食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

新年の抱負はもう要らない。自分が好きになる5つのアイディア

新年は、私達の目的意識決意希望を新たにします。
過去を捨て去り、新しい冒険を始めたり、人生を見直して、どんな変化をもたらしたいか新年に考えたりします。

例えば、年末年始の休暇をお雑煮とお節料理でぬくぬく過ごしたあなたは、人生をよりよい方向へ転換させたいと思うようになります。

ジムの会員になって毎日運動することにしたり、世の中に貢献したいと考えてボランティア登録したり、SNS漬けから抜け出そうとデジタルデトックスしたりしするかもしれません。健康的な食事をすることにして、全ての食事をオーガニック食材で手作りすると決めるかもしれません。

決意も固く、新しいライフスタイルを始めた自分を誇らしく感じるかもしれません。そして、あなたは1月の間は、ゾーンに入ったかのように過ごすことでしょう。でも、

バーン!

突然、仕事が忙しくなります。大切な人と大ゲンカします。友達が病気になります。
あなたは、毎日を平穏に過ごすことで精いっぱいになりますが、それでも、新年に決めた新しいライフスタイルを守らなければなりません。

あなたの人生に新しい風を吹き込んでくれるはずの決意が、いつの間にか、「やらなければならないことのひとつになっていきます。

そのうちに、ジムに行かなくなり、ファストフード店で食べるようになり、もう新年の決意なんてどうでもよくなって、いっそ全部止めてしまおうかという気持になり、結局、止めてしまいます。

新年の抱負を早々に諦めてしまった自分に対して、気持ちが沈み、自己嫌悪に陥ります。そして、もう新年の抱負なんて作るのはやめようとさえ思います。

再び新年になるまでは!(笑)

でも、そんなことを繰り返すだけの新年の抱負なんていりませんよね?
だったら、今年は、新年の抱負を窓から放り投げてしまいましょう。

別の方法で、ポジティブな変化を起こしましょう。

昨年は、私が資格を取得したNYCの学校が勧めていた3つの方法を『「新年の抱負」より役に立つ方法』で、ご紹介しました。今年は更に、 5つの新しいアイディアをご紹介します。

目標とか抱負とかと言うと、何かと、今の自分に足りないこと、不足していることを埋めるような、より良い自分になるための改善策などが思い浮かびがちです。でも、今年のテーマは、「自分に優しく

抱負なんてあってもなくても、何だかんだと、何かとがんばっているあなた。更にムチ打ってより良い自分になることに立ち向かうことを始める前に、まずは「自分に優しくしてあげることを習慣にしましょうと、いう方針転換です。

がんばっている自分を認め優しくすることを習慣にできたら、きっと、もっと自然と頑張れるようになれますよ。

自分を優先させると家族が幸せになる

今年から「がんばれる あなた」になれる5つのアイディ

1. 3ヵ月に1回リトリートをスケジュールする

忙しくて、忙殺されてしまうような毎日を送っている人にとって、ワーク(仕事)とライフ(家族や友達や義務)をバランスすることは、時間とエネルギーを消耗するだけのものですよね。

傲慢にならずに、自己中になろう – ワークライフバランスの呪縛から解き放たれるには

あなた自身のための時間なんて簡単になくなってしまいます。

あなた自身のため(セルフケア)の時間を捻出できなければ、燃え尽きてしまい、家族や友人達に対する心の余裕もなくなってしまいます。

それを変えましょう。

3~4ヵ月に少なくとも1日は、あなた自身が主役となるリトリートやワークショップに参加しましょう。あなたの頭が次から次へと何かを考えなくても済むような、気持ちが落ち着く場所を見つけましょう。でも、事前に多くの計画を立ててはいけません。でなければ、せっかくのリトリートが、「やるべきこと」のリストになってしまいます。

リトリートの場所として次のアイデアはどうでしょうか。

  • 日記帳といっしょにに行きましょう。そして、あなたが好きだと思うことや、あなた自身について好きだと思うことについて、書き出していきましょう。
  • スパで丸一日過ごしましょう。朝、1つか2つのトリートメントを受けてみましょう。午後は施設内の様々なサービスを楽しみましょう。そしてその日の終わりには、感想をまとめてみましょう。
  • ヨガ・リトリートに行ってみましょう。あなたの心と体が融合するように、祈りや瞑想やヨガをして過ごしましょう。

2. 仲間を見つける

何か新しいことを抱負にする代りに、いっしょに過ごしたいと思う人達との時間を増やすようにしてみましょう。

人生は短いですから、あなたを貶めるような人達といっしょに過ごす時間はもったいないです。できるかぎり、あなたを元気づけたり、課題を与えてくれたり、高めたり、支援してくれたりする人達に囲まれるようにしましょう。

1.あなたにとっての「善い人リストを作りましょう。

  • 誰といっしょにいるとあなたは自然と良い人になれますか?
  • 誰があなたを笑わせてくれますか?
  • 誰があなたに温かい気持ちを起してくれますか?

