食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

【限定公開】あなたの心の境界線がどこにあるか知っていますか?人間関係をちょっと楽にする方法

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

他者との間に健康的な境界線をひいて、他者にそれを守らせることで、あなたは人間関係をもっと楽しめるようになります。

他者との間に健康的な境界線をひくことは、

あなたの

  • 幸せや
  • 自信や
  • 自尊心に

有害な影響を与えている人間関係から、文字通り「一線をひく」ことを意味します。

そうすることで、あなたは、プライベートにおいても、キャリアにおいても、あなた自身が人生の舵を取っているという感覚をもつことができるようになります。

子供の頃、両親や保護者から、お行儀よくし、他者には礼儀正しくするよう教えられませんでしたか?

子供の頃、他の子を叩いてしまった時、親は他者を叩いてはいけないと教えます。

権威に反抗する年齢になると、反抗的な態度が問題を解決することはないことを教えられます。

つまり、躾は、私達に境界線のひき方と、それを守ることの大切さを教えてくれているのです。

境界線は、縛りや限界を示すものです

例えば、庭を取り囲んでいるフェンスや壁は、物理的な境界を示すもののひとつです。

幼い頃、庭の外で遊んではいけないと言われたことはありませんか?

そして、全ての境界には、臨界点があります。

そこを超えると、無視できないほどの影響が起こるポイントです。

庭の外へ出た時、叱られたり、しばらく外で遊ばせてもらえなかったりした記憶はありませんか?

こうして、私達は、境界を越えると不愉快な結果が起こるということを学んでいくのです。

心の境界線とは?

もしあなたが、境界線の中に留まることの大切さを両親から教えられて育ったのなら、あなたは、自ら境界線をひき、それを守ることを学んでいると思います。

もし境界線をひく意義や理由について学ぶことなく成長した場合には、大人になった今、あなたは、自らの境界を認識し、それを他者に伝えることも、他者の境界線に気づき尊重することも、上手くできていないかもしれませんね。

意識的な学習か、無意識の学習かによらず、私達は学習を通して、境界線がひけるようになります。

境界線は、一本の線のようなものです。

線の片側が「OK」の領域、反対側は「OUT」な領域です。

お互いの境界線を尊重することで、全ては上手く行きます。

境界線を越えたら、失業、絶交、離婚などにもなりかねません。

もしあなたが他者の境界線を無理に押し広げようとしたら、あなたは相手の心を、崖っぷちに追い詰めてしまうかもしれません。

同様に、他者があなたの境界線を無理に押し広げようとしたり、境界線の中に入り込もうとしたら、あなたの心は、穏やかではいられないはずです。

でも心の境界線は見えない

時々、他者は、知らぬ間にあなたの境界を侵してしまうことがあります。それはあなたも同じです。

あなたが自分の境界線がどこにあるのか、他者に明確にしていなければ、他者があなたの境界に気づくことは難しいものです。ですから、何も伝えないまま、他者がそれを尊重してくれることを期待するのは無理というものです。

「分かっているはず。」「分かっているに違いない。」「それは常識。」は、期待外れになることが多いものです。

もちろん例外はありますが、特に、お互いを知っているはずの家族間や仲の良い友達同士の方が、侵害行為が起こりやすいのも事実。

それは、親しいからこその、お互いへの「甘え」があるからです。

だから自分の境界線を客観的に知り、それを明確に他者に伝えることが重要

そうすることで、

  • 他者に翻弄されることが減り、
  • 不要な失望や怒りを持つことも減り、

健康的な人間関係を築いていけるようになります。

そして、あなたは、自分で人生を選択しているという感覚を持てるようになります。

当然、あなたの境界を一方的に相手に守らせようとするのはお勧めしません。

  • お互いの境界を伝え合い、
  • もしお互いに不都合があれば、

お互いにとって納得のいく境界線の場所を見つけたら良いのです。

そのためには、お互いの価値観を知る、より深い会話が必要となります。

どんな人間関係もお互いの深いところにある価値観をシェアすること、そして、お互いの境界線を尊重し合うことによって、より深いものにしていくことができます。

お互いの境界線を尊重するためには、まず、あなたが、ご自分の境界線の位置を知っていなければなりません。

あなた自身の境界線の位置を知っていますか?

多くの人にとって、不倫は「ダメ」です。職場の上司によるパワハラも「ダメ」です。

同僚による抜け駆けが「ダメ」なこともあれば、親族が集まる年末年始に喧嘩をすることが「ダメ」な人もいるでしょう。

あなたの境界線を見つける方法

自分にとって何が重要で、何が良くて、何がダメなのかを明確にしていきます。

具体的にどのような態度や言動があなたにとって受け入れがたいものか明確にしましょう。

まず、あなたの人生で、ひどい扱いを受けたとか、ないがしろにされたと感じたのはどんな場面か思い出してみましょう。その状況やそれに関わった人達のことを考えながら、そして、なぜそうした態度や言動が受け入れがたいのか考えてみましょう。

