食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

フランクフルトの七草ソース – Frankfurter Grüne Soße

私が3年暮らしたドイツのヘッセン州フランクフルト市にも七草料理があるんですよ。その名もFrankfurter Grüne Soße (フランクフルター・グリューネ・ゾーサ)、「フランクフルトの緑のソース」と言うまんまの名前です。

フランクフルトの七草

フランクフルトの七草

このソースは、フランクフルトで生まれ育った哲学者で詩人のゲーテの大好物で、彼の母親が最初にこのソースを作ったと言われています。フランクフルトの居酒屋さん、カフェ、郷土料理を食べさせてくれるレストランには、必ずあります。

ソースといっても、日本の七草粥のように火を通すことはなく、生のハーブを細かく刻み(フードプロセッサーを使ってもOK)、サワークリームとレモン汁を混ぜて作ります。食べ方としては、茹でたジャガイモとゆで卵といっしょに食べるのが定番です。肉食の多いドイツ料理。デトックス効果を考えた副菜ですね。

この時に使うハーブは、日本の七草同様に、必ず決まった七草でなければなりません。それぞれのハーブの割合はお好みですが、それでも、ひとつのハーブが全体の3分の1以上にならないよう、ひとつのハーブに偏らないように作るのがこつです。しかも、フランクフルトの地元産のハーブを使わなければ、「Frankfurter Grüne Soße」と名乗れない決まりです。

Frankfurter Grüne Soße の七草はこちらです。

日本では生が手に入らないものもあるので、残念ですが、別のもので代用するしかありません。
ドイツ語(フランクフルト方言) – 英語 – 日本語の順に記載しました。

  1. Borretsch – Borage – ボラジ/ボリジ
    • γ(ガンマ)リノレン酸が月見草の3倍以上ある薬草です。
    • 日本では入手できないのですが、月見草(イブニングローズ)で代用できると思います。ただ、月見草の旬は8月なので、日本で作るならこのソースは夏向けになってしまいますね(笑)
    • ホルモンのバランスアレルギー症状の緩和コレステロール低下などに効能があり、欧州では医療用に使用される薬草です。
    • ちなみに欧州では、ボラジ精油は、アトピー性皮膚炎の治療に処方されるメディカル精油です。これは日本でも購入可能ですよ。飲用すると子宮機能にも働きかけるので様々なホルモンの不調に効きますよ。
  2. Kerbel – Chervil – チャービル
  3. Kresse – Garden Cress – ガーデンクレス(胡麻草)
  4. Petersilie – Parsley – パセリ
  5. Pimpinelle – Salad Burnet – サラダバーネット
  6. Sauerampfer – Sorrel – ギシギシ、ミヤマカタバミ (ミヤマカタバミの旬は日本では3-4月)
  7. Schnittlauch – Chives – チャイヴ

 

 

参考:Gremany Inside Fact

 

ソフィアウッズ・インスティテュート - ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.