食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

自分を大切にして、内なる声を聴く方法

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

 

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

 

今回は、自分を愛しみ、内なる声に耳を傾けることについてです。

いったいどういうことなのかと疑問に感じる人もいるかもしれませんね。

なので、まずは、私の体験から話をしますね

社会人になってからの私は、病気ではないものの、決して健康とはいえない状態でした。

食事は、インスタントやファストフード、スーパーのお惣菜、深夜の食事など、むちゃくちゃでした。夕飯はコンビニのチョコレートムースだけなんて時代もありました。

お肌は荒れるし、冷えはひどいし、便秘も過去最悪状態だったし、なによりアレルギーが年々ひどくなっていっていました。何かをふれた手で自分の体をさわると、手のひらの形に皮膚が赤く腫れてくるくらい、過敏な状態になっていました。

そうした不調を改善したいと思い、私が頼ったのがサプリメントでした。

何種類ものサプリメントを飲んでいました。毎月、合計万単位も、改善しているという実感もないままサプリメントに使っていました。改善している実感はないものの、飲まないと不安になり、飲んでいるから大丈夫という盲信から何年も続けていました。

でも結局、アレルギーがマックスに達した時、視力を失いました。

朝起きたら、突然に、目が見えなくなっていたのです。正確には、白内障と同様に、水晶体が白濁したのですが、原因は加齢によるものではなくアレルギーによるものでした。現在、私の両目にはガラスが入っています。

乱れた生活を正すことなく、気軽にサプリメントに依存してしまう人は案外少なくないように思います。

経験はありませんか?

最近では、サプリメントではなく、安易にファスティングして短期間に体重を落とし、すぐにリバウンドしては、またファスティングしてを繰り替えす人が増えているように思います。

自分自身をちゃんと大切にすることなく、私達は、外から与えられる情報、例えば、どんな風に仕事をするのがスマートだとか、どんなものを食べるのがカッコいいとか、どんなものを着ていると素敵とか、そんな情報に左右されて、自分の行動を決めています。

こうした行動をしているうちは、直感が私達に何をどうするのが本当に幸せで健康になれるのかを教えてくれることはありません。

もしあなたにもそんな経験があるなら、良いお知らせがあります

あなたの内なる声に、あなたが耳を傾けることを妨げている、外からのメッセージに疑問を持ち、拒否する方法をあなたは学ぶことができるんですよ。

それができれば、実はあなたを傷つけているだけの習慣を手放し、自分自身を本当に大切にする習慣に置き換えていくことができるようになります。

あなたは大切にする価値のある人なんですよ。

信じてくださいね。

更に良いお知らせがあります。

考え方を変えるのは、あなたが思うよりも簡単だということです

もちろん、時間と訓練が必要です。

でも、私達の心と体は寛容です。私達の過去の過ちを許してくれます。

それに、あなたの心と体は、より良くなりたいと思っていますから、あなたが変わることには、大歓迎のはずです。

今、私に冷えはありません。アレルギーもありません。あんなに薬を飲んでも改善しなかった便秘もありません。お肌も驚くほど改善しました。

それよりもなによりも、心がとても穏やかな状態が保てています。

自分自身を大切にして、直感を信じる方法を学ぶ

私が自分自身の内なる声に耳を傾け始めたきっかけは、家族の病気です。家族のために学び始めた統合食養学のヘルスコーチとしてのトーニングの中で、体の声を聴いてこなかったことに気がついたのです。聴いてこなかったどころか、「体の声を聴く」なんていう概念すらもっていなかったことに気がついたのです。

自分の心と体が必要としていることに対して、いかに私が無関心であったか、無頓着であったかを思い知ったのです。

長時間労働、パワハラ、クライアントの期待を超えて成果を出すことが当たり前の職場環境において、周囲の期待に応えることが最優先でしたから、自分の直感どころか気持ちに従うことなど論外でした。

そうした仕事を離れ、ヘルスコーチトレーニングの中で、私は次第に体と、内なる声に従えるようになっていきました。

私の体に表れてくる不調の数々は、全て、私に届けられたメッセージです。そのメッセージのひとつひとつが、健康を取り戻すための私の道しるべとなりました。

自分を大切にし始めたら、全てが変わりました

サプリメント(ひとつひとつのミクロ栄養素)に執着することがなくなり、代わりに、本物のホールフードを食べるようになりました。自分に対してずっと優しくなったと思います。そして、気分の良い状態が保てています。

それから今までの間に、私と食事との関係性が改善しただけでなく、自分とどうしたら親友でいられるかについても分かってきたように思います。

もちろん、一晩で変化は起きません。

それに私だって、今でも時々、自分自身に対するネガティブな考えと格闘します。でも、それって普通のことです。

自分を大切にすることを学ぶということは、ポジティブでいられない時の自分も受け入れて大切にするということです。大切なことは、ネガティブな要素をあなたの生活の中にできるだけ入り込ませないようにすることと、自分を責めるよりも受け入れて優しくすることを優先させることです。

直感からのヒラメキを受け取って、自分を大切にする方法

私も今でも、ちゃんと自分を大切にできていないなと感じる時にやっています。

あなたにも効果があるかもしれません。

念のために言いますが、これは、何を食べるかだけが重要なのではなく、私達の内なる声が照らしてくれる、行くべき道を信じて進むことが大切なのです。

雑音から一線を隔す

あなたの直感が告げていることと矛盾するメッセージを受け取ったら、混乱するのは当然です。

あなたがご自分の内なる声に辿り着く道をみつけるまでは、そうした混乱がよく起こると思います。だから、今は、ただ、ご自分を休ませてあげてください。

それは、ひとによって異なることを意味するでしょう。

例えば、境界線をひく

例えば、あなたは今、転職すべきかどうか悩んでいるとします。そして、そのことについて強い意見をもっているお友達がいて、あなたにどうすべきか告げてくるとします。お友達に、意見は有難いと思うが、自分で結論を出したいのだとはっきりと伝えてもいいんですよ。話題を替えて、他のことについて話しても構わないのです。

あなたの心の境界線がどこにあるか知っていますか?人間関係をちょっと楽にする方法

例えば、デジタル・デトックスする

気がついていてもいなくても、私達はデジタル・ツールから、ネガティブで不安を感じさせるようなメッセージを受け取っています。SNSから離れる時間をもつことも大切です。

特に、あなたを落ち込ませたり、嫉みを生んだり、自己嫌悪に陥らせるようなページや”友達”のフォローを止めなさい。そうした投稿/メッセージは、あなたが思う以上に、あなたが内なる声に耳を傾けようとした時、あなたの潜在意識に影響を与えています。

あるいは、

私と一緒にバケーションを取りませんんか?(笑)

今、プライベート・ヘルスコーチングのクリスマス・キャンペーンを行っています。

これはソフィアウッズ・インスティテュートからのプレゼントです。

2020年は、あなたにとって魔法のような年になるでしょう。

最上のあなたになって、その1分1秒も楽しんでください。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムは、あなたの理想とする目標にそって、あなたのためだけに作られる6か月間のプログラムです。今不安に感じている不調が改善されるだけでなく、これからの人生において、あなたの指針となる内なる声を聴き、それに従う方法を学ぶ6か月間となります。

2020年という、切のよい年をあなたがご自分の体と心とちゃんと向き合う始まりの年にしましょう!

準備はいいですか?

キャンペーンは、25日まで、もうすぐ終了ですよ。

詳細はこちら

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.