食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

米国の連邦議会がヘルスコーチの重要性を認知

2月13日の米国連邦議会において、ドナルド・M・ペインJr.下院議員(Representative Donald M. Payne Jr.)が次のようなスピーチを行いました。和訳してお伝えします。

本日、私は、同僚のマーク・ウェイン・マリン下院議員と共に2月13日の週をヘルス&ウェルネスコーチの貢献を称える公式な週に認定する議案を提出できることを喜ばしく存じます。

ライフスタイルに起因する慢性疾患(生活習慣病)は、この国に健康危機をもたらしています。慢性疾患は、予防できたはずの死や障害の主な原因であり、この国の経済にとっては、年間1兆ドル以上の負担となっています。この健康危機は非常に深刻な状態にあり、疾病管理予防センターは、慢性疾患は21世紀における公衆衛生に課されたチャレンジだとの認識を示しています。

しかしながら、我々は生活習慣病を減少させ、危機を回避することができます。それは、生活習慣を改善し維持することを意味します。

そこにヘルスコーチが必要となるのです。ヘルスコーチは、医療提供者によるアドバイスと、継続可能なライフスタイルの改善との間にあるギャップを埋める役割を担っています。ヘルスコーチは、個々人が健康と幸福感を向上させるための支援を提供し、健康危機の根幹にある真の原因に対処します。

私は、ヘルス&ウェルネスコーチ達がこの国の人々をより健康にしてくれていることに、心から深い感謝の意を示したいと思います。我々は、彼等の努力を後押しすべきなのです。

嬉しいですね!

ここで、生活習慣病などの慢性疾患の根絶に貢献していると称えられているのは、ヘルスコーチであること(管理栄養士ではないこと)が重要です。従来型の栄養指導の限界、ライフスタイルを変えるほどの効果を挙げられなかったところに、ヘルスコーチが効果を挙げていることが主な理由です。

制定されたウィークも、栄養士ウィークではなく、ヘルスコーチウィークという名称であることが多くを語っています。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.