食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

結局、コーヒーは体に良いの?悪いの?

SW084_L

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

コーヒーの効能や害について、いろいろ言われています。それぞれ科学的な研究から報告された事柄ですが、真逆な情報もあるため、困惑してしまうことも確かです。

そんなコーヒーの是非について、2014年4月23日に最初のブログを執筆しました。

でも、それ以降も次々とコーヒーの効果や害についての研究報告が発表されていることから、今回、内容を更新することとしました。

(裏付けとなっている研究論文は最後に参考文献として一覧にしています)

報告されているコーヒーの健康メリット

1. 集中力の向上:

250mg(コーヒー約2杯半)で集中力向上

カフェインが前頭皮質のドーパミン作動性機能を正常化し、ADHDの特徴である注意欠陥と認知変化を改善にする可能性が報告されています。

コーヒーが、ADHD治療薬の代わりになるかもしれない理由』(木曜日公開)

2. 気分が明るくなる、社交性:

250mgで、自己の存在に対する肯定感、幸福度、エネルギー・レベル、社交性が向上。

3. 筋肉痛の緩和:

痛みや不快感を抑制する作用のあるβエンドルフィンなどの脳内ホルモンの分泌が促進。

4. ぜんそくの鎮静:

医薬品の代りになるほどではないものの、通常の量のカフェインで、ぜんそくの緩和に効果があり、緊急時の呼吸困難の回避に役立つ。

ハチミツ入りコーヒーが処方薬よりも咳に効く

5. 認知力の向上:

250mgで、認知力向上。特に、パターン認識力が向上。(将棋やチェスに有利?)

6. 薬剤の効き目の促進:

カフェインが血管を収縮させることで、薬剤の体内吸収が促進される。このカフェインの作用を利用して、通常の鎮痛剤や風邪薬にはカフェインが配合されています。

7. 糖尿病改善?: 

ハーバード大学によって、カフェインには筋肉細胞による糖分代謝を効率的にする作用があることが報告されていましたが、その後の研究によって、糖代謝への影響は少ない空腹時血糖値やインスリン抵抗性に変化なし)ことが報告されています。

一方で、糖尿病患者の腎機能の改善内臓脂肪の減少に寄与することが報告されています。

8. がんによる死亡リスク低減:

1日に3杯程度のコーヒーの摂取によって、全てのがんにおいて死亡リスクが平均18%低下したことが報告されています。

特に、 前立腺がん、子宮体がん、肝がんなどで大きく減少したとのことです。

9. パーキンソン病、アルツハイマー病の予防:

カフェインは、脳内ホルモンのドーパミンの活性化を維持することから、パーキンソン病やアルツハイマー病を予防することが期待されています。

ハーバード大学は、1日4杯以上のコーヒーを飲んでいた男性のパーキンソン病発症率は、そうでない男性と比較し半分だったと報告しています。

10.血管強化:

コーヒーを1日3杯摂取すると、心血管死は19%、心血管疾患のリスクは15%有意に低下したことが報告されています。

3杯超摂取する場合、メリットもないが、悪影響も見られなかったとのこと。

11. 運動持久力の向上:

運動中の持久力を向上。カフェインは運動中のグリコーゲンの燃費を約50%高め、少ないグリコーゲンで長時間の運動を可能にすることが報告されています。

グリコーゲンは筋肉の主要なエネルギー源で、グリコーゲンがなくなると疲労が発生します。

報告されているコーヒーの健康への悪影響

1. ストレスの悪化:

カフェインはストレスホルモン(コルチゾール)の分泌を促し、ストレスによる体の様々な反応を起こします。コーヒーなどのカフェイン飲料を減らすことで、ストレスに対する体の反応を緩和させることができます。

2. 情緒不安定(イライラ・不眠など):

体内に2g以上のカフェインが投与されると、心臓が刺激され、血管が膨張します。こうした物理的な変化は、イライラや落ち着きのなさ、不眠の原因となることが報告されています。

3. 胃腸の過敏(下痢・胃痛など):

胃の筋肉が収縮することで、腹痛、下痢、頻繁な排便をもよおす原因となります。

4. 心疾患リスク上昇:

1日に3杯以上のコーヒーは、長時間に渡る心拍数の増加や血圧の上昇を招きます。そのため、循環器系(心臓)に疾患をもっている場合には症状の悪化リスクが高まります。

5. 男性特有の疾患:

男性がコーヒーなどのカフェイン飲料を控えることによって、尿道や前立腺に係る疾患リスクを劇的に減少させることができることが判明しています。

6. 女性特有の疾患:

