食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

EUが遺伝子”編集”作物にNO。あなたの周りで増えている機能性強化食品は大丈夫?

バイオ個性で食べる、心と体をつなぐホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

 

ニュースレターご登録者限定の、キャンペーン情報なども配信しています
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

 

2014年からこの話題に関心があり、その都度ブログの情報を更新してきました。問題はまだまだ深いですが、今回は、やっとで嬉しい報告ができそうです。

遺伝子編集作物、米国は容認、EUは規制

2014年1月23日

遺伝子解析技術が進歩したことで、従来の品種改良を効率的に行うことが可能になったという論文が、Scientific America に発表されました。

2015年1月

Cell Pressに、北海道大学

「遺伝子組換え(genome engineering)でない、
遺伝子編集(genome editing)作物を認めるための
新たな法的枠組みが必要だ」

とする論文を発表しています。
つまり、遺伝子編集作物を法的に容認して欲しいということです。そして、

2016年4月14日

Nature(ネイチャー)誌が「遺伝子編集マッシュルームを米国は規制しない」と報道しました。

米国農務省(USDA)は、作物自体の遺伝子を編集するだけなので、規制する理由がないと説明しています。

米国では、白マッシュルームから随時、遺伝子編集を解禁していくと発表しています。

規制対象ではないので、食品表示義務も課されません。消費者が遺伝子編集作物かどうかを判別することはできません。そもそも米国には遺伝子組換え作物についても表示義務がないので、当然の対応なのかもしれません。

更に

2018年7月6日

米国FDA(食品医薬品局)は、遺伝子編集によってβカロテンを強化したゴールデン・ライス( GR2Eライス、βカロテンの色が黄色なので)を「安全」と認定しました。ゴールデン・ライスに含まれているβカロテンの量は微量であるため、栄養価は通常の米と相違はないとも記載しています。

しかし、

とうとう、今年(2018年)7月25日

EUの欧州司法裁判所(The European Court of Justice)が判決を下しました。

遺伝子編集作物は、遺伝子組換え作物である。

そのため、遺伝子編集作物や遺伝子編集食品を使った加工品に対して、遺伝子組換食品と同じ規制の対象とすることが発表されました。つまり、EUでは、遺伝子組換原料を全体の0.9%以上使用している加工食品は、それを表示しなければなりません。

さて、日本はどうするのでしょうか。

遺伝子組換え作物と遺伝子編集作物の違いから見ていきましょう。

遺伝子“組換え”作物は、種(しゅ)の壁を超え、遺伝子を組み入れて造られる作物

例えば、大豆や小麦の遺伝子に、害虫を殺す毒をもったバクテリアの毒の遺伝子(BT)を組み入れることで、害虫に強い大豆や小麦を作ってきたのが、遺伝子組み換え技術です。

自然界では決して起こることのない種を超えた遺伝子の融合を人為的に可能にする技術です。

自然界では起こり得ない不自然な作物であることから、その安全性について、様々な議論が起こり、日本やEUでは食品表示の対象となっています。

遺伝子“編集”作物は、種の壁を超えることなく、遺伝子のスイッチをオン/オフすることで造られる作物

種の壁を超えることなく、より好ましい遺伝子のスイッチをオンにし、好ましくない遺伝子のスイッチをオフにすることで造られる作物です。

例えば、

  • 実を甘くする遺伝子を全てオンにしてから種を撒く、
  • より実が赤くなる遺伝子をオンにする、
  • 苦味を発する遺伝子をオフにする等、

植え付け前に好ましい遺伝子のみをオンにして、好ましくない遺伝子をオフにすることで、無駄なく全て理想的な作物を収穫することを可能にします。

少なくとも、異種の遺伝子の不自然な組み入れではなく、個体の遺伝子のオンオフを編集するだけであるから安全だという主張です。

単に、今までの品種改良を効率よく時短で高確率で行うことを可能にするだけだと主張しています。

あなたは、どう思われますか?

