食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

安全な手作りボディパウダー

汗ばむ季節になりましたね。

さっそく私もボディパウダーを手作りしました。

jandj750お店で売っているボディパウダーベビーパウダーシッカロール)には、タルクが使用されています。

タルク卵巣がんとの関係性がかなり前から言われてきましたが、とうとう今年(2016年)2月に、米国司法省が、ジョンソン&ジョンソン社のタルクを含む製品(ベビーパウダー等)が卵巣がんの原因となったことを認め、当社に対して約86.5億円(USD 72 million)の支払い命令を出したことは、記憶に新しいと思います。

日本では、特に何のアクションも起こされないまま、未だに、店頭で赤ちゃん用品として売られています。

どんなに食事に気を使っていても、こんなところから、癌を引寄せてしまうのは、腹立たしいではありませんか。特に、お子さんには安全なものを使いたいですよね。IMG_3341

材料:

葛根粉末でんぷん

今回は、50g使用

  • ボディパウダーの作り方には、いろいろあると思いますが、私は、国産オーガニック葛根の粉末/本葛粉(アローパウダー)を使うのか好きです。
  • 化粧品原料として販売されているものは、食品として販売されているものよりも、粒子径が小さく精製されているのでザラ付きが少なく、サラサラです。
  • 熱湯では簡単に溶けますが、室温や体温程度の水には溶けないので、サラサラのまま汗を吸収してくれます。
  • また、カオリンなどの鉱物粉末とは異なり、粉末なのに油分を吸収しないので、お肌が乾燥しないのも嬉しいですね。
  • その他、シルクパウダー真珠パウダーも、お肌乾燥が少ないので、ファンデーションなどに最適ですが、ボディパウダーにするには、私にはちょっと贅沢に感じます。

ティーツゥリー・パウダー

  • パウダー類の天然の抗菌剤劣化酸化防止剤になります。
  • 全体の5 – 10%を目安に添加するといいと思います。

アロマオイル または ハーブの粉

  • これは、お好みで添加してくださいね。
  • オイルを使う場合には、今回の分量では、2-3滴でいいと思います。
  • ハーブ粉を使う場合には、粉末を購入してもいいですし、ミルサーなどで自分で粉末にしてもいいですよね。
  • 今回、私は、香り付けをしていません。

容器

私は、野田琺瑯を使いました。空気が抜ける蓋がついている小型容器です。他のものと区別できるように、押し花をシールにした目印をつけました。IMG_3337

今週は月曜・火曜と東京は真夏日(30度超え)でした。お昼時に自由が丘にお買い物に出かけてかなり歩き回ったのですが、サラサラで気持ちが良かったですよ~。この時期のお昼頃の太陽は、ビタミンDを体内で造るのに最適なので、サンスクリーンも日傘もささず、ノースリーブのワンピででかけました。ぜんぜん大丈夫。

そのUV対策、本当に必要ですか?
どのくらいの日光浴なら薬になる?
日光浴が必要な4つの理由 – ビタミンDのドミノ効果

自家製サンスクリーンの作り方』(二酸化チタン、オキシベンゾン不使用)

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

 

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考:
手作りスキンケア
手作り洗剤
健康なお肌を保つ10の方法
かなり怖いパーソナルケア商品の成分
パーソナルケア商品6つの真実
経皮毒の部位別浸透度
特に注意して欲しい危険な成分と安全な成分 – パーソナルケア
一般的な防腐剤が乳がん誘因成分に

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.