2.次に、そのリストを5~10人くらいに絞りましょう。
3.そして、今年1年を通して、どうしたら彼等と一緒に過ごす時間を増やすことができるか考えましょう。

例えば、

  • 月1回の夕食会
  • 週1回のランチ
  • 一緒に運動する
  • 一緒に知らない街を散策する
  • 週末の近場旅行

3. 過去を処理する

新年に集中するあまり、そもそも今まではどうだったのか忘れてしまいがちです。

  1. 去年何があったのか、良いことも悪いことも思い出してみましょう。
  2. でも、何があったとしても、その出来事を批判してはいけません
  3. ただ、思い出し、それぞれが結果として、今のあなたの一部を作っていることに感謝しましょう。

過去の処理方法 – アイデア

  • ロウソクを灯して、心地よく座り、日記帳にあなたの思いを書き出していきましょう。
  • 友達と夕食を共にしながら、前菜、メイン、デザートと進むごとに、4ヵ月ごとの思い出について報告し合いましょう。
  • あなたの1年を象徴するような音楽/曲を集めてまとめてみましょう。
  • 瞑想の時間をとって、1年を振り返って見ましょう。
  • 1年の始まりと終わりをコラージュしてみましょう。作り方は、『アートで心をセルフヒーリング』をご覧ください。

新年を清々しく始めるには

4. 感謝を表現する

感謝を表現することを定期的な習慣にすることで、感謝は目標を再確認したり、日々のストレスからあなたを引き離す手助けとなります。

あなたの人生に感謝

  1. あなたが感謝しているあなたの人生の事柄についてリストすることから新年を始めてみましょう。
  2. なぜあなたは、そのことに感謝しているのか、理由について考えてみましょう
  3. そうすることで、次第に、あなたはどんなことを重要だと感じる人なのか、どんなことに喜びを感じる人なのか、あなた自身の思考パターンに気づくことでしょう。

あなたの周囲の人達に感謝

  1. 次に、あなたが感謝している人達のリストを作りましょう。
  2. それぞれの人達に、なぜあなたが感謝しているのかについてメッセージを書きましょう。返信してもらうことを期待せずに書きましょう。

そうすることで、あなたは、彼等の新年を祝福することから今年を始められます

幸福で健康になれる性格要素って?

5. 1年間の猶予を自分に与える

今年はあなた自身を変革する代りに、今この瞬間のありのままのあなたに心地よさを提供してみましょう。

常に常に人生に変革をもたらすのは疲れます。ありのままのあなた自身を受け入れて、ただ静かに座っていることを想像してみましょう。

ありのままのあなたを受け入れる方法:

  • あなたが誇りに思う、あなた自身についてリストを作りましょう。
  • あなた自身に、なぜあなたは愛される価値がある人なのかについて手紙を書きましょう。
  • 周囲の人達に、あなたの長所について尋ねてみましょう。
  • 私はこれで良い」と唱えながら瞑想しましょう。

ありのままの自分を受け入れるということは

もちろん、あなた自身が、成長しよう、向上しようと努力することに何の問題もありません。でも、それを始める前に、「今のままのあなたも十分良い」ということを受け入れることを学びましょう。

そして、あなたが変化を無理に強制したりしなければ、自然と起きてくる物事の流れに任せてみましょう。(ディーパック・チョプラ博士の『瞑想とチャクラ – あなたが知るべきチャクラ』内の「最少努力の法則」を参照のこと。)

 

いかがですか?
これなら、肩から力を抜いて、穏やかな気持ちで、新年を始められると思いませんか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考:
潜在意識に働きかけて新年の抱負を決めてみましょう
新年度を有意義に過ごす6つのポイント
「新年の抱負」より役に立つ方法

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.