ペットの交配からの示唆

例えば、ペットとして飼われている犬も、人間の勝手な美醜の基準で交配が行われてきた結果、

  • 遺伝的(先天的)に脊髄に異常をもった犬種(ペキニーズ等)、
  • 肺や心臓の弱い犬種(ブルドッグ等)、
  • 自然分娩できないような骨盤になってしまっている犬種(ゴールデンレトリバー等)

が存在しています。

人間の勝手な欲望が犬種全体において起こした危機です。個体の問題ではありません。

その姿が“可愛い”のかもしれませんが、そのことで、先天的な病気をもった種(しゅ)を生んだ人間の罪は深いように思います。

同様に、現在の小麦アレルギー小麦グルテンによる病気の原因物質であるグリアジンは、1970年代のアメリカで行われた、粒が大きく背の高い、風で倒れない強い小麦を作りたいという善意の品種改良によって、発生してしまった変異タンパク質が起源となっていることが最近の研究で判ってきています。

米国から輸入された小麦が一般的になってしまった世代(1970年代生まれ以降)が生んだ子供に小麦アレルギーが多く発症していることは偶然ではないように思われます。

機能性食品は、遺伝子編集食品の可能性大

冒頭の日本の名だたる大学の研究者が遺伝子編集作物を推進していることからも、日本がUSDAの判断に続く可能性は非常に高いと懸念します。でも、表示義務だけは課してほしいものです。

2015年4月に食品表示の規制が変更になり、食品の機能について記載することが可能になりました。

でも、これは、任意の記載であり、義務表示ではありません。

しかも、これは、そうした「機能強化を宣伝して強調しても良いよ」という、機能強化食品を後押しする国の方針ともとれます。

人間のエゴを満たすために、甘い、すっぱい、ビタミンC豊富など、

  • ある特定の栄養素や味覚のみを強調した、
  • 天然では起こり難い、
  • 自然のバランスではない栄養バランス

となった作物を作れば、確かに売れるのかもしれません。

例えば、

  • リコピンが通常の3倍も含まれているトマトとか、
  • スルフォラファンが通常の2倍も含まれているブロッコリースプラウツとか

等々

でも、そのことで、犬の交配の様に、小麦のグリアジンの様に、

先天的に問題をもった野菜や果物を生んでしまう可能性は否定できないように思います。

人為的に遺伝子を操作・編集することで、人間にとって解明されていないことの多い仕組みに対して、取り返しのつかない悪影響を生じさせてしまう可能性は無ではないように思うのです。

野菜も果物も、私達人間も、独立したミクロ要素を積み上げただけの存在ではありません。

個々の要素がそれぞれに相互作用して存在しているのです。ある部分だけが変わる/増える/減るということはありえません。

人為的に、ある栄養素だけを増やすよう遺伝子“編集”された機能性食品は、これからもっと増えてくることでしょう。

存在全体を考える食のあり方が益々大切になってくるように思います。

自然に任せた食品は幻想なのか?

マイケル・ポーランが『なぜ、もはや“ナチュラル”に何の意味もないのか』の中で書いているように、私達が口にしているもので、人間の手が関わっていないものは、もはや存在しないということを思えば、

「自然にまかせた」という言葉は多くの矛盾を含んでいるのかもしれません。

それでも、組換えであれ、編集であれ、遺伝子に手を付けるのは「不自然」だと、私の直観が感じています。

そして、今回EUもまた、それは「不自然だ」「規制すべきものだ」と判決したのだと思います。

あなたは、どう思われますか?

これからも、機能性強化食品を買い続けますか?

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

参考:
ドキュメンタリー・フィルム「モンサントの不自然な食べもの」
家計に負担をかけずに有機(オーガニック)や自然(無農薬・無肥料)栽培の食品を手に入れる方法
超加工食品専門店の優良顧客は、〇〇になりやすい!?
有機栽培?オーガニック?自然栽培? – 食品の安全性について
食品の安全性について 補足

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.