次に、あなたにとって重要となる人間関係の要素をリストアップしてください。

それらがなぜあなたにとって重要なのか、その理由も書き足してください

書き出したリストを眺めて、

あなたが人生で人間関係に失望したり、悲しく感じたり、むなしく感じる出来事や状態は何か

考えてみてください。脳裏に浮かんだ言葉を書き出してください。

それがあなたの境界線です。

次に、

あなたの人間関係で重要な要素がどのようになったら、その仕事や人間関係や家族から逃げだしたくなるだろうか

考えてみてください。

それがあなたの臨界点です。

あなたの境界線を他者に伝え、守らせる

自分の境界線と臨海点を伝えやすい人間関係もあれば、言い出しにくい人間関係もあります。

どんな人間関係においても、鍵は、相手に伝えたいことに対してマインドフルになることです。

ものごとが順調に進んでいる時に、話をするのがベストです。

慌ただしくしている時や何かのついでに伝えるのは好ましくないですね。

相手との関係があなたにとってとても大切だと伝えることから始めましょう。

なぜあなたにとって重要なのか、あるいは、相手への感謝や、相手の大好きなところ、あなたが人間関係にとって大切だと思っている事柄などについて述べるのも良いです。

その人との関係におけるあなたの立場について相手にさりげなく伝える良い機会にもなります。

あなたの境界線について伝える時は、できるだけはっきりと簡潔に、落ち着いた心のこもった声で伝えるのが効果的です。

例えば、「友達から嘘をつかれるのは私にとってはNG。嘘は、友達として信頼し合えるかどうか、確信がもてなくなってしまうから。」

もし既にあなたの境界線が破られしまっている場合、そして、あなたが相手にラストチャンスを与えようと思うなら、相手に、もう一度境界線を破ったらどんなことになるのかはっきりと伝えておく必要があります。

例えば、「もしまた嘘をついていることが分かったら、絶交よ。」

どこまでの嘘なら良くて、どこからの嘘がダメなのかの線ひきも、人によって異なります。

「分かっているはず」は、なかなか通りません。

だからこそ、大切な関係であればこそ、お互いの価値観と境界線を、シェアし合っておくことが大切になるのです。

率直に、でも優しく、そして、一方的にならないように

そんな風にお互いの境界を共有しあえたら、全ての人間関係が、信頼と尊重で結びあえるように思います。

私も今年になって(この歳になって、笑)やっとで、母に私の境界線について、笑顔で穏やかに、でもはっきりと、伝えることができるようになりました。そのことで、次第に母の言動にも変化が生まれ始め、母との関係が楽になりました。

最後に、鷲田清一さんの『対話の可能性』からご紹介します。

<対話>は、共通の足場を持たない者のあいだで、
たがいに分かりあおうとして試みられる。
そのとき、理解しあえるはずだという前提に立てば、
理解しえずに終わったとき、
「ともにいられる」場所は閉じられる。
けれども、理解しえなくてあたりまえだという前提に立てば、
「ともにいられる」場所はもうすこし開かれる
対話は、他人と同じ考え、同じ気持ちになるために
試みられるのではない。
語りあえば語りあうほど他人と自分との違いが
より繊細に分かるようになる
こと、それが対話だ。
「分かりあえない」「伝わらない」という戸惑いや
痛みから出発すること、
それは、不可解なものに身を開くことなのだ。

「学びは、最初はいつも、何かを失ったような気がするものなのです」
(バーナード・ショー)

何かを失ったような気になるのは、
対話の功績である。

相手の境界線を知る、あなたの境界線を伝えるために話し合いましょう。

そうすることで、きっと、あなたが「当然」「当たり前」と思っていた境界線の位置が、相手のとは違っていることに気づくでしょう。

だから、相手にあなたの境界線の位置をはっきりと伝えなければいけないのです。

どちらが正しいのでも、どちらが間違っているのではなく

ただ、私達はひとりひとり異なるのだという認識をもっているかいないかで、人間関係の質はとても大きく違ってきます。

人生を楽しく満喫するために、自分の境界線を見極め、伝え、そして相手の境界線も尊重することを習慣にするだけで、人間関係がちょっと楽になりますよ!

余談ですが、12月に入ってから「話せば話すほど解り合えない会話」というものを体験しました(笑)。その人は、私のバックグラウンドやヘルスコーチングのことやクライアントさん達のことまで、多くの間違った思い込みと決めつけをもっていらっしゃり、長いメールが送られてきました。

そのひとつひとつについて否定しない代わりに、ただただ事実をお伝えするメールを返信することを何度となく繰り返しました。

何を書いて送っても、常に否定的にネガティブに解釈した言葉が返って来るという経験です。彼女の妄想の中の私像が、彼女の妄想でしかないという事実が明らかになるにつれ、ついに最後には、「お前の母さん出ベソ!」的な悪口と思い込みで綴られた悪態メールが送られてきたのでした(笑)

直接会ったこともない人が言うには、確実に私の境界線を大きく侵害している発言でしたが、 悪口には、大抵、一理あるものです。 彼女が私のことや私がやっていることにとても大きな関心をもっていらっしゃることは、毎回の長い長いメールで分かります。

だって無関心だったら、それほど長い悪口を何度も書いて送って来るような無駄な時間とエネルギーは使いませんよね。

瞬間的なショックが過ぎた後、彼女の悪口を客観的に受け取ることにし、信頼できる友人達の意見を訊いてみることにしました。概ね、悪口は単に悪口だったわけですが、その中で、とても建設的な意見をくれた友人もあり、怪我の功名ですね(笑)

生きていると、通りすがりの人に境界線をこんな風に暴力的に侵害されることもありますが、そこから学ぶこともありますね。余談でした。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.