食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

7 DAY ヴィーガン

7dayvegan

7日間だけヴィーガンになってみましょう!というサイト(英語)があります。
7日間、ヴィーガンを続けられるよう、食事プランやレシピなどが掲載されています。

私自身は、ヴィーガンではありません。

自分の食事に名前やタイトルをつけることもしていません。強いて言えば、ポストモダンでホリスティックな食事でしょうか。何かを食べてはいけないとか、何を食べなければいけないとか、そういうルールではなく、自分の体と向き合うことで生まれる直感に従い、自分の体の欲するものを食べ、欲しないものは食べない、そういう食事(マインドフル・イーティング)をしています。

ですから、野菜しか食べない時期もあれば、お肉を食べる時もあります。野菜を生で食べることもあれば、火を通してから食べることもあります。その時の気分(心)と体次第です。

でも、野菜しか食べない生活をしたことがない方も、たぶん、多いと思います。良い機会ですから、7日間だけ、野菜だけで過ごしてみてはどうでしょうか。試してみない事には、それが自分に合っているのか、合わないのか判りませんよね。ほんの遊び心でやってみてはどうでしょう。

詳しくは、サイトをご覧いただくとして、どんな内容なのか、簡単に日本語にしてお伝えしますね。

また、健康を損ねずにヴィーガンになる方法については、コラム『正しくベジタリアン/ヴィーガンになる方法』を参考にしてくださいね。

—————要訳—————-

どんなプログラムなの?

簡単で楽しくヴィーガニズム(ヴィーガンの流儀)を試してみるプログラムです。その過程で、自分自身の健康や二酸化炭素排出量(カーボン・フットプリント)の削減、命あるすべての生き物に対する思いやり等についても学ぶことができます。

どんなメリットがあるの?

環境: あなたのカーボン・フットプリントを減らすことができます。
健康: 植物性食品を増やすことで、より健康的になれます。
思いやり: 動物に対する非人道的な扱いをなくします。
成長: あなたが思っている限界は、真の限界ではないことを体験できます。
楽み: ヴィーガンになることは自己犠牲ではなく、楽しみだと学びます。
そして、『ヴィーガンは愛である』という理念が体験できます。

どうやるの?

  1. 動物性食品(肉、鶏肉、魚介、卵、乳製品)を7日間、止めます。
  2. 友達、家族に、ヴィーガン・チャレンジをすることを宣言します。サイトのチャレンジャー・リストに名前を記載しても良いです。
  3. もし必要であれば、サイトに掲載されているレシピ(英語)を使ってください。
  4. 7日間が終了した後、みんなに、どんな7日間だったか話してください。

今回は、上に書いた動物性食品以外の動物性製品、例えば、はちみつ、皮製品、毛皮製品など、は使っても構いません。

このチャレンジは、いつ始めても構いません。特定な開始日があるわけではありません。
もちろん、7日間を14日間、21日間、さらに1か月間と続けていっても構いません。チャレンジするのはタダです。

————————————————-

参考: 7 Day Vigan

 

ソフィアウッズ・インスティテュート - ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.