にわずかでしたので、別枠にして記載しました。

全ての野菜や果物を、いっぺんに、オーガニック(有機栽培)や自然栽培に切り替えるのが大変だと感じる方は、まずは、これらの野菜・果物から考えてみてはどうでしょうか。ただし、りんごは、自然栽培で育てることが難しい果物と言われているため、完全無農薬の「奇跡のりんご」を入手するのは現実的に困難であることや、ぶどうりんごは残留農薬によるマイナス点を考慮しても、皮ごと食べる意味のある果物だとも言われていますので、ここは判断のしどころですね。

残留農薬1

 

参考:
絶対避けたい米国産の農作物一覧
有機栽培?オーガニック?自然栽培? – 食品の安全性について

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.