食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

あなたが最後に泣いたのはいつですか?涙は心の○○反応です

おはようございます!

バイオ個性で食べて、心と体をつないで健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)の森ちせです。

「でも、人魚には涙がありませんから、
彼女は更にもっと苦しむこととなります。」


ハンス・クリスチャン・アンデルセン
「人魚姫」より

あなたが最後に泣いたのはいつですか?

深い悲しみに遭遇した時、涙が出てこないという経験はありませんか?
あまりの悲しみに心が麻痺してしまい、感情がなくなってしまうのです。

しばらくして心の麻痺が解けると、感情が戻ってきて、涙が溢れてきます。
心が感情を取り戻したサインです。

悲しみは、涙と共に流れていきます。

泣いた後、心が軽くなった経験はありませんか?
泣き過ぎた後の頭痛とは裏腹に、心は少し軽くなります。

泣けるということは、私達に備わった心を守る感謝すべき機能です。
泣けるということは、弱さなのではなく、心の免疫機能の強さなのです。

涙は心の免疫反応。浄化作用。自然治癒反応です。

仕事で心が重く感じられる時、人生が望むような方向になかなか進まない時、
ものすごく悲しい重いドラマや映画を観て、思いっきり泣いてみてください。

それでも心は軽くなるものなんですよ。
「泣いても良いよ」という、がんばっている心へのサインになります。

今週も、泣きたい時に泣くことのできる一週間でありますように!

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.