食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

【限定公開】糖尿病の予防と改善に良い食品についての最新情報 – コレステロール低下薬は要注意

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

毎年、何百万の人が糖尿病に苦しめられています。

糖尿病は血糖値だけでなく、

  • 失明
  • 腎不全
  • 心疾患や
  • 神経痛など

合併症が心配な病気です。合併症は死の危険があるものもあります。

できれば、発症せずに済ませたいものですよね。

糖尿病の発症率と医薬品との関係に関する研究がいくつか発表されています。今回は、糖尿病の予防と改善に関する最新の情報をお伝えします。

(裏付けとなっている研究論文は最後に参考文献として一覧にしています)

コレステロール低下薬を飲んでいる人は糖尿病発症リスクが38%高くなる

10年ほど前に、スタチン(コレステロール低下薬)が高血糖を招くのではないかという懸念が生じました。

参考:『女性とコレステロール

その場合、誤って糖尿病だと診断され、不必要な糖尿病薬を処方され、誤った食事制限をされてしまうことが問題です。

スタチン系の薬の商標名

  • メバロチン
  • リポバス
  • クレストール
  • リバロ
  • リピトール

その後、多くの研究がスタチンによって糖尿病が引き起こされることを示してきました。最新の研究では、『英国臨床薬理学ジャーナル(the British Journal of Clinical Pharmacology)』の

2019年3月号に『血糖特性とⅡ型糖尿病の発症と、スタチン使用との関係性(Associations of Statin Use with Glycaemic Traits and Incident Type 2 Diabetes)』という論文が掲載されました。

その研究では、スタチンの使用と、血糖値コントロールとの相関関係を調べています。調査開始時には糖尿病ではなかった9,535人の追跡調査をし、調査は1997年に始まり、2012年まで追跡しています。

スタチン使用が、Ⅱ型糖尿病の発症リスクを38%も上昇させ、コレステロール低下薬を飲み始めて、2-3か月から数年で、糖尿病薬も飲まなければならなくなってしまうことを判明させたのです。

スタチンだけではなく、処方薬の中には、血糖値を高めてしまう副作用のあるものは少なくありません。

高コレステロール(高脂血症など)が指摘されている人は、まず、食事とライフスタイルで改善させることを優先させてくださいね。

そのまま放置して、コレステロール低下薬が処方されるようになったら、次は間違いなく糖尿病が待っています。

C型肝炎治療の抗ウィルス薬は糖尿病の発症リスクを半減する

C型肝炎の治療のために処方される抗ウィルス薬が、糖尿病の発症リスクを半減させたことが報告されています。

  • インターフェロンと併せてリバビリンが処方された患者のうち、糖尿病を発症したのは約10%
  • これらの医薬品が処方されなかった患者さんでは、約20%が糖尿病を発症したのだそうです。

特に、重度の肝硬変と肝線維症の人達の糖尿病発症率を最も効果的に抑制したとのことです。

とは言っても、肝硬変でもないのに、糖尿病予防のためだけのために抗ウィルス薬を処方なんてしてもらえませんしね。

Ⅱ型糖尿病は、”生活習慣”病です

ですから、生活習慣を改善すれば、本来、予防も改善もできるはずの病気です。

伝統的な糖尿病薬は、血糖値やインシュリン抵抗性、β細胞機能や炎症を抑制してくれますが、私達の体に必要な栄養素まで奪ってしまう副作用があるものばかりです。

最も望ましいのは、医薬品ではなく、毎日の食事を見直すことです。

糖尿病の予防と改善に効果を示している食品

シナモン

シナモンは、ケーキやクッキーなどスウィーツに使われることの多いスパイスですが、血糖値を下げる働きがあることが報告されています。

シナモンは、実は漢方薬なんです。

漢方では経皮(けいひ)と呼ばれ、葛根湯に含まれている生薬のひとつですし、女性特有の不調緩和のための漢方薬には大抵入っているものです。

シナモンは毎日何g食べると糖尿病や心疾患、認知症予防になる?

ザクロ

腎臓は私達の体のろ過装置です。腎臓が巧く働かないと、有害物質が体内に蓄積し、かゆくなったり、足や脚首がむくんだり、不整脈になったり、息切れや慢性疲労、食欲不振などの原因になります。

症状が悪化する前にこうしたサインに気づくことが重要です。

ザクロの種と皮が、糖尿病腎症の予防になることが報告されています。 (実じゃないところがミソ)

は問題なく食べられます。

は、洗浄されて乾燥した皮の粉末を購入できますが、アレルギー反応が起こる人がいますので注意が必要です。

ザクロでアンチエイジングしたいなら皮と種を食べなきゃ意味はない!』

ナッツ類、豆類、シーズ類、豚肉、キノコ類

これらの食品には、ビタミンB群が豊富です。

糖尿病の人は、体中に神経痛を経験することがあります。特に、手と足です。針やピンで刺されたり、焼けるような痛みを抑えるのは難しいものです。

ビタミンB群は、神経を保護する役割ミエリン鞘の形成を助けます。

ビタミンB群は、その他にも多くの重要な役割を担っていますから、不足させないことが重要です。

柑橘類、ベリー類、ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー

これらの食品には、ビタミンCが豊富です。

『生物化学・生物物理学研究通信(Biochemical and Biophysical Research Communications)』の

2019年2月号に掲載された論文では、ビタミンCが不足すると痛みが大きくなり、ビタミンCが神経痛や内臓痛を緩和すると報告しています。

研究者は、「臨床の現場において、身体痛や内臓痛をマネジメントする上で、ビタミンCの重要な役割を明らかにした」と述べています。

おまけ

糖尿病に効くとして、今まで紹介したフルーツ

フルーツの果糖を気にして、フルーツは食べない方が良いなどと言う人が時々いらっしゃいます。確かに、フルーツから抽出した純粋な「果糖」あるいは「果糖シロップ」は危険です。しかし、ホールフードとしてのフルーツには、果糖以外の素晴らしい成分がたくさんありますし、果糖を使った加工食品と比べたら、果糖の含有量はそれほど多くありません。

もちろん、なにごとも過ぎたるは及ばざるがごとし。

食べ過ぎたらいけませんが、食事に加えてはいけないものではありません。
賢く食べてくださいね。

糖尿病は生活習慣病です。

面倒な副作用がある薬に頼らなければならなくなる前に、食事とライフスタイルの見直しと改善が重要です。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.