食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

なぜ責任感がある人ほど、セルフケアが苦手なのでしょうか?

バイオ個性で食べる、心と体をつないで健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

 

一日が台風のように過ぎ去っていくように感じたことはありませんか?

忙しくて、息をつく間もないくらい、次から次へと様々なことが起こって一日が終わっていくなんて経験ありませんか?

投資銀行で働いていた時、朝出社してから、ランチ時間も忘れて仕事に没頭し、気がついて顔をあげたら、夜8時になっていたなんてこともありました。

また、午後3時ころに低血糖状態(冷や汗手の震えなど)が表れてきて、はっ!と、お昼を食べていないことに気がついて、慌てて、サンドイッチを口に押し込むなんてことは、しょっちゅうでした。

いくらなんでも、これほどひどい状態の人は多くはないと思いますが、それでも、なんだかんだと忙しくストレスフルに仕事や家事をしているのではないでしょうか?

そして、

最悪なのは、こうした状態が「普通」だと思ってしまっていることです。

私にとって、低血糖状態が午後表れることは、「またか」というくらい「日常」的で、「普通」のことでした。それが大きな健康問題の入口だという認識は、1ミリももっていませんでした。

私達人間は、そう長い間、健康や幸福感を犠牲にすることなく、ノンストップで働き続けることはできません。

セルフケアが必要です。自分を労わることが大切になります。

セルフケアとは、もともとは医療用語です。

肉体的精神的感情的なニーズを自ら意図的に満たすことを意味します。

あなたの存在全てに対して、栄養素与える行為です。

そして、私が実践している統合食養学は、心と体の栄養を包括する栄養学です。
体だけでなく、あなたの心にも栄養を与えることが重要だと考えます。

そして、

セルフケアは、「意図的」な行為です。
自分の健康と幸せに対して、責任をもち、その責任を果たす行為です。

でも、セルフケアを実行することは、自己犠牲を美徳とする価値観や文化にとって、相反する行為のように思われがちです。

責任感の強い人ほど、セルフケアを行うことを躊躇してしまいます。

でも、

セルフケアは、自分勝手でもワガママでも、ナルシストでもありません。
セルフケアは、あなたの心と体が必要としているものを認め、それを与えることを許す行為です。

セルフケアには、マインドのパラダイムシフトが必要ですね。

より長く、より速く、より一生懸命に働く」という価値観は、
私達を「より不健康に、より不幸にする

ということに気がつく必要があります。

ホームページの自己紹介のページにも書きましたが、会社で仕事をしていた時の私は、「不幸ではないけれど、幸せでもない感じ」を常にもっていました。それがなぜなのか、まったくわからないまま。心が低空飛行のまま仕事を続けていました。

永遠に自分の心と体をないがしろにし続けることは不可能です。
遅かれ早かれ、私達は苦しむことになります。

従来の「成功を得るには長時間働く必要がある」という価値観から、「~せねばならない」という価値観から、離れる必要があります。

成功を得るために必要なのは、長時間労働ではなく、賢く働くことです。Work smart (スマートに働け)という言葉を聞いたことはありませんか?

また、「忙しい」ことが有能な証拠だという認識も改める必要があります。

本当に有能な人は忙しくありません。有能なので余裕で様々なことをこなせるからです。

そして、本当に忙しい人は、忙しいとは言いません。そんなことを言っている暇もないほど忙しいからです。

「忙しい、忙しい」と、言っている人ほど、大抵は、ブラフです。

「自分のためだけに使う時間は無駄だ、罪だ。」「セルフケアする時間があるのは、無能の証明だ」という価値観を変えない限り、セルフケアが、優先順位の1位になることは無いでしょう。

セルフケアは、ホリスティックです

癒しを必要としているあなたの全て、

  • 肉体
  • 精神
  • 感情
  • 情緒

などをケアして、健康と幸せを取り戻すことが大切です。

アーユルベーダや東洋医学などの、西洋医学ではない医療、つまり代替医療の共通項は、セルフケアは、健康と幸せにとって先手となるアプローチだということです。

多くの人は、何か不調が起こってから、休息をとったり、食事を見直したり、運動を始めたりします。

でも、セルフケアは、…..

続きを読むためには、
「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録する必要があります。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.