食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

男性がスイカを食べるべき理由-もちろん女性も

スイカの原産地はアフリカなんですよ。大陸経由で西から伝わったウリ科の野菜なので、「西瓜」と呼ばれるようになったそうです。

そうなんです。スイカは、野菜なんです。なので、園芸店では野菜として扱われているのですが、八百屋さんや栄養学上では、果物として扱います。メロンも同じです。ウリ科の野菜ですが、果物扱いします。

スイカの旬のピークは、まさに夏。夏の王様フルーツです。

AR058_L

果肉の効能

95パーセントが水分(果汁)で、その4~6%が糖分です。この糖分はエネルギーとしての即効性があるので、豊富な水分と合わせて熱中症予防猛暑疲れの回復に最適です。カリウムも豊富なので、体に清涼感を与えてくれます。さすが、夏の王様フルーツですよね。

スイカの果肉は、多くの成分をバランスよく含んでいます。

中医学の古書に書かれているスイカの果肉の効能には、次のものが含まれています。

  • 利尿作用
  • アルコールによる毒の排毒
  • 血尿の改善
  • 口や舌、口の周辺にできた吹き出物、口内炎の治療
  • のどの痛みや腫れの改善
  • 腰痛緩和

果肉の成分ごとにこの効能をみていくと次の通りです。

果肉の成分ごとの効能

免疫力向上(βカロテン)

赤色のスイカの色素には、βカロテンリコピンが豊富です。βカロテンには、抗がん作用や免疫力向上作用があり、特に、男性の前立腺がん予防に効くと言われています。

また、粘膜皮膚を強くして、喉や肺など呼吸器を守る働きがあるといわれています。の健康にも効能が見つかっています。紫外線による害から守ってもくれますよ。

アンチエイジング、心疾患予防、動脈硬化予防(リコピン)

赤色のスイカには抗酸化物質であるリコピンが、トマトの1.4倍も含まれています。リコピンは体内の活性酸素を減らしてくれるので、アンチエイジング抗ガン作用が期待されています。また、リコピンは動脈硬化を抑制して心疾患予防に効く成分です。

利尿作用・疲労回復(カリウム)

ナトリウムの排出を促してくれるミネラルで、ムクミ解消疲労回復に一役かっています。特に、塩分の多い食事傾向の人は積極的に食べましょう。夏バテの回復に効果があります。

脂肪肝予防、動脈硬化予防(イノシトール)

ビタミンB群の仲間のイノシトールは、脂肪肝を予防する働きがあります。間接的に肝機能を助けるので、血液の浄化を助け動脈硬化の予防にもなります。

ビタミンB群は、口内炎などの改善に効果をもちます。

シミ・ソバカス・肌荒れ予防(シスペイン)

体内でビタミンCが壊れてしまうのを防ぎます。吸収したビタミンCが有効に活用されるようになるので、お肌をシミやソバカスから守り、肌荒れ予防に有効です。紫外線が気になる夏の果物スイカにこの成分が多いというのもうなずけますね。

肥満予防(マンノシターゼ)

糖質分解酵素です。スイカは甘いフルーツですが、太らないってことですね。

実は、スイカに含まれる糖分は効率よく体に吸収されるので、ブドウ糖そのものによる血糖値の上昇を100とすると、スイカは約76です。白い食パンが約75なので、ほぼ同じくらい素早く血糖値を上げる性質をもっていることになります。でも、スイカに含まれる糖分量は、重さの4%程度と極めて少ない(食パンの糖分/炭水化物は、重さの50%)ので、スイカをたくさん食べても太る心配は、そもそもないのです。更に、糖質分解酵素までもっているとなれば、まったく心配せずに、摂れる安全な甘味と言えますね。

スイカ1胃潰瘍改善(グルタミン酸)

ピロリ菌は病原菌ではなく共生細菌(3)ピロリ菌と友好的に共生する食事とライフスタイル』でも紹介しましたが、グルタミン酸は、旨味成分というだけでなく、胃潰瘍の修復に効果をもっているアミノ酸成分です。

元気回復・夏バテ予防・回復(アルギニン)

ニンニクやうなぎなどに多く含まれている活力の素と言われるアミノ酸成分です。それがスイカにも含まれています。夏バテ回復効果の素がここにもありましたね。

血流改善(シトルリン)

ウリ科の野菜に特徴的な利尿作用をもつアミノ酸主成分です。腎機能を助け、体内の老廃物や、有害物質などを体外に排出する作用を促します。

シトルリンは、熟した大玉スイカよりも、200g以下の熟していないスイカに2~3倍多く含まれていて、果肉よりも皮に多く含まれていると言われます。とは言え、スイカの果肉100gあたり平均180mg含まれているようなので、シトルリンを摂るなら、大玉スイカを7分の1程度食べれば十分だと言われています。

シトルリンは、体内で一酸化窒素を発生させるため、血管が拡張し、血流を改善します。そのことで、次の効果があると言われています。

また、シトルリンは血管を拡張させ血流を促進するため、バイアグラと同様の仕組みで、勃起時に海綿体に多くの血が流れるようになることによる作用も期待されています。ただし、シトルリンは、食品成分ですから、薬とは違い即効性はありません

種子の成分

  • 解毒作用、解熱作用、利尿作用、疲労回復作用
  • 中医学・漢方では、強壮、止血、喉の痛みの緩和などの薬として用います。

秋はシーズ(種)も美味しい季節!

上で紹介したスイカの効能をお薬として摂るためには、スイカ糖が便利ですよ。

スイカ糖

  1. 熟したスイカ2~3個の果肉を使います。
  2. 果肉を布袋に入れて、汁をよく絞ります。
  3. 絞り汁を鍋に入れ、汁が1カップ程度になるまで数時間ゆっくり煮詰めます。
  4. ドロドロになったら、火を止めて、
  5. よく冷ました後、ビンに移し、冷蔵庫で保管しましょう。

ムクミが酷い時や喉が痛い時には、スイカ糖を1日3回スプーン1~2杯摂ると良いと言われています。

また、種もいっしょに入れて作ると効能が高まる他、皮を水で煎じて飲んでも効果があると言われています。

その他、スイカを使ったレシピ:
Summer Refresher』 スムージー
スイカのガスパチョ
スイカのドレッシングでサラダ

 

divider

こんな話、直接、聴いてみたいと思いませんか?

マインド・ボディ・メディシン講座9月開講!

詳細とお申し込み

divider

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

参考文献:
Why Men Should Eat Watermelon”, Andrew Weil, 6/2/2015
Eating more tomatoes and watermelons can reduce prostate cancer“, December 21, 2004, News-Medical.net
スイカの成分と効能』、株式会社萩原農場
西瓜(すいか)に含まれる主な有効成分と効用

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.