食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

落ち込んだ気分を改善してくれる食べ物 その1(セレン)

私達の体は、細胞1個、脳内ホルモン1滴に至るまで、”私達が口にしたものだけ”からできています。口にしていないものからはできていません。食べたもの、飲んだ物だけが、全ての細胞や組織の材料となっています。

sere

例えば車。ひとつは良質な金属を使って精密な部品で組み立てられています。もうひとつは、粗悪な材料でいい加減な部品で組み立てられています。車という物体として、この2台は同じですが、質はまったく異なります。一方は錆びやすく壊れやすい。もう一方は錆びることなく不具合も起こさない。

人間の体も同じです。粗悪な素材を使えば、錆びやすい(老化しやすい)体、壊れやすい(病気になりやすい)体になります。

これは、何も体という肉体だけの話ではありません。私達の心の状態を左右する脳内ホルモンや性ホルモンも物質ですから、良質で充分なホルモンが体内で生成・分泌されるためには、良質な材料が必要です。そうした材料が不足していたり、粗悪なものであれば、どんなに心に良い活動(瞑想、絵画や音楽の鑑賞、親しい友人との会話や旅行、散歩、運動などなど)をしても、ホルモンがちゃんと分泌されませんから、期待するほどの良い心の状態を生み出せないことが研究によって判って来ています。

もちろん、楽しいことをしなければ、楽しいとは感じませんが、楽しいことをしたとしても、“楽しいホルモン”の材料が不足していたり粗悪であったりすれば、脳内で十分な”楽しいホルモン”が生成・分泌されないので、楽しく感じられなくなってしまうのです。

体だけでなく、心も、食事から、切っても切れない関係にあることが、ここから判ります。

今回は、そんな心の状態にとても関係の深いミネラルについてご紹介します。

セレンの食品摂取基準

1日の推奨値 45μg
1日の限界値 300μg

セレンの効能

希少ミネラルのセレンは、私達の情緒を安定させてくれます。セレンが不足すると特に女性うつ症状が現れてきます。食事をバランスよく摂っている場合には、不足することはありませんが、魚や豆類をあまり食べない人は要注意です。

セレンは、甲状腺ホルモンアンチエイジングホルモンの生理活性を高める働きをします。甲状腺ホルモンは成長発育など、細胞の再生に欠かせないものですが、情緒をコントロールし、新陳代謝を促す働きもあります。なので、甲状腺ホルモンの生成に重要な役割をもっているセレンが不足すると、情緒不安になったり、老化現象が現れてきます。

甲状腺機能低下症の予防と改善(3) - 食事(つづき)

また、セレンは、過酸化物質を分解する酵素、グルタチオンペルオキシターゼの必須成分で、細胞のサビつきを防止する作用があります。特に、セレンの抗酸化力は、ビタミンEと一緒になると、2倍以上の力を発揮するといわれ、ビタミンEやビタミンCと協調して老化防止がんを抑制し、免疫機能を高めることに注目が集まっています。

グルタチオンと硫黄の多い食品
あなたのビタミンEは本物ですか?
ビタミンCの多い野菜と果物

セレンの過剰摂取による障害

通常の食事では、セレンを過剰摂取することは考えにくいですが、セレンは、毒性が比較的強く、サプリメント錠などで過剰にとると中毒症状を起こします。脱毛や爪の変形、嘔吐、しびれ、頭痛悪心、吐き気、下痢、食欲不振、頭痛、免疫抑制、高比重リポ蛋白(HDL)減少などが現れます。

セレンの欠乏症

バランスのよい食事を摂っていれば、欠乏症を起こすことはほとんどありません。セレン欠乏症の症状は、うっ血性心不全、心筋障害などです。

セレンを多く含む食品

セレンはタンパク質(アミノ酸)の中にその成分として存在していて、ヒトの体内には、セレンを含むタンパク質が25 種類存在することが明らかにされています。そして、これらのセレンを含むたんぱく質は、私達の抗酸化システムの中で重要な位置を占めています。

つまりセレンの多い食品とは、セレンを含むタンパク質(25種類)を多く含む食品のことです。主に、魚類

こうした食材とビタミンCの多い果物や野菜ビタミンEの多いナッツ類といっしょに食べると効果は2倍以上になります。

セレンの多い食品

セレンの多い植物性食品

参考:
ビタミンCの多い食品
ナッツ・ガイド
シーズ(種類)ガイド

落ち込んだ気分を改善してくれる食べ物 その2 (マグネシウム)
幸福ホルモン”セロトニン”を造るアミノ酸 – トリプトファン

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.