食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

あなたの性格に最適なエクササイズはどれ?

子供子供の頃、お稲荷さんの境内で鬼ごっこ、公園の周りを自転車でドロ警、道路で皆で縄跳び(良い子はマネしないでね)とか、案外、肺活量を必要とする遊びが好きでした。それが、いつの間にか、体育の授業では、マット運動や跳び箱などの体操系の運動の方が、走ったりすることよりも好きになっていました。気がついたら世に言う「運痴」な子。

で、大人になってから、エアロビ、ジャズダンス、筋トレなど、流行にのって、いろいろ試したけれど、どれもこれも長続きしませんでした。特に、これらの運動の何が嫌だったというわけではないのですが、たぶん、なんとなくどんなものか分かった時点で飽きてしまったんでしょうね。私、好奇心は旺盛なので、色々なことに臆せずチャレンジするのですが、好奇心が満たされると、あとはどうでもよくなってしまうのが玉にきず。

そんな私が長続きしているのが、ヨガ。別にヨガスタジオに通っているわけではありません。10年くらい前、ヨガを始めた最初の頃は、通っていましたが、今は、自宅で自分のペースで、気が向いた時とか、朝起きた時とか、夜寝る前とか、1回30分くらいヨガをしています。『8色のフィットネス』診断によれば、私は、事前の準備や計画の必要のない、気楽で気ままなライフスタイルを好み、退屈が苦手。他者と競う運動よりも、自己の完璧さを高める運動に魅力を感じる傾向にある。とのことなので、結果として、まさしく、ヨガは、私の性格とライフスタイルに最適だったということなんでしょうね。その他、ボルダリングも向いているとのことなので、そのうちにボルダリングやってみようかな。

「運動」と「食べ物」は、とても似ています。

それぞれ異なるタイプの運動(食べ物)が、私達の体にどんな風に影響するのかを、まず、知ることが大切です。そして、相性の良い運動(食べ物)をバランスよく日々のエクササイズ(食事)メニューに取り入れていけばよいのです。

あなたに最適なエクササイズ・タイプはどれですか?

体に訊いてみましょう。あなたに合ったエクササイズは、アルコールや甘い物に走るよりもずっと、ストレスからあなたを解放してくれます。

体に訊くヒント

その1: 子供の頃、どんな遊びが好きでしたか?体育の授業で何が好きでしたか?

踊ったり、自転車に乗ったり、ハイキングしたり?もしかして持久走?それとも水泳?ドッジボールかしら?自分に合ったエクササイズを見つけるのに子供の頃好きだった遊びや得意だった体育の授業の記憶は、とても良いヒントになります。

その2: あなたの性格は?

ひとりでいることが多く物静かな人ですか?小さなダンベル、バランスボールとか自宅でくつろぎながらできる運動はどうでしょうか。 たくさんの人といることが好きですか?チームスポーツのサークルなどに入ってはどうでしょうか。友人関係も広がって運動以上の楽しみができますね。個人だけれども大勢と行う、ピラティス、空手、ダンスなどのグループ・レッスンに参加するのも良いですね。飽きっぽい?だったら、キックボクシングなど、あなたに安定とパワーを感じさせてくれる運動はどうでしょうか。緊張しやすい?だったら、水泳やヨガなど、あなたに軽さと柔軟性を与えてくれる運動はどうでしょうか。

性格診断から、最適なエクササイズのタイプを教えてくれるサイトです ⇒ 8色のフィットネス 注:英語です。

その3:  エクササイズは、シンプルで地味で良いのです。

例えば、エスカレーターではなく地下鉄の階段を上る、地下鉄の駅をひとつ前でおりて歩く、犬の散歩、子供と公園で遊ぶ。ジムで行う運動よりも、日常生活で行うファンクショナル・エクササイズの方が、変な部分に筋肉が着きすぎたりすることなく、普通に体が引き締まるっていいますからね。一日おきに30分間早足でする散歩の方が、1か月に1度、ジムで筋トレするよりも効果があることは確かです。

ソフィアウッズ・インスティテュート - ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.