食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

映画を観て泣く人は、実はメンタルがタフで自己肯定感が高い。その理由は?

バイオ個性で食べて、心と体をつないで健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

映画やドラマを観ていて泣いたことはありますか?

映画やドラマは、常に、客観的に鑑賞する人ですか?(だから泣いたことはない)

私は、ささいな場面でも直ぐに泣いてしまいます。最近は更にその度合いがひどくなり、数秒のCM内ドラマでも泣いてしまうことがあります(笑)

世の中一般の見方としては、映画やドラマを観て泣く人は、

良く言えば優しい人
悪く言えば精神的に弱い人

間違っても、メンタルがタフな人だとは思いませんよね。

だから、私も、目に涙が溢れてくると恥ずかしくて、周囲に見つからないようにこっそり拭くことに苦労しています。そのため明らかに「泣かす」ことを目的としている闘病系の映画は、絶対に観に行きません(笑)

映画やドラマの途中で泣くということは、その登場人物の行動や表情を観察するだけで、その人物の感情に触れることができることを意味していると、研究者は言います。

感情移入ですね。

自分が実際には経験したこともない状況にいる他者が、どのように感じているかを、その人の行動や表情を観察することだけで、理解する能力です。

その心の痛みは登場人物のもの、あなたのものではないということを知りつつも、あなたは、登場人物と同じような痛みや悲しみや焦りや喜びを感じてしまうのです。

最近では、エンパスなんて言葉もありますね。他者の感情と共感性の高い人達のことです。

映画やドラマの途中で泣くことを研究している研究者は、その行為といくつか関係の深い性格要素を発見しています。特に、

映画やドラマの途中で泣く人は、
実は、精神的にタフ

だと、心理学者は報告しています。

その他にも….

続きは、

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に配信登録すると読めますよ。
ニュースレター購読者限定のキャンペーンやお得情報も配信しています

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについてお気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.