乳腺に係る疾患、PMS、骨粗鬆症、不妊、流産、未熟児出産やホットフラッシュなどの更年期症状は、カフェインの摂取によって悪化することが判明しています。カフェインは肝臓での異物の排除能力を弱めてしまう働きがあることから、避妊用ピルを使用している女性は特に、こうしたリスクが高まることも判明しています。

女性の骨折リスクは、摂取コーヒーが1杯増えるごとに2%から7%上昇するとの報告もあります。

7.早産・流産リスク:

コーヒーを飲まない妊婦と比較し、コーヒーを多く飲む妊婦では、新生児が低体重で生まれる割合が1.31倍、妊娠早期の早産が 1.22倍、妊娠中期の早産は1.12倍、流産は1.46倍と、いずれも有意に高くなることが報告されています。

8. 脱水:

カフェインには利水作用があり、体から水分を奪います。そのことで脱水症状を起こしたり、腎臓への負担お肌老化に寄与します。

9. 血糖値の乱高下?:

1日にコーヒー2杯から2杯半で、血糖値が急上昇し、インシュリン抵抗性の原因となるためⅡ型糖尿病の方は、注意が必要だと報告されてきましたが、コーヒーの摂取によってインスリン抵抗性や血糖値への影響が起こらなかったことが新たに報告されています。

(これは、たぶんどちらの研究も正しく、被験者となった方々の体質などによる影響なのではないかと私は思いました。ある人にとっての毒も他の人にとっては薬となるということではないかと思うのです。)

10. 栄養不良:

カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分、やその他の希少ミネラルの体内吸収を阻害します。

11. 副腎疲労:

カフェインは、脳内のアドレナリン受容体と結びつく物質です。この現象は、体内で複雑な反応を引き起こしますが、最も大きな影響は、副腎への刺激です。その結果、臓器炎症や副腎疲労などといった様々な健康障害を引き起こします。

個人的にはコーヒーは、脳・神経・免疫機能には善で、消化器官・心・副腎には悪のような印象をもちました

マイナス面をみると、コーヒーが悪く影響する体内ホルモンは、多くが副腎で造られるステロイド系のホルモンだと気がつきます。

  • コルチゾール ⇒ ストレス ⇒ 副腎疲労
  • 女性ホルモン ⇒ 挙げられている女性特有の疾患は、女性ホルモンバランスの乱れによって起こるものばかりです。
  • 男性ホルモン ⇒ 挙げられている男性特有の疾患は、男性ホルモンの乱れによって起こるものばかりです。

特に、ストレスの多い環境にいる、副腎に負荷がかかっている状況にいる人は、控えた方が良い飲み物かもしれませんね。オフィスとコーヒーって切り離せないような関係なのが悩ましいですけど・・

一方で、私達の心の状態に影響しているモノアミン系のホルモン(ドーパミン、アドレナリン、セロトニンなど)の分泌は促進させるようですね。面白いです。

副腎には悪いのに、免疫機能が高まる(がん死亡リスクが減る)というのも不思議です。解明できていない矛盾ですね・・

コーヒー、深いっす。

さて、あなたは、コーヒーを飲みますか?飲みませんか?

食は、何であっても『過ぎたるは及ばざるがごとし』だと思います。1か0か、飲むか飲まないか、といったデジタル思考で考えるのはお勧めしません。

何事もほどほどが大切ってことだと思います。

私は、外食した時は、コーヒー飲んでも良いことにしています(笑)

抗酸化物質のクロロゲン酸とフェルラ酸はコーヒー以外からも摂れる

最近の研究では、コーヒーのマイナス面はカフェインによるもので、プラス面はコーヒーに含まれるクロロゲン酸やフェルラ酸によるものではないかとする報告もあります。

クロロゲン酸は桃などの果物から、フェルラ酸は玄米など精白されていない全粒穀類やタネ類(ゴマなど)から等、別に他の食品からも摂れますから、なにもカフェインを含んでいるコーヒーから摂る必要もないように感じます。

コーヒーには発がん性はない

2016年6月16日、WHO(世界保健機関)の国際がん研究機関(IARC)は、コーヒーには発がん性がないことを報告しました。

特に、すい臓がん女性乳がん前立腺がんへの発がん性はないことを明記しています。肝臓がん子宮内膜がんについては、発症リスクを軽減すると報告しています。その他のがんについては、十分な調査研究がなされていないため不明としています。

コーヒーは、ホルモンバランスを乱す要因になりうるものの、がんを発症させるほどの要因ではないということでしょうか。

発がん性がないということで、一安心ですが、やはり、付き合い方を工夫した方が良い飲み物ということに変わりはないように思います。

衝撃ニュース!米国カリフォルニア州の高等裁判所がコーヒーショップに「発がん物質使用の警告文」の掲載を命令。その真相は?!

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考:

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.