ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

無花果 – 死に際のヒゼキア王を救ったフルーツ


無花果と書く通り、外側から見ると、花が咲かない木に見えますが、実は、お花は咲いているのです。私達がだと思って食べているところは、実は、実ではなく、お花なんですよ。

無花果を切ると、粒々のように見える部分が、実は、お花です。無花果のように、外ではなく内側に咲くお花を隠頭花序(いんとうかじょ)と呼びます。

無花果には、いくつかの種類があって、5月頃か11月頃まで楽しめるフルーツです。ただ露地物は8月から10月頃が旬のようです。

無花果(いちじく)は、その食物繊維整腸作用があり便秘解消に効くことは東洋医学(中医や漢方)で良く知られていて、痔の特効薬としても昔から知られていますよね。その容器の形状から「いちじく浣腸」とかもありますね(笑)

無花果の効能は、東洋だけでなく、西洋においても、聖書の昔から知られています。聖書の中には無花果についての記載がものすごく多くあります。

禁断の果実?

例えば、聖書の『創世記』の中で、アダムとイブが食べた「禁断の果実」は無花果ではないかと言われています。

聖書には果物の名前は明記されていません。そのため、イタリア絵画ではリンゴを食べている絵が描かれていますよね。でも、神様は、エデンの園では、「種のある果物は食べて良いが、種のない果物は食べてはいけない」と言っています。

リンゴには種があるので、そもそも食べて良い果物で、「禁断」の果実でありえないのです。

「禁断の果実」を食べた後、二人が体を隠すために身につけた葉っぱは、無花果の葉っぱだということは聖書に明記されています。そのため、「禁断の果実」は無花果だったのではないかという説が有力なんです。

ヒゼキア王の致死の病気を治す

また、『列王記II』と『イザヤ書』には、病気になって死にかけていたヒゼキア王に、「もう治らないから家の中を整理しておきなさい」という神様からのメッセージを、預言者イザヤが伝えに行った時の話が書かれています。そのメッセージを聴き、ヒゼキア王は涙ながらに神に祈りをささげます。神様はその祈りをくみ、寿命をもう15年延ばすと告げ、ヒゼキア王の腫瘍に無花果を湿布させたところ、3日目には神殿に行くことができたという話が書かれています。(列王記II 20; イザヤ書 38)

ここで驚くのは、無花果が治したのが、「病気」といった曖昧な言葉や「傷」や「熱」ではなく、「腫瘍The boil)」と明記されていること。

紀元前の人々が、なぜ無花果が腫瘍に効くことを知っていたのか(神様のお告げということ以外に)は、分かりませんが、現代の科学は、強力な抗腫瘍抗がん成分抗酸化成分が無花果に含まれていることを発見しています。

湿布にする他、聖書には、無花果をクッキーにしたりケーキにしたりパンにいれたりと様々な方法で食されていたことが記載されています。

抗がん作用・抗炎症作用・抗酸化作用・抗高脂血症効果

トリテルペノイド

がん細胞では脂肪酸合成が盛んですが、トリテルペノイドは、その脂肪酸合成酵素の活性を抑制することが期待されている成分で、2万種類ほどあります。

無花果の他、リンゴの皮ローズヒップにも含まれている成分です。また、漢方薬では甘草(カンゾウ)や柴胡(サイコ)から発見されています。

上で紹介したヒゼキア王の腫瘍にもちいた湿布は、無花果をペイスト状にしたものが使われています。

抗酸化作用・美白効果(シミ予防)・お肌のハリ・血管強化

プロアントシアニジン

無花果のの中に含まれているポリフェノールの一種です。赤いブドウの成分でもあり、赤ワインに抗酸化作用があるという流行のキッカケとなった成分です(実際は、ワインではなく赤ブドウの状態で食べる方が良い)

エラスチンの伸縮性を助け、コラーゲンの合成を促します。エラスチンはお肌のハリや血管の弾力性維持に欠かせない成分です。

また。メラニン色素をつくる酵素チロシナーゼのはたらきを抑えるので、シミ予防・美白効果が期待できます。

整腸作用・便秘改善効果・空咳・喉の痛み

水溶性食物繊ペクチン

整腸して便秘を解消してくれるだけでなく、粘膜を保護して、お肌の乾燥などを防ぎます。また、空咳や喉の痛みや声枯れに効きます。

消化促進・二日酔い予防

タンパク質分解酵素フィシン

葉っぱや実から出る白い汁に含まれています。胃もたれを予防してくれる他、飲み過ぎた後に食べると二日酔い予防になると言われています。

国産(島根県産)無農薬無花果のドライフルーツ

貧血予防・高血圧予防・ムクミ改善

ミネラルが豊富です。1日の必要量の10%以上を含んでいる場合、その栄養素が豊富な食品と呼ばれます。(米国食品医薬品局(FDA)基準)

  • 鉄分 (乾燥無花果1.7mg、生無花果0.3mg; 1日の必要量6.5-11mg)、
  • マグネシウム (乾燥62mg、生14mg; 1日の必要量:230mg)
  • 銅 (乾燥0.31mg、生0.06mg; 1日の必要量:0.7-0.9mg)

などを含んでいます。

また、カリウム(乾燥840mg、生170mg; 1日の必要量:2,600-3,000mg)も豊富です。ナトリウムの排出を促してくれるので、高血圧やムクミの改善に期待できます。

無花果の葉にも抗酸化作用

ギリシャ哲人・自然療法の父ヒポクラテスは、無花果のを傷口に巻きつけて治療したという記録が残っています。

現代の科学も無花果の葉の抽出物に様々な効能があることを発見しています。

例えば、インシュリン抵抗性の改善、腎機能改善肝臓のデトックス中性脂肪の低減や抗がん作用などです。

無花果は、葉っぱも食べられるんですよ。

ナチュラル・チーズと無花果の葉っぱをクラッカーに載せて食べると美味しいとクリス・カーが言っていました。

無花果を食べる際の注意

未完熟のものは胃腸に障る

必ず完熟したものを食べましょう。未完熟のものは、返って胃腸の負担になることが知られています。

カルシウムを排出してしまう

鉄分がとても多いため、カルシウムを排出してしまうことがあると報告されています。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:


Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!