ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

骨が作る天使と悪魔のタンパク質(ホルモン)

骨が作るタンパク質(ホルモン)が、血糖値や代謝や食欲と関係していることが、ここ何年かの間に報告されています。

ひとつのタンパク質は私達を生活習慣病から守ってくれる天使のホルモン。でも、もうひとつのタンパク質は、生活習慣病からがんまで様々な病気の危険なサイン。悪魔のホルモンです。

天使: オステオカルシン

2014年に骨が作るタンパク質、オステオカルシンが、血糖値を下げ、代謝を上げることが発見されました。

オステオカルシンは、骨に含まれるタンパク質です。骨のタンパク質のうち、コラーゲン以外のタンパク質の約20%を占める物質です。

ビタミンD3によって多く発現し、骨の形成に関与していると考えられていて、骨芽細胞の骨形成マーカーとして用いられています。

研究では、マウスに週3回3ヵ月間オステオカルシンを経口摂取させています。(ちなみに、マウスの週3回3ヵ月間は、単純計算で、ヒトの約2ヵ月に1回7年間です、笑)

飲み続けたマウスの膵臓で、インスリンを合成・分泌するランゲルハンス島β細胞が増殖してランゲルハンス島が増大していること、それに伴ってインスリンの分泌量が増えることが報告されています。

更に、高脂肪・高炭水化物のエサで飼育したメタボリックシンドロームのマウスも、オステオカルシンを摂取すると、糖代謝が改善するという結果が得られたと報告しています。

オステオカルシンは、長寿ホルモンアディポネクチン」の分泌を促すことが他の研究によって報告されています。

糖尿病や高脂血症などの生活習慣病の予防・改善をしてくれるタンパク質(ホルモン)だと言えますね。

オステオカルシンは、骨が造ってくれるタンパク質ですから、骨を健康に保つことで、メタボ解消になるってことですよね。

しかもビタミンD3によって多く発生するということですから、キノコ(ビタミンD2)を食べるよりも日光浴をして自分で光合成することで、太らない体質を作ることができるってことなんじゃないでしょうか?

ビタミンDの多い食品
海外でも注目のスーパー菌類-日本の椎茸

私達の腸内細菌が、紫外線を吸収して体内でビタミンD3を造っています。
腸内細菌が作ってくれるのですから、骨の健康そして太らない体質を作るためには、腸内環境を整えることも大切ってことですね。

骨の健康と腸内環境、発酵食品との関係については『骨粗鬆症を予防して骨を健康にする食品は?ヒント:カルシウムじゃありません。』をご覧ください。

また、かかとを上げて、ストンと落とす運動をすることで、オステオカルシンの分泌が促されるそうですよ。

悪魔: リポカリン2

2017年3月、骨芽細胞から分泌されるタンパク質、リポカリン2LCN2)が、インスリン分泌を誘導して、耐糖能とインスリン感受性を向上させ、グルコース恒常性(血糖値の安定)を維持することが報告されています。

リポカリン2が、食欲を抑制することが発見されたのです。

リポカリン2は、脳の視床下部のニューロンでメラノコルチン4受容体(MC4R)と結合して、食欲抑制経路を活性して食欲を抑制するのだそうです。

ここまで読むと、リポカリン2が分泌されたら、食欲をコントロールできるように思ってしまいますよね。

でも、このリポカリン2は様々な肥満関連炎症性疾患のマーカーなんです。

血清中にリポカリン2が多い人ほど、

  • 腎障害
  • 脂肪蓄積
  • トリグリセライド(中性脂肪)血症
  • 高血糖
  • インスリン抵抗指数
  • CRP(炎症や組織細胞の破壊が起こると血清中に増加するタンパク質)

が高いのです。

また尿中にリポカリン2が多い人ほど、

  • 乳がんを発症している確率が高い

ことも報告されています。

更に、乳がん細胞で、リポカリン2が発見された人の乳がんは悪性化しやすいのだそうです。局所での浸潤性が高く、リンパ節転移を起こしやすいことが報告されています。

リポカリン2が食欲を抑制するように作用するのは、たぶん、体内の血糖値や血中脂肪がある一定の許容量を超えてしまい、様々な炎症性の病気を起こし始めたため、もうこれ以上増えすぎないように、私達の食欲を抑制するためなのではないかと推察できます。

特に、マインドレス・イーティングが習慣になってしまっている人は、体の声が聞こえないので、満腹感を感じずに食べ続けるため、リポカリン2が体内で過剰あるいは飽和状態になってしまうのではないのでしょうか。

そして、結果、様々な細胞にまで入り込み、炎症を起こしたり、がんを悪化させたりするのではないのでしょうか。

そう考えると、リポカリン2を悪魔と決めつけてしまうのも可哀想な気がしてきます。

元々は、内臓炎症が悪化しないように、食欲を抑制してくれようとしているだけなのですからね。それを無視して無茶な食事を続けることで、リポカリンが過剰になり、症状を悪化させてしまうことになるわけですから、

リポカリン2を悪魔にしてしまうのは、私達自身ってことですよね。本当の悪魔は自分ですね。

 

骨が私達の血糖値や代謝や食欲に関係している物質を造っているということに驚きますが、できるだけ、天使のオステオカルシンが作られ、悪魔?のリポカリン2が作られないような、食事やライフスタイルを維持していきたいですね。

7月中はプライベート・ヘルスコーチングの割引きキャンペーン中です。約1回半のセッションが無料になりますよ。まずは、無料の初回相談(コンサルテーション)にお申し込みくださいね。

無意識に働きかけてマインドレス・イーティングを予防する12の方法(1)
無意識に働きかけてマインドレス・イーティングを予防する12の方法(2)

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

募集中: 8月『がん予防になる野菜の食べ方・調理法』 残り1席
先行募集中 9月スタート、マインドボディメディシン・セルフドクターコース

 

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.