ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

りんごがスーパーフードである理由

りんご

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

この平凡で見過ごされがちなスーパーフードは、幅広い癌を殺してくれて、血管の詰まりを解消してくれたりと、いろいろな効能をもっていて、私達の中の医者(自然治癒力)を目覚めさせてくれます。

1日1個のリンゴは、医者知らず

古いよく知られた諺ですが、確かに、リンゴは病院に行くより安いです。

この諺は単なるおとぎ話ではなく、多くの医学的学術論文がその治療的効能について報告しています。

りんごガイド

今回は、上に記載しているような、リンゴのアンチエイジング効果、生活習慣病予防や改善、肥満解消などの効果ではなく、特に、リンゴには、癌予防と放射能除去に効果があったとする新しい研究報告についてご紹介します。

リンゴって、かなりシリアスな病気にも効くんですね。

リンゴが、前臨床試験(細胞試験や動物試験のこと)で、様々な癌細胞を死滅させたという報告があります。

こうした結果から、細胞の癌化や成長の基本的なプロセスをリンゴの成分が抑制すると考えられます。たぶん、研究対象とならなかった癌にも効果を示す可能性があると考えられています。

また、アップルサイダービネガー(リンゴ酢)からは、アルファ・グライカンと呼ばれる発酵の過程で発する抗腫瘍成分が検出されています。

癌の食物治療で成果をあげている米国のゲルソン・インスティテュートが推奨する癌治療の基本メニューは、「りんごと人参のジュース」です。

リンゴに、放射性の発ガン物質の排毒作用

更に、リンゴに、放射性の発ガン物質の排毒作用があることが判ってきました。
チェルノブイリ事故の後、リンゴのペクチンが、ウランやセシウム137を体外に排出する過程を促進させたことが観察されています。子供では、最大で60%も減少させたという報告もあります。

1996年から2007年までの間に、16万人のチェルノブイリの子供にペクチンが与えられました。その結果、子供の内臓に蓄積していたセシウム137は、1回の投与で平均30%から40%減少したと報告されています。最も減少したのは、16日目だったそうです。動物実験において、リンゴのペクチンは、プルトニウム239が小腸で体内に吸収されることを抑制したことも報告されています。

癌だけでなく、放射性物質からも私達を守ってくれるなんて、リンゴは、本当にスーパーフードですね。

リンゴの残留農薬に注意

リンゴは残留農薬の多い作物トップ10第3位に入るほど、残留農薬の多い果物です。果物はどれも基本的に農薬を使わずに育てるのが非常に難しい作物なのだそうです。だから、木村秋則さんの無農薬リンゴが「奇跡のリンゴ」と呼ばれたりするのです。

完全無農薬リンゴを購入することが難しかったとしても、最近では、有機栽培減農薬・ノーワックスのリンゴであれば、入手することがそれほど難しくはありません。

また、順天堂大学の白澤卓先生(アンチエイジングの専門家)によれば、リンゴやブドウは、残留農薬の害を考慮しても、皮ごと食べなければ意味のない果物だということですから、是非、皮ごと召し上がってくださいね。

減農薬や有機農薬 栽培されたリンゴは、そのまま1リットルの水に1/4カップの酢を混ぜた溶液に数時間浸けておいたあと食べてくださいね。表面についた様々なもののデトックス(排毒)になるので、お勧めです。

参考:

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.